日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

6

子育てママをみんなで応援!
全国から集めたメッセージを日めくりカレンダーにして届けよう!

集まったメリーポイント
20,262,000merry
目標 18,000,000merry(12,000口)
支援口数
13,508
締め切り

(2020年9月30日まで)

  • ※2020年9月30日時点のデータです。
  • ※ポイント総数、支援口数の反映には時間がかかります。

プロジェクトオーナー

フェリシモMama
荒木

「ママたちを、みんなでやさしく見守りたい。
あたたかい社会の声を一緒に届けませんか?」


私は2年前に男の子を出産しました。 初めての育児、両親は遠く離れて暮らしていることもあり毎日が不安でした。私の子はよく泣く子で、8時間泣き止まないなんてこともありました。息子をかわいいと思えないと悩んだり、「自分ががんばらないと!」と強く思いすぎてしまったりと、本当に疲れてしまっていました。今思うと、悪循環の中にいたんだと思います。でも、そんな時、子育て支援センターのスタッフの方が「私が抱っこしてるからママはお昼食べて」と言ってくださったんです。その一言で「あぁ、私は一人じゃないんだ」と一気に心がラクになるのがわかりました。それから、私は周りのママにも話しかけられるようになったし、お出かけにチャレンジすることもできるようになりました。世の中には、私のように追い詰められていても、たった一言で救われるママがたくさんいると思うのです。そんなママを一人でも多く笑顔にしたい。あなたは一人じゃない、と伝えたいのです。社会全体でママたちをあたたかく包み込むような世の中づくりをしたい! 活動への応援をよろしくお願いします。

フェリシモMamaとは?

フェリシモのママ社員と、未来のママ社員たちが集まってつくったプロジェクト。プレママと子育て中のママが自分らしく、ここちよくすごす場所をつくるための活動をしています。ママの笑顔が増えますように、ママの毎日に「“今”のじぶんを楽しむ」時間やできごとが増えていきますように。それがメンバー全員の思いです。
フェリシモMama
公式サイトへ
 

もっと見る

プロジェクトに至った想い

「自分の時間」は1日1時間未満。
子育て中のママはとにかく余裕がない!

フェリシモMamaの運営メンバーはほとんどがママ社員で、子育て真っ最中。「ママが笑顔でいられることが家族にとっても一番!」という想いから、ママが「自分時間」を楽しめるイベントや情報を発信しています。その原動力となっているのは、自分たちが子育てをしているときに感じる大変さや孤独感です。

フェリシモMamaで『ママの自分時間についての実態調査』をしたところ、「自分の時間が1日1時間未満」と感じているママが、アンケートの過半数を占めていました。数十年前までの地域・社会とは違い、今は「孤育て」という言葉が流行ってしまうほど母と子の孤立化が深刻になっています。また、母と子が1対1で過ごす時間が増えたことにより、母親が自分のための時間を持てないと感じる状況が、心の余裕のなさにつながるのかもしれないと私たちは考えました。

つらい気持ちのママを勇気づけたい。
私たちにできることは何だろう

私たちは、「子どもといてもリフレッシュできる時間と場所」をつくり、ママたちにもっと自分の時間を楽しんでもらおうと、定期的にイベントを開催してきました。楽しそうなママたちの笑顔を嬉しいと思う反面、回を重ねるごとにもどかしさも感じていました。

フェリシモMama 荒木
「なぜなら、こうした場所に出てこれないほどつらくて困っているママの力になりたかったからです。見えないところで、ひとりで抱え込んでいるママがまだまだたくさんいるはずなんです。」

一心不乱に子どもの面倒を見て疲れているママ、誰にも頼れずひとりで悩んでいるママ、迷惑をかけないか不安で電車にさえ乗ることができないママもいます。そんなママたちに一歩踏み出す勇気を届けられたら……!子育てはもちろん大変でつらいことも多いけれど、明るくみんなが子育てを支えていける社会にしたいんです!

ひとりで抱え込んでいるママに届けたい

そのために私たちに何ができるだろう。メンバーで何度も議論を重ねて浮かんだのが、同じようにママたちを応援したいけど何をすればいいかわからないという、日本全国のみなさまのメッセージを集めて伝えることでした。それが毎日、ママたちの目に触れるようにできたら……! という想いで考えたのが「メッセージ入り日めくりカレンダー」です。例えば、先輩ママによる「私も赤ちゃんと一緒に泣いた日、あったよ~」といったメッセージなど、ママと赤ちゃんを励ますようなあたたかい言葉に目が留まれば、「私は一人じゃないんだ、気持ちを分かってくれる人がいる!」と思えてくるのではないでしょうか。ふと心が軽くなって、今日は児童館にいってみよう、公園で声をかけてみよう、電車に乗ってみようと、社会に味方がいる実感を持って、一歩を踏み出す勇気をみんなでつくることができるのではないかと思ったのです。

カレンダーで『みんなの想い』を届けたい。
たくさんのママを笑顔にしよう

この企画は全国にサポーターが多いほど、ママたちが地域社会に飛び込んでいく勇気となるはずなんです。そして、その好循環が、さらに子育て中のママをあたたかく見守る雰囲気を生みだす一歩となることを願っています。そのために、このカレンダーは「メリーファンディング」を通してみなさまと一緒につくりあげたい!と思い立ちました。 子育てを経験された方はもちろん、身近に子育て中の人がいる方、電車で泣く赤ちゃんを気にかけて何とかしてあげたいと思った方、日頃からニュースに心を痛めている方、すべてのみなさまにお願いです。ママたちとその赤ちゃんに、あたたかいエールを送ってもらえないでしょうか。

あるママは、子育てを「つらくて長い出口の見えないトンネルを歩いているよう」と表現しました。ママたちの心を少しでも軽くしたい、笑顔になってほしい。そう願うみなさまの思いがひとつになれば、みんなで子育てをあたたかく見守る「子育てしやすい社会」につながると思うのです。ママへの応援メッセージ、そしてメリーポイントを通じてこの活動への応援を、どうぞよろしくお願いします!

手持ちのメリーでこの活動を応援したい!




いただいたメリーポイントは、ママに届けるカレンダーの製作とその配送に関わる資金として使わせていただきます。 メリーポイントの額ごとに返礼品をご用意しております。
応援するコースを選ぶ



ママへの応援メッセージも送りたい!




カレンダーに載せる、ママに贈りたいメッセージを募集します。
例)「こんな時こそ、家族だけじゃなく、友だち!頼ってよね!!」
「家が多少散らかっても子どもが元気に育っていたらそれで花マル!」
「ママだって、泣きたいときもある。」
「子ども1歳=ママ1年生。ママだって生まれたばかり。いつも本当におつかれさま!ありがとう!」
 など、さまざまなエールをお待ちしております!

応募締め切り:2020年9月30日(水)23:59
メッセージの投稿はこちら

もっと見る

達成時のイメージ

目標メリーポイント
18,000,000merry
(12,000 口)

メッセージカレンダーを1000冊作り、子育てをがんばるママを応援する!

誰にも相談できず子育てに悩むママ。子育てに疲れて閉じこもりがちなママたちがいます。

カレンダーのあたたかいメッセージに触れ、「自分は一人じゃない」と実感が持てるようになり、前向きな気持ちで一歩を踏み出せます。

カレンダーがママの心を軽くできますように

みなさまからママを応援するメッセージを募集し、カレンダーを1000冊作ります! かわいくて、毎日めくりたくなるようにしたいと、イラストについて何度も話し合って決定。この活動に賛同いただき、「子どもと豊かに美しく暮らす」をフィロソフィーに活躍中のイラストレーター、『よしいちひろ』さんと一緒に制作することがかないそうです。

カレンダーにはメッセージと連動したイラストが入り、繰り返し使える万年カレンダーになる予定です。 完成したカレンダーは『NPO法人キープ・ママ・スマイリングさん』や『特定非営利活動法人おてらおやつクラブさん』、『任意団体asobi基地さん』を通して、周囲の支えを必要としているママに直接お届けする予定です。また、フェリシモMamaで開催するイベントでの配布や、全国の子育て支援センター、公民館や児童館、産院など、ママたちの目に触れやすい場所にも配布されるよう計画中です。

●NPO法人キープ・ママ・スマイリング
「子どもが元気になるためにはお母さんが笑顔でいられることが大切」という理念の元、小児病棟で子どもと付き添うお母さんへ美味しいご飯を届けるなど、病児や発達がゆっくりな子どもを育てるお母さんを応援する団体です。 ⇒http://momsmile.jp/

●特定非営利活動法人おてらおやつクラブ
全国のお寺にお供えされるさまざまな「おそなえ」を、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、経済的に困難な状況にあるひとり親家庭などへ「おすそわけ」としてお菓子や果物、食品や日用品をお届けしています。 ⇒https://otera-oyatsu.club/

●任意団体asobi基地
「大人も子どもも平等である」をモットーに、保育士や親たちが中心となって、子どもの「やりたい!」を引き出す様々なイベントを全国で開催中。「完全な親など存在しない」(カナダの子育て支援プログラム「Nobody’s Perfect」より)ということも大切にしながら、誰もがその人らしくいられる子育てコミュニティです。⇒https://asobikichi.jp/

これまでの取り組み

ママ・プレママ向けイベントを開催

フェリシモMamaでは2018年より定期的にイベントを開催しています。ベビーマッサージ、産後ケアのためのエクササイズ、インテリアグッズを作るワークショップ、座談会、育休後職場復帰セミナーなど、種類も多岐にわたります。

イベント開催回数:21回
延べ参加人数:1013人
(※2020年2月現在の数字です)

フェリシモMamaのイベント情報を見る

ママへのアンケート調査の実施

「ママの自分時間についての実態調査」のため、2019年2月にアンケート調査を実施し、0~2歳の子どもをもつ20~44歳の女性526名にお答えいただきました。フェリシモMamaのイベントでは、この調査をもとに、「自分時間の充実」を目指し、さまざまな取り組みを行っています。 ※アンケート結果はデータをまとめ、プレスリリースとして発信しています。ぜひご覧ください。

プレスリリースを見る

プロジェクトを応援する


Aコース:1,500merry

返礼品:サンクスレター

私たちから心をこめたお礼のメッセージに『よしいちひろさん』のイラストをのせてお届けします。

Aコース(1,500merry)に
申し込む

Bコース:7,500merry

返礼品:サンクスレター、アップル&ローズフレーバーティーバッグ2包セット

私たちから心をこめたお礼のメッセージと、アップルとローズの香りを楽しめる紅茶のティーバッグ2包セットを「よしいちひろさん」のイラストをあしらってお届けします。

Bコース(7,500merry)に
申し込む

Cコース:15,000merry

返礼品:サンクスレター、ぽち袋5枚セット

私たちから心をこめたお礼のメッセージと、『よしいちひろさん』のイラストが描かれたオリジナルぽち袋セットをお届けします。

Cコース(15,000merry)に
申し込む

【3コース共通】
●サービス内容/子育てママを応援するメッセージカレンダーの製作や配送に関わる資金の支援
※1つのコースを複数お申し込みいただいても、サンクスレターは1通になります。また、お申し込み後はコースの切り替えはいたしませんので、ご注意ください。
※プロジェクトの目標メリー額を超えた場合、募集終了時までに集まったメリーはすべて本プロジェクトの更なる支援金に切り替えて使わせていただきます。
※万が一、達成がかなわなかった場合、ご注文いただいたメリーポイントは返却いたします。
※このメリーファンディングの達成は、2020年9月30日を目標としており、達成がそれよりも早まる場合があります。
達成後2020年12月以降に、ご注文いただいたメリー額に合わせて、順次返礼品を準備し発送いたします。詳細は本ページにてご案内します。

ファンディングトップへ

facebookページで
最新情報を更新していきます。
プロジェクトメンバーからの近況報告を
是非チェックしてくださいね。

支援する
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

フェリシモメリー

ログインして現在のメリーポイントを確認