日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

LX 自然派でこだわった美味しさ ボジョレーBIOワイン2本セット

LX 自然派でこだわった美味しさ ボジョレーBIOワイン2本セット

1セット

¥5,900(+8% ¥6,372

コネクション お酒

予約送料込み

あなたのテーブルが大人の社交場に。LX世代に飲んでもらいたいお酒をセレクトしました。ぜひお楽しみくださいね。

このセットのテーマは「BIOのボジョレー・ヌーボー」。

「ダミアン・コクレ」は、ボジョレーにおいて最初に完全有機農法ワインを取り入れた第一人者、 自然派の父と呼ばれるマルセル ・ ラピエールの影響を受けた生産者によってつくられているワインです。
生産者ダミアン・コクレはボジョレー地区の自然派の新世代を担うスーパースターとして人気を博しています。醸造に関しては、 その年のブドウ畑にいる自然酵母 (野生酵母)による発酵により、 この土地特有のテロワールを表現。 健全なブドウのみを使用し、 発酵中の二酸化炭素を残す事で酸化防止を行っています。瓶詰時に微量の酸化防止剤の添加のみ行います。
また補糖や補酸などのテクニックは一切行わず、多くのリスクを負いながらもブドウ本来の自然な旨味を引きだしています。

「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー テロワール・エ・タラン ヴァン・ナチュール」はボジョレー地区の小さな生産者が「美味しいワインをつくろう!」という志で集まり協働作業でつくったワイン。ぶどうは手作業で収穫され、ぶどうを尊重して醸造。高品質のワインをつくるために生産者たちが力をあわせて高いワインの品質をたもっています。
長い年月をかけ亜硫酸塩無添加ワインを実現化しました。醸造・熟成過程で亜硫酸塩を加えずに行う方法は、フルーティーでピュア、そしてミネラル感のあるワインを生み出していて、自然そのままの味わいが楽しめます。

手間暇かけたBIOワインのボジョレー・ヌーボーです。LX世代のみなさん、今年のボジョレーはぜひBIOを飲んでみてください!
※BIO:ヨーロッパ内の条件を満たしたビオデナミ、ビオロジック農法(化学肥料、農薬を一切使用しない)でつくられたワイン

■セット内容 / 果実酒(ワイン)2本
①ダミアン・コクレ(ボジョレー・ヌーボー※ぶどうの出来によってボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボーになる可能性があります) 1本
②ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー テロワール・エ・タラン ヴァン・ナチュール 1本
■赤(品種):①②ガメイ100%
■内容量 / 1本:750ml×2本
■原材料/①ぶどう、酸化防止剤(亜硫酸塩) ②ぶどう
■原産国/①②フランス/ボジョレー地区
■製造元 /①ダミアン・コクレ ②テロワール・エ・タラン
■アルコール度数 /①12%(予定) ②13%

※お申し込み締め切り:2018年8月31日(金)まで
※お届け時期/2018年11月中旬~12月初旬
解禁日(11/15)以降のお届けとなります。
※ラベルデザインは変更になる場合があります。


  • 【送料】
    LXのお酒は送料込みの価格です。ぜひこの機会にフランスとドイツの新酒をお楽しみください。


    ※20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
    ※20歳未満の方の酒類のご注文はお断りいたします。


    酒類販売管理者標識

    販売場の名称および所在地 株式会社フェリシモ
    エスパスフェリシモ3F 兵庫県神戸市須磨区弥栄台2-7
    酒類販売管理者の氏名 足立 慎二
    酒類販売管理研修受講年月日 平成29年8月9日
    次回研修の受講期限 平成32年8月8日
    研修実施団体名 日本フランチャイズチェーン協会
    ※未成年の飲酒は法律で禁止されています。

Felissimo LX STORY





ボジョレー地区
ボジョレーは、パリの東南ブルゴーニュ地方にある丘陵地。北部と南部では土壌が異なり、いずれも土壌に恵まれており、それぞれに最適なぶどうが育てられています。作られている品種の9割がガメイで、赤ワインが多く生産されています。日本で有名なのはボジョレー・ヌーボー。ヌーボーはフランス語で「新しい」という意味で、ボジョレー・ヌーボーとはボジョレー地区の新しいワイン、その年の新酒のこと。日本では80年代ごろから紹介されて、各地でボジョレー・ヌーボーの解禁を祝うイベントは話題となりました。




ダミアン・コクレ ボジョレー・ヌーボー(ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボーになる可能性あり)

ボジョレー地区で最初に有機農法をワインづくりにを取り入れたと言われるマルセル ・ ラピエール氏。そのマルセル氏の一番弟子が ジョルジュ ・ デコンブ氏。 その息子である、 ダミアン ・ コクレは偉大な巨匠二人から影響を受け、 2007 年にドメーヌを設立。
その直後から熱狂的ファンを作り、ボジョレ地区の自然派の新世代を担うスーパースターとしてともいわれているとか。




所有する畑はクリュ ・ ボジョレーのモルゴンの中でも最も良いと言われている 小高い丘。十字架が立つ見渡す限り葡萄畑の素晴らしい景色が広がっています。
完全無農薬の畑は歩くとふかふかしており、 まさに生きた畑。
その年のブドウ畑にいる自然酵母 (野生酵母)の発酵により、 特有のテロワールを表現します。 健全なブドウだけを使用し、二酸化炭素を残す事で酸化を防止します。 そのため酸化防止剤は瓶詰時に微量を使いだけにとどめています。
また補糖や補酸などの行わず、ブドウ本来の自然な旨味を引きだしているのもこのワインの魅力です。




このワインの製造元である「テロワール・エ・タラン」はボジョレー地区のいくつかの家族経営の生産者からなる事業者団体です。すべての生産者はいいワインをつくること、そのための土壌づくりへの努力を続けること、環境に配慮したぶどう畑の管理すること、畑の価値を高めることなど同じ志をもって運営されています。
この「テロワール・エ・タラン」の醸造責任者であるフレデリック・メニエ氏(写真上)は、フランスの漫画「タンタンの冒険」に登場する天才科学者に本国ではたとえられることが多く、テロワールを表現するぶどう生産者からへ魔法のワイン造りをいまも伝え続けています。




ワインは区画ごとに醸造され、アッサンブラージュ(ブレンド)されます。エレガンス、バランス、アッサンブラージュでワインの魅力は広がります。




ぶどうは手作業で収穫されます。ぶどうを尊重しワインは造られます。
志を同じにした協働作業の中で、毎年少しづつ減らしながら、長い年月をかけ、亜硫酸塩無添加のワインが生まれました。醸造・熟成過程で亜硫酸塩を加えない方法で、フルーティーでピュア、そしてミネラル感のあるワインが誕生しました。




酸化防止剤無添加(二酸化硫黄無添加)のマークです。(実際のデザインは異なる場合があります)
ここでご紹介するBIO(自然派)ワインとは、ヨーロッパ基準を満たしたビオデナミ、ビオロジック農法(化学肥料、農薬を一切使用しない)で作られたものです。さらに醸造においても「天然酵母」であること、添加物やフィルター使用など禁止、発酵中の二酸化硫黄添加禁止、瓶詰めのときの添加は最小限の使用、など厳しい基準をクリアしたものには商品名に「ヴァンナチュール」を使用できます。
生産者の日々の努力によってつくられた完全な自然派ワイン。自然そのままの味わいがお楽しみください。
※醸造段階で亜硫酸塩が自然に生成されるため、意図的な添加をしていなくても商品本体のラベルには含有の記載をしております。



フランス人女性とワイン1
ボージョレーワインの産地でもある世界にワイン王国として名を轟かせるフランスで、実はかつて女性がワインを飲むことが禁じられていたことをご存知でしょうか?
中世まで女性がワインを飲むことは厳しく禁じられていて、破った場合は重刑が課されることもあったそうです。後に恐ろしいこの法律は排除されましたが、18世紀後半のブルジョワ社会では淑女はアルコールを飲むべきではないという暗黙のルールが復活したそうです。




フランス人女性とワイン2
かつて女性が飲むことを禁じられていたフランス、
しかし女性とワインには歴史がありました。優れたワイン生産者の影には運営を仕切る優秀な妻たちの存在があったのです。世界最高の貴腐ワインで有名なシャトー・ディケム。所有者リュル=サリュース家は1788年、未亡人となったフランソワーズ=ジョゼフィン・デ・リュル=サリュースが手綱を引き継いだ時からその栄光の歴史が始まっています。

有名なシャンパンであるポメリーとクリコも19世紀にルイ=アレキサンドル・ポメリーとフランソワ・クリコというそれぞれの未亡人たちによって発展したメゾン。クリコ夫人においては、ヴーヴ・クリコ(クリコ未亡人の意味)とお酒の名前にもなっています。
20世紀になると、自らの情熱で畑を開発してワイン作りを始める女性たちが出現しました。Femmes du Vinという女性ワイン生産者サークルも結成され、女性ならでの感性とクリエイティビティあるワインへの評価は徐々に高まっています。もちろんワインを楽しむ側でも男女の違いはなくなっており、今やワインにおける女性の存在は男性を凌ぐ勢いですよ。
LXパリスタッフより




このショップについて(特定商品取引法に基づく表示)
● 発送元
『フェリシモ』より発送します。
● お問い合わせ先
◎インターネット(お問い合わせ専用)
https://www.felissimo.co.jp/info/
◎ファクシミリ(お問い合わせ専用)
FAX:0120-924-214(通信料無料)
FAX:0570-024-214(通信料お客さま負担)
※0570通信料は20秒につき10円(税別)かかります。
※一部のIP回線では利用できない場合があります。
※電話番号・FAX番号・グループ番号(会員番号)・おなまえをご記入ください。
また、FAX回答不可の場合は明記してください。

◎電話(お問い合わせ専用)
固定電話:0120-924-213(通話料無料)
携帯電話:0570-024-213(通話料お客さま負担)
平日/9~18時 土曜/9~17時(時間外と日祝は音声案内)
※0570通話料は20秒につき10円(税別)かかります。
※一部のIP電話では利用できない場合があります。
※ご意見・ご要望を大切にするために録音させていただいております。
● 交換・返品について
※お届け明細書の「お客さま記入カード」にご記入のうえ、商品到着後10日以内にご返送ください。
※破損・汚損など、フェリシモ理由による交換・返品の返送料はフェリシモ負担。
お客さま事情による交換・返品の返送料はお客さま負担となります。
ただし、お酒については、商品の特性上、不良品以外の交換・返品はお受けできません。
※交換希望でも、交換品がご用意できない場合には「品切れ」とさせていただくことがあります。
◎交換・返品先
郵送:〒651-8525
運送便:〒654-0161 神戸市須磨区弥栄台2-7 フェリシモ 交換返品係

※送り状には、TEL:0570-024-213をご記入ください。
● 事業者名(販売元)
フェリシモ
※「お支払いの時期と方法」については、ページ上部の「ご利用ガイド」をご確認ください。

ページのトップへ

Felissimo LX