フェリシモ > サニークラウズ > kazumiさんといっしょにつくりました。 > 

SPRING 2022

  • サニークラウズ

    kazumiさんの生地をたっぷり
    使ったデニムワンピース

    COLLABORATION ITEM : 1

    • 春風、ふわり。
    • 春風、ふわり。

    綿麻のシャツデニムをたっぷりと使ったゆったりシルエットのワンピースですが、切り替え位置を高めの位置にすることで、スタイルがよく見えるように工夫しています。綿麻素材ならではの素朴な風合いとほのかな光沢がシンプルなデザインとマッチしてオトナ見えするデニムワンピに仕上がりました。

    • from kazumi

      まだ少し肌寒い早春の時期から着ることができるワンピースが欲しくて、今回はそんなデニムワンピを作ってみました。デニムだけれどカジュアルになり過ぎないように、すそにかけて広がるAラインのシルエットと、上品な青の色合いこだわりました。たっぷりと生地を使ったkazumiコラボならではのワンピースです。ほどよくやわらかな生地をセレクトし肌なじみがよくほどよく薄手の重くないデニムだから、春風にふわりとなびく軽やかなワンピースに仕上がっています。薄手のタートルをインして着るのもよし、上からトレンチコートやカーディガンを羽織っても素敵に着こなしていただけるはずです。

  • サニークラウズ

    kazumiさんのピンタックブラウスと
    チェックキュロパン

    COLLABORATION ITEM : 2,3

    • 私がリアルに欲しいモノ。
    • 私がリアルに欲しいモノ。

    細番手の糸を甘く織り上げた、軽くて透け感のある生地で作ったブラウスは、40本ものピンタックをほどこしています。袖山と袖口にギャザーを入れたパフスリーブですが、落ち着いたベージュのおかげで、かわいくなりすぎず大人かわいく仕上がったのは、さすがkazumiさんです。「チェックキュロパン」は、ボリュームを目一杯出したいkazumiさんの要望に応えるため、タックを二重にすることで一箇所につき4つ分のタック量が入るようにしました。そんな二重タックを前に4箇所、後ろに6箇所配しています。おかげで腰まわりはすっきりしつつも、ギャザースカートのようなボリューム感を出すことができました。

kazumi

サニークラウズのモデルをしてもらっているkazumiさん。
インスタグラムなどで紹介されている私服コーディネイトはとってもおしゃれで、
そのセンスやライフスタイルに共感されるファンの方が多数いらっしゃいます。

そんなkazumiさんと話をしていると、服作りにも興味津々だったので、

kazumi instagram
COLLECTION OF COMFORTABLE DAILY WEAR Sunny clouds

サニークラウズが目指す服は、毎日着る「ふだん着」。とっておきの日に着る特別の服ではなく、毎日気兼ねなく着られて、
汚れたらがんがん洗濯できて、着るほどに風合いや着心地がよくなり、着る人のからだになじんでくるような服です。
服好きたちが集まって、「あーでもない、こーでもない」と言いながら、素材・デザイン縫製などにこだわり、試行錯誤を
繰り返して服作りをしています。私たちが本当に感じていただきたいのは、カタログでは伝えきれない着心地や肌ざわり。
気になる服がありましたら、ぜひ手に取っていただきたいです。その服があなたにとって「最高のふだん着」となりますように。

Sunny clouds