和モノづくり。とは
SUNNY CLOUDS 和モノづくり
Made in Japan

フェリシモ > サニークラウズ > 和モノづくり。 > こだわりだらけのシンプルTシャツ

Main Image

item54

こだわりだらけのシンプルTシャツ

こだわりだらけのシンプルTシャツ

この肌ざわりに
惚れてしまいました。

この夏は、おもわずヘビーローテーションしてしまう、そんな着心地のいいシンプルなTシャツ作りに挑戦してみました。まず生地選びから。いろいろ探し回った結果、今回もこだわった生地ばかりを作られている、和歌山のヤマヨジャージィさんの生地で作ることにしました。

image01

以前シャツを作ったこともあるスビン綿を使った天じく生地を選んでいます。スビン綿とは、インド原産のスジャータ綿とカリブ海に浮かぶセントビンセント島で栽培している海島綿との交配種。高級綿である超長綿の中でも最も繊度が細く、抜群のしなやかさとやわらかさを持った糸が作れる最高峰の綿(わた)のことです。そんなスビン綿を、通常の超長綿の中に20%ほど混ぜ込んで紡績することで、しなやかなだけでなくほどよい張りを出しました。この糸で編まれた天じくで作ったTシャツは、ほどよい光沢感とさらりとしたなんとも心地よい肌ざわりが自慢。きっと袖を通したときに、ほかのTシャツとの違いを実感していただけると思います。そして繰り返しの洗濯でも風合いがほぼ変わらないのも魅力です。縫製は名古屋の大五縫製さんにお願いしました。この夏のTシャツは、「こだわりだらけのシンプルTシャツ」で決まりです。

image02 image03

LineUp

全アイテムを見る

ページのトップへ

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りをみなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる

閉じる

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、
価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、
商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、
日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、
今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と
感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、
日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに
日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りを
みなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。
日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる