more felissimo したことないこと、やってみよう

menu

しまう

menu

しまう

BIG SMILE COFFEE「ごちそうさま」を届けよう!

2021.7.14

BIG SMILE COFFEE「ごちそうさま」を届けよう!

これまでBIG SMILE COFFEEの生産に関わる人たちの思いを、3回にわたってご紹介してきました(前編, 中編, 後編)。more felissimoでは、逆にコーヒーをいただく私たち生活者から、生産者にできることはないかな?と考え、「ごちそうさま」を届けよう!プロジェクトをスタートします!

しあわせの贈り手になろう!

「生産者の顔の見える化はされるようになってきたけど、消費者の顔って見えないんですよね……。」 

「ごちそうさま」を届けよう!プロジェクトが始まるきっかけは、ハチコーヒー黒田さんのこんな一言でした。 

ベトナムのトイさんも、はこべ工房で働く障がいを持つ人たちも、みんなコーヒーを楽しんでくれる人のことを思いながら、一生懸命にコーヒーを作っています。でも、本当はどんな人が、どんなふうに自分たちのコーヒーを飲んでいるのか、ほとんど知りません。知る機会がないのです。

ベトナムの生産者トイ・グエンさん ベトナムの生産者トイ・グエンさん

もし、「こんな人が、こんな風にコーヒーを楽しみました」という情報を、トイさんやはこべ工房の人たちに伝えられたとしたら、コーヒー作りにいっそうのやりがいと、喜びが生まれるはずです。きっとそのお手紙を、満面の笑顔で読んでくれることでしょう。もしかしたら、いっそう品質管理に気合が入ったり、ハンドピックの集中力がさらに上がったりするかもしれません。 

生産者に「ごちそうさま!」を届けることで、私たちは、おいしいコーヒーというしあわせの「受け手」で終わるのではなく、生産者を笑顔にする、しあわせの「贈り手」になることができるのです。それが、more felissimoがつくりだしたい「つながる」の形です。

ハンドピックを担当するはこべ工房のみなさん ハンドピックを担当するはこべ工房のみなさん

そういうわけで、BIG SIMLE COFFEEを楽しんでいただいたみなさまから、生産者であるトイさんやはこべ工房の方たちに、「ごちそうさま」のメッセージを大募集いたします!

どんな人たちが、どんな気持ちで、どんな風にコーヒーを楽しまれたのか、写真やエピソードをお送りください。

いただいたものは、フェリシモからはこべ工房さんにお届けしたのち、ハチコーヒー黒田さんがすべてベトナム語に翻訳して、トイさんにお届けします。その様子は、more felissimoのWEBサイトなどで後日ご紹介します。 

BIG SMILE COFFEEの仕掛け人、ハチコーヒー黒田さん BIG SMILE COFFEEの仕掛け人、ハチコーヒー黒田さん

みなさまの「ごちそうさま!」で、ベトナムや、はこべ工房の障害のある人たちを笑顔にしてみませんか!?

メッセージを送っていただいた方の中から抽選で3名さまに、more felissimoオリジナルグッズをプレゼントいたします。(当選者の発表はグッズの発送をもって変えさせていただきます。発送は10月を予定しています。)

やってみよう

「ごちそうさま!」を届けよう!

みなさまの「ごちそうさま!」で、ベトナムや、はこべ工房の障害のある人たちを笑顔にしてみませんか!?

メッセージを送っていただいた方の中から抽選で3名さまに、more felissimoオリジナルグッズをプレゼントいたします。
(当選者の発表はグッズの発送をもって変えさせていただきます。発送は10月を予定しています。)

~ メッセージ・お手紙の送り先 ~

◆お手紙
〒650-0041
神戸市中央区新港町7番1号
株式会社フェリシモ
more felissimo編集部「ビッグスマイルコーヒー係」宛

◆WEB(PC・スマートフォン)
下記の専用投稿フォームよりお送りください

みなさまからのご投稿をお待ちしております!

※more felissimoオリジナルグッズについて
クリアファイル、ステッカーなどを予定しています。
アイテムやデザインは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

この記事はいかがでしたか?

  • やってみる

  • ジ〜ン

  • ひろめたい

  • メモメモ

~ Thank You! ~

みんなの感想みんなの感想

  • 1. cocotteさん 2021年08月28日 19:04

    消費者の方の気持ちが見えるって
    ステキですね。

    あたたかいお便り、たくさん届き
    ますように。

記事の感想をおくる

  • THANK YOU♡

この記事の
コラボレーションブランド

チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト

CCP

障がいのある人もない人も、ボーダーレスにつながる社会の実現を目指して

あなたの前の読者が
を押しました!

暮らしの動詞一覧