和モノづくり。とは
SUNNY CLOUDS 和モノづくり
Made in Japan

フェリシモ > サニークラウズ > 和モノづくり。 > インディゴヘリンボーンワンピ

item26 インディゴヘリンボーンワンピ

和モノづくり。

?和モノづくり。とは?

商品一覧

三年目の日野さん。

20番手の糸をロープ染色でインディゴに染め上げた糸を使ったヘリンボーン素材。播州の生地ブランド「シャトルノーツ」ならではの生地です。ロープ染色はほかの染色方法と異なり、糸の真ん中まで染まらず、表面は藍色でも中は白いまま残っています。なので、洗いをかけたり使い込んでいくうちに、表面の色のついた部分の繊維が落ち、中の白い部分が浮き出てきて、デニム特有のアタリや色落ち感が生まれます。今回は着心地よくするために肌にふれる裏面に軽く起毛加工をほどこしています。あっさりと着やすいワンピースは袖を六分丈にしているので、春先はインに長袖Tシャツやカーディガンを合わせて着てください。メンズのジャケットは軽く羽織れるシャツジャケットタイプ。シャツ感覚でTシャツに合わせて着るのがおすすめです。縫製は気仙沼の日野工場にお願いしました。日野さんとのお付き合いももう三年目に突入です。あいかわらず寡黙で、もくもくと働く日野さんですが、ぜひ匠の心意気を、服を通して感じてください。

image 01

image 02

LineUp

全アイテムを見る
ページのトップへ

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りをみなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる