日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

チェコの工芸品 ランプワークビーズを使った ピアス・イヤリング〈水面に映るプラハ城〉

お買い得

チェコの工芸品 ランプワークビーズを使った ピアス・イヤリング〈水面に映るプラハ城〉

お申し込み番号:289706

1組

¥1,200(+8% ¥1,296)

コレクション ジャストワン

★販売価格¥1,900+税→特別価格¥1,200+税

中欧の街並みを見つめた耳飾り。

ひと粒ずつ手づくりしている個性豊かなランプワークのガラスビーズをイヤアクセサリーにしました。「いちばん苦心するのは、いかに正確に狙った色を創り出すかということ」と語るランプワーク職人さん。この仕事に携わり27年、いまだにガラスの起こす反応に驚き続ける日々だそうです。

ランプワークとは、材料となるガラスを手もとで溶かしながら、ひとつひとつ手づくりで成形していく技法および、その工芸品のことを言います。ガラス製造の歴史が1000年以上あるチェコで、ランプワークはいつから始まったのでしょうか。何世紀も前に、国際貿易の通貨としてランプワークのビーズで支払いがなされていた史実があるということから、ゆうに400~500年の歴史があると言えます。現在はガスバーナーの上で原材料のガラス棒を溶かしながら職人さんが作業していますが、昔はランプの火の上で作られていました。細工中のガラスはどれも真っ赤。温度が下がったときにどんな色や表情になるか……。ランプワークは職人さんの長年の経験と勘によってひとつずつ作られているのです。あなたのお手もとに届く、小さなかわいい「ボヘミアのガラス職人の工芸品」には、何世代にもわたって受け継がれてきた貴重な技術と、彼らのあたたかな思いがぎゅっと詰まっています。
文:野田リベイル 明子 (チェコ国営のガラス公団があったころから20年間にわたり、日本・チェコ間のボヘミアガラスに関する貿易業務に携わる)

タイプ
数量

ショッピングバッグに入れる

キャンペーンについての注意事項はこちら

素材 / ガラス、真ちゅう(金メッキ)
サイズ / 長さ約2.5~3.5cm(金具含む)
※ガラスビーズは手づくりのため、色むらや色合いの違いが出ますが、商品の味わいとしてお楽しみください。
※製造の工程上、ガラスに気泡が入っているものがあります。
※お申し込みの際は、ご希望タイプを必ずご選択ください。
※写真はお届けデザイン例です。
※お買い得商品につき、万一品切れの場合はご容赦ください。
(日本製/ビーズ:チェコ製)

ジャストワン

この商品はお申し込みいただいた月だけお届けします。

¥ In stock

ページのトップへ

WEB限定お買い得商品