日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

felissimo partners

並べ替え:
指定なし
新着順
価格の高い順
価格の低い順
表示件数:
30件
60件

画像切り替え

機能的な設計と、手にやさしいなめらかさ。職人の仕事が光ります。

料理の下ごしらえから保存まで、キッチンに欠かせないステンレスボウル。日本の産地の匠の技術と経験が生かされたものを使いませんか? ボウルはステンレス鋼をサテンのようなやわらかな光沢に磨き、手になじむ使いやすい形に。内側には目盛りが付いていて1200ccまで計れるので、計量カップで何杯も注がなくてもOK。パンチングボウルは水切れがよく目詰まりしにくいので、ザルよりも格段に便利。縁の折り返しの継ぎ目が鮮やかなまでに美しい仕上がりです。(これは目利きの営業担当さんがベタほめ!) 合わせて使っても、それぞれで使っても。毎日出番があるセットです。
【燕人の匠(えんじんの たくみ)】~匠の技が光る逸品を暮らしに~
新潟県燕市は古くから金属加工がさかんな地方。江戸時代の和釘製造に始まり、明治末期にはスプーンやフォークなどの洋食器へと発展を遂げ、今では日本の金属洋食器生産額の9割を占めるまでに。伝統に裏付けられた職人の技術と、現代的なデザインや利便性を兼ね備えた燕の金属加工製品は、今や世界中から高い評価を受けています。「燕人の匠」シリーズは燕の職人だからこそ生み出せる妥協なき逸品です。

ジャストワン

燕人の匠 ステンレスボウル&パンチングボウル18

1セット

¥2,500+税

大げさではなく、このなめらかさは感動もの!

料理の下ごしらえから保存まで、キッチンに欠かせないステンレスボウル。日本の産地の匠の技術と経験が生かされたものを使いませんか? ボウルはステンレス鋼をサテンのようなやわらかな光沢に磨き、手になじむ使いやすい形に。内側には目盛りが付いて700ccまで計れるので、計量カップで何杯も注がなくてもOK。パンチングボウルは水切れがよく目詰まりしにくいので、ザルよりも格段に便利。縁の折り返しの継ぎ目が鮮やかなまでに美しい仕上がりです。(これは目利きの営業担当さんがベタほめ!) 合わせて使っても、それぞれで使っても。毎日出番があるセットです。
【燕人の匠(えんじんの たくみ)】~匠の技が光る逸品を暮らしに~
新潟県燕市は古くから金属加工がさかんな地方。江戸時代の和釘製造に始まり、明治末期にはスプーンやフォークなどの洋食器へと発展を遂げ、今では日本の金属洋食器生産額の9割を占めるまでに。伝統に裏付けられた職人の技術と、現代的なデザインや利便性を兼ね備えた燕の金属加工製品は、今や世界中から高い評価を受けています。「燕人の匠」シリーズは燕の職人だからこそ生み出せる妥協なき逸品です。

ジャストワン

燕人の匠 ステンレスボウル&パンチングボウル15

1セット

¥2,000+税

料理の腕も気分も上がる! 職人技のいため鍋。

「自分にふさわしい、長く使えるいい道具がほしいな。」とお考えの方にお勧めしたい、日本の職人が手がける鉄製のいため鍋。洋食も中華も鉄ならではの強い熱伝導でジュワッ!とおいしく仕上げます。本格派の鉄製ですがさびにくい「窒化加工」をほどこしているのでお手入れはかんたん。窒化加工とは航空機や自動車部品にも用いられてきた表面加工技術。高い耐腐食性と対磨耗性を実現しています。取っ手には「桜吟(おうぎん)」と名づけられた美しい桜の文様があり、一生ものにしたい高級感をかもしだしています。
【燕人の匠(えんじんの たくみ)】~匠の技が光る逸品を暮らしに~新潟県燕市は古くから金属加工がさかんな地方。江戸時代の和釘製造に始まり、明治末期にはスプーンやフォークなどの洋食器へと発展を遂げ、今では日本の金属洋食器生産額の9割を占めるまでに。伝統に裏付けられた職人の技術と、現代的なデザインや利便性を兼ね備えた燕の金属加工製品は、今や世界中から高い評価を受けています。「燕人の匠」シリーズは燕の職人だからこそ生み出せる妥協なき逸品です。

ジャストワン

ワンランク上の調理道具桜吟 窒化加工いため鍋

1個

¥5,600+税

お母さんさすが!と言わせる、一生ものの玉子焼き器。

子どもや孫、お客さまに、たまご焼きをほめられるとうれしいですよね。名人級のたまご焼きを作るには道具から・・・・・・日本の職人が手がけるワンランク上の鉄製たまご焼き器をおすすめします。熱伝導がよくおいしく仕上がる鉄製ながら、さびにくい「窒化加工」をしているのでお手入れはごく普通。窒化加工とは航空機や自動車部品にも用いられてきた表面加工技術。高い耐腐食性と対磨耗性を実現しています。取っ手には「桜吟(おうぎん)」と名づけられた美しい桜の文様があり、使うたびに日本製のよさを再認識できそう。
【燕人の匠(えんじんの たくみ)】~匠の技が光る逸品を暮らしに~新潟県燕市は古くから金属加工がさかんな地方。江戸時代の和釘製造に始まり、明治末期にはスプーンやフォークなどの洋食器へと発展を遂げ、今では日本の金属洋食器生産額の9割を占めるまでに。伝統に裏付けられた職人の技術と、現代的なデザインや利便性を兼ね備えた燕の金属加工製品は、今や世界中から高い評価を受けています。「燕人の匠」シリーズは燕の職人だからこそ生み出せる妥協なき逸品です。

ジャストワン

ワンランク上の調理道具桜吟 窒化加工たまご焼き

1個

¥3,500+税

ページのトップへ

フェリシモパートナーズ