日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会

味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会

お申し込み番号:479129

月1個

¥2,000(+10% ¥2,200

定期便 3回回数限定

電子レンジ 日本製

即席麺(めん)がまるで行列店の一品になる丼鉢(どんぶりばち)!

青いカレー皿と一緒に使ってほしい、ラーメンやうどんがすごくおいしく見える青い丼鉢。男心をくすぐるガツンとしたサイズ。即席麺をこの丼鉢に盛るだけで、やっぱり驚くほどおいしそうに見えるんです。卵かけご飯や親子丼、ロコモコなんかもかなり映えると思います!

数量

ショッピングバッグに入れる

キャンペーンについての注意事項はこちら

■素材 / 磁器
■サイズ / 口径約17.5cm、高さ約9cm 容量約1,380ml
※電子レンジ・食器洗い機・漂白剤使用可
※オーブン使用不可
※手づくりのため、ひとつひとつ色・風合い・釉薬(ゆうやく)のむらが異なります。
●毎月1回、3種類の中から、1種類ずつお届けします。(全種類届くと、以降はストップします)
(日本製)

お届けパターン:回数限定

■ マークの数字の回数だけ届くと、自動的にお届けが終了します。
■ 掲載画像の中から、毎月1種類をお届けします。
■ お届けする順番はフェリシモにおまかせください。
■ 1回だけのご注文も可能です。
ストップする場合は、お届け後にストップの連絡が必要です。

  • ※ただし、「〇回エントリーキャンペーン」など、 複数回のお届けをご予約する場合はストップできません。
  • ※「季節限定」の商品など、途中で販売終了となる場合があります。

DETAIL

  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会|岐阜県の多治見・土岐を代表する美濃地方は食器の一大産地。食器に適した良質な土が取れる地域で、もとは城下町として栄えていた場所です。ここで作られているのは全国的に有名な「美濃焼」。今回は、その「美濃焼」の窯元に訪問してきました。岐阜県の多治見・土岐を代表する美濃地方は食器の一大産地。食器に適した良質な土が取れる地域で、もとは城下町として栄えていた場所です。ここで作られているのは全国的に有名な「美濃焼」。今回は、その「美濃焼」の窯元に訪問してきました。
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会|食器づくりのスタートは、まず食器の原料となる土を、機械で柔らかい棒状の塊にするところから始まります。食器づくりのスタートは、まず食器の原料となる土を、機械で柔らかい棒状の塊にするところから始まります。
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会|その棒状の原料を食器1個分の大きさにカットしていきます。その棒状の原料を食器1個分の大きさにカットしていきます。
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会|それを機械式の型に入れ、食器の形に成形していきます。それを機械式の型に入れ、食器の形に成形していきます。
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会|その後きれいに並べ、一定期間自然乾燥させます。その後きれいに並べ、一定期間自然乾燥させます。
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会|乾燥させたあとは、770度の温度で18時間かけて「素焼き」をします。この素焼きをすることで、陶器の水分が飛び、その上に色がのりやすくなるようです。乾燥させたあとは、770度の温度で18時間かけて「素焼き」をします。この素焼きをすることで、陶器の水分が飛び、その上に色がのりやすくなるようです。
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会|素焼きしたあとの丼鉢も発見しました。色を塗って焼く前なので完成品よりもかなり大きいサイズです。素焼きしたあとの丼鉢も発見しました。色を塗って焼く前なので完成品よりもかなり大きいサイズです。
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会|素焼きの後は、バリを手作業で取っていきます。ここも熟練の技術が必要な作業。素焼きの後は、バリを手作業で取っていきます。ここも熟練の技術が必要な作業。
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会|その後、釉薬(ガラス質のうわぐすり)を塗ります。この釉薬を塗る作業(施釉)も熟練の作業で、同じひとが、同じ動きを同じ時間で繰り返さないと釉薬の乗りが異なり、まったく違う色になってしまうようです。その後、釉薬(ガラス質のうわぐすり)を塗ります。この釉薬を塗る作業(施釉)も熟練の作業で、同じひとが、同じ動きを同じ時間で繰り返さないと釉薬の乗りが異なり、まったく違う色になってしまうようです。
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会|釉薬を塗った食器を、次は1230~1250℃のトンネル式の窯で24時間ほどかけて焼いていきます。それが窯から出て冷ますと、やっと完成。釉薬を塗った食器を、次は1230~1250℃のトンネル式の窯で24時間ほどかけて焼いていきます。それが窯から出て冷ますと、やっと完成。
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会|色が鮮やかな食器は、気温・土・窯の温度や火が当たる場所・その時入荷した釉薬によっても、微妙に色が変化してしまいます。その難しい色を、長年の経験で試行錯誤しながら生産いただいています。色が鮮やかな食器は、気温・土・窯の温度や火が当たる場所・その時入荷した釉薬によっても、微妙に色が変化してしまいます。その難しい色を、長年の経験で試行錯誤しながら生産いただいています。
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会
  • Kraso[クラソ]|味わい深い青のボーイッシュ丼鉢の会|日本一の産地で作られている身近な存在の美濃焼の器は、みなさんの日々の暮らしにすっとなじむはず。ぜひ食卓でお試しください。日本一の産地で作られている身近な存在の美濃焼の器は、みなさんの日々の暮らしにすっとなじむはず。ぜひ食卓でお試しください。

CATALOG

カタログ

  • 新作デジタルカタログ
  • カタログ無料プレゼント!

SHOPPING GUIDE

ショッピングガイド

[初めての方へ]お買い物ガイド

ページのトップへ

Kraso[クラソ]