フェリシモ > サニークラウズ > kazumiさんといっしょにつくりました。 > 

SPRING 2020

  • サニークラウズ feat. Shuttle Notes

    kazumiのギンガムワンピース

    COLLABORATION ITEM : 1

    • 春になると、恋しくなる。
    • 春になると、恋しくなる。

    今回のワンピースは、綿と麻を混紡した糸を横糸にして、素朴な風合いを出したシャトルノーツのギンガム生地を使っています。kazumiさんらしいドロップショルダーのゆったりしたワンピースですが、少し甘めに織り上げた生地を使うことでボリュームも抑えられ、重さを感じさせない着心地です。スタイルがきれいに見えるバランスにもこだわり、ウエストの切り替え位置を少し高めにしました。切り替え部分をフリル状にしてアクセントをつけましたが、甘くなりすぎないようギャザーの分量を調整しています。

    • from kazumi

      まだまだ肌寒いですが春を先取り! ギンガムのアイテムは毎年春になるとかならず買い足してしまいます。今年はサニークラウズコラボでこの春リアルに私が着たい、大人かわいいワンピースを作らせていただきました。さらりと一枚で着ても、まだ肌寒い日には下にタートルトップスを合わせてもかわいいです。春風にゆらゆらとゆれるように生地をふんだんに使い、ウエストの切り替えにたっぷりとギャザーを入れることで、すそにかけてボリュームを出しました。幼くならないように首もとは詰め気味にしてキチンと感を。生地はたっぷりですが、軽く着心地のよい一枚に仕上がっています。

  • サニークラウズ feat. Shuttle Notes

    kazumiの白いトップスとサロペット

    COLLABORATION ITEM : 2,3

    • スタンダードにひと癖。
    • スタンダードにひと癖。

    ボーイッシュなのにかわいらしい、kazumiさんならではのコーディネイトが楽しめるトップス&サロペット。しっかりと打ち込んでいるので張り感はあるのに、通常より油分の多い綿を使うことでしっとりとした風合いを持たせた「kazumiの白いトップス」。首の詰まった感じやほどよいふくらみのパフスリーブが女性らしさを感じさせてくれます。パンパンに打ち込んだ生地で作った「kazumiのサロペット」は、シンプルなデザインですがワイドなシルエットでなんともかわいらしく仕上がっています。肩ひもは長さ調整ができるようにしました。

    • from kazumi

      スタンダード+αの小技のきいた服が気になります。なので、シンプルでデイリーに使いやすいけれど、ちょっとひねりがきいたアイテムをこの春は作りました。トップスは、袖にボリュームを持たせたパフスリーブにして大人ガーリーに。スカートと合わせてきれいめに着こなしたり、カジュアルにデニムパンツと合わせたりと、季節を問わず着ていただけます。サロペットは、パンツの幅を少しワイドにしてボーイッシュに。ボーダーTシャツやパーカーとも相性がよいです。「甘すぎずカジュアルになりすぎず」を意識した、大人が着たいサロペットとトップスになっています。オールシーズン使っていただけるとうれしいです。

produced by kazumi

サニークラウズのモデルをしてもらっているkazumiさん。
インスタグラムなどで紹介されている私服コーディネイトはとってもおしゃれで、
そのセンスやライフスタイルに共感されるファンの方が多数いらっしゃいます。

そんなkazumiさんと話をしていると、服作りにも興味津々だったので、
それならいっしょに作ってみませんか?ってお誘いしてみました。

kazumi instagram
COLLECTION OF COMFORTABLE DAILY WEAR Sunny clouds

サニークラウズが目指す服は、毎日着る「ふだん着」。とっておきの日に着る特別の服ではなく、毎日気兼ねなく着られて、
汚れたらがんがん洗濯できて、着るほどに風合いや着心地がよくなり、着る人のからだになじんでくるような服です。
服好きたちが集まって、「あーでもない、こーでもない」と言いながら、素材・デザイン縫製などにこだわり、試行錯誤を
繰り返して服作りをしています。私たちが本当に感じていただきたいのは、カタログでは伝えきれない着心地や肌ざわり。
気になる服がありましたら、ぜひ手に取っていただきたいです。その服があなたにとって「最高のふだん着」となりますように。

Sunny clouds