フェリシモ > サニークラウズ > kazumiさんといっしょにつくりました。 > 

AUTUMN 2020

  • サニークラウズ feat. Shuttle Notes

    kazumiの銀杏並木ワンピース

    COLLABORATION ITEM : 1

    • 銀杏並木の下で。
    • 銀杏並木の下で。

    ストライプにドビー模様が織り込まれた生地を、深みと鮮やかさのあるマスタードイエローで染め上げてワンピースに仕上げました。無地ですが、ドビーの凹凸による陰影が複雑な表情を作っています。デザインはkazumiさんらしく、ドロップショルダーのゆったりとしたシルエットにして、袖口とスカート部分にしっかりとギャザーを入れ女性らしい雰囲気を出しました。Vネックのすっきりとした胸もとにほどこした、左右合わせて計10本のピンタックもアクセントになっています。

    • from kazumi

      まだまだ暑い日が続きますが、秋は一年でオシャレがいちばん楽しい季節。今回は色づいたイチョウのような、着ているだけで気分が華やぐワンピースを作ってみました。袖口はボリュームを持たせた少しガーリーな雰囲気ですが、首まわりはすっきりとしたVラインに仕上げることで「大人かわいい」ワンピースに。ウエストの切り替えを高めにしてギャザーをたくさん入れたのでドレープの揺れ感が美しく、デイリーだけでなくおでかけにも使っていただけると思います。生地もしっかりしているので秋から冬まで長く活躍すること間違いなし。真冬はタートルネックをインして着るのもオススメです。
      ※今回はオーバーサイズシルエットで着たかったのでMTサイズを着用しました!!

  • サニークラウズ feat. Shuttle Notes

    スタンドカラーのギンガムブラウスと
    着まわしエプロンワンピース

    COLLABORATION ITEM : 2,3

    • 今、私が欲しいモノ。
    • 今、私が欲しいモノ。

    永遠の定番ともいえるギンガムブラウス。スタンドカラーのベーシックなデザインですが、ドロップショルダーでゆるりとした着心地に仕上げました。リネン綿のナチュラルでしっかりとした風合いで、季節を問わず着ることができる一枚になっています。同じくリネン綿の糸をミニへリンボーンで織り上げた生地で作ったエプロンワンピースは、スカート部分がぼわっと広がりすぎないように、ちょうどいいギャザー分量にこだわりました。

    • from kazumi

      今欲しいものを形にしてみました!この秋に買い足したいのは、ギンガムのブラウスとエプロンワンピース。ブラウスは衿をスタンドカラーにしてすっきりとした首まわりに。エプロンワンピースは飽きのこないカラーとデザインにこだわり、甘さ控えめでシンプルに仕上げています。オールシーズン使えるこのアイテムは、コラボ史上最高に着まわせる予感!!イチ押しはセットで着るコーディネイトですが、まだまだ暑い時期にはワンピースにTシャツを合わせるのもオススメ。真冬はニット、春先はシャツを合わせてもかわいいと思います。ブラウスはワイドパンツやプリーツスカート、サロペットとも好相性!いろいろと着まわして楽しんでもらえるとうれしいです。
      ※今回はオーバーサイズシルエットで着たかったのでMTサイズを着用しました!!

produced by kazumi

サニークラウズのモデルをしてもらっているkazumiさん。
インスタグラムなどで紹介されている私服コーディネイトはとってもおしゃれで、
そのセンスやライフスタイルに共感されるファンの方が多数いらっしゃいます。

そんなkazumiさんと話をしていると、服作りにも興味津々だったので、
それならいっしょに作ってみませんか?ってお誘いしてみました。

kazumi instagram
COLLECTION OF COMFORTABLE DAILY WEAR Sunny clouds

サニークラウズが目指す服は、毎日着る「ふだん着」。とっておきの日に着る特別の服ではなく、毎日気兼ねなく着られて、
汚れたらがんがん洗濯できて、着るほどに風合いや着心地がよくなり、着る人のからだになじんでくるような服です。
服好きたちが集まって、「あーでもない、こーでもない」と言いながら、素材・デザイン縫製などにこだわり、試行錯誤を
繰り返して服作りをしています。私たちが本当に感じていただきたいのは、カタログでは伝えきれない着心地や肌ざわり。
気になる服がありましたら、ぜひ手に取っていただきたいです。その服があなたにとって「最高のふだん着」となりますように。

Sunny clouds