和モノづくり。とは
Sunny clouds 和モノづくり
Made in Japan

フェリシモ > サニークラウズ > 和モノづくり。 > タックを折り込んだチュニック

Main Image

item111

feat.Shuttle Notes タックを折り込んだチュニック

折り紙のように。

前身ごろの途中で、折り紙のようにきれいにタックを折り込んだチュニックを作りました。右と左で計10本タックを入れ、上身ごろのタックのボリュームは肩にギャザーを入れて吸収するというかなりむずかしい縫製仕様ですが、縫製の「匠」菅原さんを班長に、どんな仕様でもドンとこい!の猛者ばかりが集まる、秋田の「SH. K. PRODUCT」さんにお願いしています。生地は、播州織りで有名な西脇市を拠点とする国産テキスタイルブランド「シャトルノーツ」のこだわりが詰まった生地を選びました。縦糸には太さが均一でないムラ糸を「ロープ染め」といわれる特別な染色方法で染めたインディゴ糸を、横糸には同じくムラ糸の生糸を配して織り上げたインディゴシャンブレーで、奥行きのある色合いと表情を持った素朴な雰囲気があります。国産ならではの生地と縫製をじっくりと堪能してください。

image01

経糸には太さが均一でないムラ糸をロープ染めと言われる特別な染色方法で染めたインディゴ糸を、横糸には同じくムラ糸の生糸を配して織り上げたインディゴシャンブレーで、奥行きのある色合いと表情を持った素朴な雰囲気があります。国産ならではの生地と縫製をじっくりと堪能してください。

image02 image03 image04

LineUp

全アイテムを見る

ページのトップへ

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りをみなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる

閉じる

「和モノづくり。」とは?

よりイメージ通りのモノができるように、
価格以上の価値のあるモノができるようにと、
サニークラウズでは中国工場と直接契約を結び、
商品生産を行うことで、
コストの削減と情報伝達の簡素化を行ってきました。
手探り状態で始めてからもう十年以上がたちました。
始めのころはできないことだらけだったのに、
日進月歩で技術力が向上し、
日本でできるほとんどのことが、
今では中国でもできるようになっています。

しかし、岡山産ジーンズを企画したことがきっかけで、
「やっぱり日本でしか作れないモノがある」と
感じるようになりました。
それは、作り手の心意気や誇り、
日本人の価値観のようなものが伝わってくるモノ。
日本製=良質ではありません。中国ならできるのに
日本ではできないこともたくさんあります。
両方のよい点、悪い点が分かりだした今だからこそ、
これからは日本の生産背景でしかできないモノ作りを
みなさんに紹介していきたいと思い、
この「和モノづくり」を始めました。
日本人ならではの匠の技を駆使したアイテムを、
企画していこうと思っていますのでご期待ください。

閉じる