和モノづくり。とは
SUNNY CLOUDS 和モノづくり
Made in Japan

フェリシモ > サニークラウズ > 和モノづくり。 > 一足二鳥の靴下

item22 一足二鳥の靴下

和モノづくり。

?和モノづくり。とは?

商品一覧

一足で二度おいしい。

「重ねばき靴下を試してみたいけど、4枚も靴下をはくのはめんどくさい。」なんて声をいただきました。「4枚全部はかずに、2枚だけはいたりもしています。」なんて意見も聞いて、「それなら!」と思い作ったのがこの二枚仕立ての靴下です。肌にふれる面はシルク糸を使い、表面には綿混糸を使っていますので、一枚で靴下を二枚ばきしたのと同じような効果が得られます。さらに、重ねばき靴下愛用者の悩みである洗濯物がものすごく増えるという問題も解決です。表の糸は、カラーネップが入った表情のある糸を使いました。つま先・かかと・口部分はソリッド糸でキュッと色をしめて、アクセントを付けています。シルクのさらっとしたはき心地がなんとも気持ちのいい靴下ですので、重ねばき靴下の入門アイテムとしてだけでなく、ふだん遣いの普通の靴下としても重宝していただけると思います。

  • 縫製でなく糸を変えてそのまま編み進めて作っているので、二枚仕立てでもゴロつきません。

商品購入

一足二鳥の靴下の会

一足二鳥の靴下の会

月1足 ¥1,143+税

商品購入ページへ

LineUp

全アイテムを見る
ページのトップへ

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りをみなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる