公式twitter
おしゃいろマスク全色

推しカラーでマスクを作ってみたら推しができた!

こんにちは、フェリシモオタク活動推進部(オタ活部)のまっきいです。推しグッズは増える一方なので、ビジュアルのよいものを厳選して買うしぶちん派です。笑 さて、そんなことはさておき、世の中相変わらず新型コロナウィルス対策に追われる日々ですね。マスクも日常的なものになりました。まさかこんなに毎日マスクを必要とする日々がやってこようとは……。

だけど、推し色なら煩わしいマスクもちょっとは楽しい気持ちでつけられるんじゃない?! そんな会話から始まった推し色マスク全6色の商品企画の裏話と、まさかの副産物のお話です。

オタ活部お助け部員りりい

推し色でマスクを作ろう!となったのは、昨年春の自粛生活明けに、お助け部員りりいと一緒に夜ご飯を食べに出かけたときのことでした(正確にはまだこの時点でりりいはお助け部員ではなかった)。「久しぶりの外食、おいしいね…うう、楽しいね…涙」と2人でしみじみご飯を食べていた時の話です。今となってはもう、何でそういう話になって盛り上がったのかてんで思い出せないのですけど、とにかく「オタクには推し色のマスクが必需品なのでは?!」という話になり、長年ファッションアイテムの企画をしてきたりりいに「マスク作って!」とお願いしたのがことの始まりです。
その夜、私たちの推し色マスク企画トークは異様に盛り上がり、形、素材、色柄、パッケージの話まで一気に進んだのでした。

オタ心のわかる非オタりりい

ふだんはフェリシモのファッションアイテムの企画スタッフとして数々のヒット商品を生み出してきたりりい。私のプライベートオタ活にも喜んで(と信じたい)付き合ってくれるような、気のいいかわい子ちゃんです。いつも私のオタトークもおもしろがって聞いてくれて、なんなら質問までしてくれますから。笑 「オタクの人たちってホント熱量がすごいですよね。尊敬します」とまで言ってくれる。なんでも楽しめる人だけど、特に何かにハマることはない非オタ。でもオタ心の理解は深い。私はそんなりりいを信頼して、あの夜「マスク作ってください!」とお願いしたのでした。

そして、その数日後。

「企画書作ってみたので見てもらえますか?」とりりいからメールが送られてきました。え?そんなもの作ってくれたの?見る見る、見ますとも。
なんと!そこにはマスクの仕様アイデアがいくつも書かれており、マスクの柄についての数々のイメージビジュアルも。

なんて仕事が早いんだ!あなたはもう立派なオタ活部員ですよ!たとえ非オタでもね!

花言葉に想いを乗せて・・・

あの夜、大いに盛り上がったマスクの柄について、私たちのアイデアはこうでした。
シンプルすぎるマスクだとつまらない。何か推しアピールできる柄をつける?でもあんまり派手すぎたりぶりぶりにかわいすぎるのはOSYAIROじゃないな。ふだんでも普通につけられるものがいいし…何?なんのモチーフ?みんなが好きな…ハート?星?お花?…となり、

「花いいんじゃない?」

「推しを想うアツイ花言葉のあるお花で6色作れないかな?」

と、あっという間に意見が一致して花柄でやってみよう!という結論に至ったのです。
後日提出されたりりいの企画書にはマスクの仕様とともに、すでに6色の花柄の提案とその花言葉が記されていました。

こんな感じです。 企画書

あ、すみません、私の色のオーダーはいつだってまずはこの6色です。あしからず。^^;  笑
そして企画書にはこうも記されていました。

”声に出さずにこっそり愛を伝える『押し(推し)花言葉』”

なんて奥ゆかしいのでしょう!
例えば黄色の花はヒマワリ。花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめる」です。
きゃー!!!! 現場でこのマスクをして自分の推しを見つめてごらんなさい。たぶん伝わらないとは思うけど(笑)顔面いっぱいに花言葉で告白ですよ!
そんなわけで浮かれきった私、さっそくオタ活部顧問へ報告に。

柄じゃなくて色でしょ?

「実にいいマスクができそうです!」と意気揚々とオタ活部顧問へ報告に行きました。ただ一点気がかりだったのは、最終的に花柄のテイストをどんな感じにするか?ということです。まだ決めていませんでした。いや正確には私にもりりいにもわからなかったのです。どんなテイストの花柄がベストなのか!
そんな私たちを見透かしたかのように顧問は言いました。
「柄って人によって好き嫌いがあるよ。推し色が欲しい人は柄じゃなくて色が欲しいんじゃないの?」

・・・。

文字どおり気持ちは「てんてんてん」になりました。
あー、そうだった、そうですね。だから柄のテイストも決められなかった。私たちが決めるべきは色でした、色~!^^;
というわけで、浮かれきった気持ちに喝を入れ直してシンプルに色選びに取りかかったのでした。

みんなどんな色味が好きなの?

さて、気を取り直して色を決めようとしたのですが、はて?みなさんは一体どんな色味がお好みなの?!濃いほうがいいのか薄いほうがいいのか?悩んでもわかりませんので、またまたツイッターでフォロワーさんに聞いてみることに。用意したカラートーンのサンプルはビビッド、ディープ、ベリーペール、グレイッシュの4パターン。

アンケートの結果、約半数の方が欲しいと答えてくれたベリーペールに決定しました。

私とりりいはペールトーンのサンプル図を見本に膨大なPANTONEのカラーチップの中から色を選ぶことに。ところがです、ここで問題が……。えーっと、ペールトーンの赤と黒って何よ? 薄い赤はピンクだし、薄い黒はグレイでしょ! 今さらながら気づいた私たちは、ペールトーンの赤と黒は事実上ムリ!と判断し残念ながら2色はここで脱落しました。赤、黒が推し色の方、ごめんなさい!

マスクイメージ

このサンプル図もよく見ると左上の赤はすでにピンクですね。^^;

 

似たような色を何度も何度も選び直し並べてみて、全体のバランスを見て、顔に当ててみてイヤな感じじゃないか確認し、めちゃくちゃ検討してこの6色に決定!

カラーチップ

UVカットのキレイカラーマスク6色誕生!

その後も、メーカーさんに生地に試し刷りしてもらって色味を確認し、やっぱりこっちかなと色を変更したり、ゴムの色も生地に合わせて調整したりと、なかなか時間がかかってしまいましたが、昨年11月にナントカ!できあがりました!発色にこだわったのできれいな推し色には自信あり!(^^)

マスク着用イメージ
おしゃいろマスク全色

そう、そしてこのマスク、単なるキレイカラーというだけではありませんよ!

内側も外側も撥水加工をしているので、水や汚れ、ほこりなどが付きにくく、もちろん水洗いもできるので繰り返し何度も使えるし、乾きやすいので夜に洗濯しておけば翌朝OK!毎日だって使えます。さらにUVカット率97%なので日差しから顔まわりをカバーできます。大人女子にはもってこいでございましょう!りりいも自ら企画したこのマスクが大変気に入っているようで、毎日ピンクのマスクをしてますよ。(^^)

りりいについに人生初の推しができる!

そしてこの話には最後にまさかのオチがありました。商品がもうすぐできあがるというころ、りりいから報告が……。

「私、昨日からピンク担になりました」

なんやと~?!?! 今までなんにもハマったことがないと言っていたあなたが?
ピンク担に?!
一体どこのピンクさんがあなたを沼に?!
私があまりにもアイドルの話ばかりしていたからでしょうか?布教しているつもりはありませんでしたが、自分でも無意識のうちに布教してしまっていましたか?
マスクを企画していた数ヵ月間に、りりいは徐々にダンスが得意なピンクさんの沼に足を踏み入れていたのでした。

そんなカミングアウトがあってからの彼女の行動には目を見張るものがありました。
YouTubeやSNSでの情報収集はもちろんのこと、推しグループのファンクラブに入り、ブルーレイを見るためにブルーレイディスクプレーヤーを買い(DVDしか見られなかったらしい)、推しの曲で踊りたい!と言ってダンス教室に通い始め……を、わずか数日のうちに……。
そして言いました。

「毎日楽しいです!!!」

推しがいるとはこういうことですよね。泣
オタク初心者のりりいは謎めいたオタク用語や驚きのオタク文化に日々戸惑いつつも、大いに楽しみながらオタクとしての経験を積んでいるようです。笑

ちなみに、まだ恥ずかしくて推しのことをニックネームでは呼べないそうです。
かわいいぞ、このやろう!笑

Series 連載コラム

一覧はこちら

Page top