日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会

しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会

お申し込み番号:492385

月1個

¥2,300(+10% ¥2,530

定期便 3回回数限定

USEDo×日本の焼物

お店や祖父母の家でよく見かけた信楽焼の縁起物を、USEDoのキーカラーでもあるヴィンテージブルーでアップデート! “商売繁盛”のたぬき、“不苦労”のふくろう、“お金・運・無事かえる”のかえる。玄関やベランダにちょこんと置いて、思い出や伝統に想いを巡らせるのも乙です。

数量

ショッピングバッグに入れる

キャンペーンについての注意事項はこちら

■素材 / 陶器
■サイズ / ふくろう:縦約8cm、横約7.5cm、高さ約10.5cm たぬき:縦約7.5cm、横約9.5cm、高さ約12cm かえる:縦約10.5cm、横約9cm、高さ約8.5cm
※手づくりのため、ひとつひとつ色・風合い・釉薬(ゆうやく)のむらが異なります。
●毎月1回、3種類の中から、1種類ずつお届けします。(全種類届くと、以降はストップします)
(日本製)

お届けパターン:回数限定

■ マークの数字の回数だけ届くと、自動的にお届けが終了します。
■ 掲載画像の中から、毎月1種類をお届けします。
■ お届けする順番はフェリシモにおまかせください。
■ 1回だけのご注文も可能です。
ストップする場合は、お届け後にストップの連絡が必要です。

  • ※ただし、「〇回エントリーキャンペーン」など、 複数回のお届けをご予約する場合はストップできません。
  • ※「季節限定」の商品など、途中で販売終了となる場合があります。

DETAIL

  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会|もとは、火鉢や傘立、植木鉢など、暮らしに寄り添う大きな焼物を得意としている産地、滋賀の「信楽」。その信楽にある窯元で、この動物の焼物は作られています。今回、そのものづくりの秘密を探りに、窯元に訪問取材してきました。信楽の駅を降りると、まず現れる大きなたぬき。よく見ると電話ボックス(笑)。もとは、火鉢や傘立、植木鉢など、暮らしに寄り添う大きな焼物を得意としている産地、滋賀の「信楽」。その信楽にある窯元で、この動物の焼物は作られています。今回、そのものづくりの秘密を探りに、窯元に訪問取材してきました。信楽の駅を降りると、まず現れる大きなたぬき。よく見ると電話ボックス(笑)。
  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会|歩いていると、街中にたぬきがたくさん。お店の玄関先などに飾られている、たぬきやかえるの置物の歴史は古く、信楽の地で100年も前から作られているそう。現在では、たぬきの置物を作っている窯元は、大小合わせて数ヵ所しか残っていないようです。歩いていると、街中にたぬきがたくさん。お店の玄関先などに飾られている、たぬきやかえるの置物の歴史は古く、信楽の地で100年も前から作られているそう。現在では、たぬきの置物を作っている窯元は、大小合わせて数ヵ所しか残っていないようです。
  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会
  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会|このたぬきの置物は、ひとつひとつ職人の手作り。まずは、たぬきの形に彫られた型に、素材の土(泥)を流し込むところから始まります。流し込んだ土の水分を型が吸うことで、外側から固まっていきます。ある程度固まったところで、中の泥を出して型を外すと、たぬきの形が出来上がっています。そのため、底には穴が空いており、中は空洞になっています。このたぬきの置物は、ひとつひとつ職人の手作り。まずは、たぬきの形に彫られた型に、素材の土(泥)を流し込むところから始まります。流し込んだ土の水分を型が吸うことで、外側から固まっていきます。ある程度固まったところで、中の泥を出して型を外すと、たぬきの形が出来上がっています。そのため、底には穴が空いており、中は空洞になっています。
  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会|型から取り出したあとは、一定時間乾燥をします。ずらっと並んでいるのがすでにかわいい。型から取り出したあとは、一定時間乾燥をします。ずらっと並んでいるのがすでにかわいい。
  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会
  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会|次に色をつける工程に取りかかります。色はまず、目に黒い釉薬(ガラス質のうわぐすり)を塗ります。そのあと、スプレーガンで釉薬を全体に吹き付けていきます。そうすると、表面に表面に釉薬がかかったたぬきが完成します。※写真のたぬきは商品のたぬきではありません次に色をつける工程に取りかかります。色はまず、目に黒い釉薬(ガラス質のうわぐすり)を塗ります。そのあと、スプレーガンで釉薬を全体に吹き付けていきます。そうすると、表面に表面に釉薬がかかったたぬきが完成します。※写真のたぬきは商品のたぬきではありません
  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会|乾燥した後、ひとつひとつ手作業で余分な突起を取りのぞいていきます。乾燥した後、ひとつひとつ手作業で余分な突起を取りのぞいていきます。
  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会|その後、電気式の窯の中に入れ、約1200度の高温でゆっくり24時間ほどかけて焼いていきます。熱を加えることで表面に塗った釉薬が溶け、ガラス質の綺麗な色に変化します。焼きあがった後は、ゆっくり熱が冷めるのを待ち、300度ほどまで温度が下がった後に窯をオープン。その後、電気式の窯の中に入れ、約1200度の高温でゆっくり24時間ほどかけて焼いていきます。熱を加えることで表面に塗った釉薬が溶け、ガラス質の綺麗な色に変化します。焼きあがった後は、ゆっくり熱が冷めるのを待ち、300度ほどまで温度が下がった後に窯をオープン。
  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会|すると……すると……
  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会|かわいい青いたぬきたちが顔を出しました! ずらっと並んで、とてもかわいい表情。見れば見るほど愛着がわいてきます。かわいい青いたぬきたちが顔を出しました! ずらっと並んで、とてもかわいい表情。見れば見るほど愛着がわいてきます。
  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会
  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会
  • Kraso[クラソ]|しあわせを呼ぶ縁起もの信楽焼の青い動物の会|この信楽の動物たちは、インテリアとしてリビングや玄関はもちろん、ガーデニングを楽しんでいる方はグリーンと一緒に並べるのもおすすめです。長い歴史と職人の技術が詰まった、みんなに愛される信楽焼の動物の焼物。ぜひお楽しみください。この信楽の動物たちは、インテリアとしてリビングや玄関はもちろん、ガーデニングを楽しんでいる方はグリーンと一緒に並べるのもおすすめです。長い歴史と職人の技術が詰まった、みんなに愛される信楽焼の動物の焼物。ぜひお楽しみください。

「ものづくり」に込めたUSEDoの想い:青い信楽焼きの縁起物編

こんにちは、USEDoプランナーのヤノマーク店長です。


今日は、この秋にブランドが5周年を迎えるにあたって、「ものづくり」に込めたUSEDoの想いをお伝えしたいと思います。

青い信楽焼きの縁起物1

USEDoというブランド名は、USE(使う)+Do(生み出す)という言葉を組み合わせた造語です。


「使う」ほど愛着が「生まれる」。そんな生活道具をみなさまにお届けしたいと考えて名付けました。


ブランドを立ち上げたきっかけは、ひとりの男性として「男性も、もっと生活雑貨を楽しめたら」という気持ちからで、いまではメンズライクなものが好きな女性にも楽しんでいただけるような 「男子ざっか」を作っています。

青い信楽焼きの縁起物2

「愛着が生まれる=長く愛される」ということで、2019年秋には実際に長く愛されいている日本の伝統工芸品「信楽焼」とコラボレーションし、縁起のいい動物たちの置き物を作りました。


今、暮らしの道具たちはどんどん便利になってきています。


でも、僕はただ便利にだけなればいいとは考えていなくて、日本の伝統工芸品のように長く愛される「愛着を感じられる日用品」を作りたいと考えています。

青い信楽焼きの縁起物3

商品に愛着を感じてもらうために、USEDoの商品には「他に代えがたい」という魅力を持つヴィンテージ・古道具・古着の雰囲気を取り入れています。


買い替えできないもの、代用できないもの、自分だけのもの。


みなさんにそう感じてもらえる商品を生み出すことが、USEDoの「ものづくり」です。

青い信楽焼きの縁起物4

また、USEDoはブランドとして「ふだんの暮らしの中にあるものを、

もっとかっこよくしたい」とも考えています。


この信楽焼の動物たちのように、あらためて見てみると味わい深い素敵なものが、暮らしの中にまだまだたくさん隠れているからです。

青い信楽焼きの縁起物5

信楽焼の動物たちを見たときは、迷わず「USEDoのキーカラー『青色』にするとかっこいいだろうな」と思ったので、職人さんにお願いして特別カラーで作ってもらいました。


現代版にアップデートされた信楽焼の縁起ものたちは、現代の部屋に違和感なくなじむインテリアに生まれ変わり、いまでは人気商品になっています。

青い信楽焼きの縁起物6

左から、「お金が還る」「無事に帰る」「若返る」と言われるカエル、「他を抜く」から転じて金運・開運・勝負運・商売繁盛などのご利益があると言われるタヌキ、「不苦労」と字をあてられるため幸運を呼ぶと言われるフクロウ。

青い信楽焼きの縁起物7

インテリアとして気軽に楽しんでいただけるように、手のひらサイズにしました。

青い信楽焼きの縁起物8

例えばベッドサイドに。

青い信楽焼きの縁起物9

ちょっとしたデスクまわりのアクセントにも。

青い信楽焼きの縁起物10

インテリアになじむように何度も釉薬を調整した「青色」は、木や植物とも相性抜群。

USEDoの「ものづくり」を通して、信楽焼の動物たちがより長く愛されるようになればうれしい限りです。


これからも、使うほど愛着が生まれる「USE(使う)+Do(生み出す)」なブランドとして、みなさまの暮らしをかっこよく・便利にしていきたいと思います。


節目の5年目を迎えるUSEDoを、どうぞよろしくお願いします♪

Shopping Guide お買い物ガイド
定期便とは

定期便は、お申し込みいただいた商品を、色柄・デザイン違いで毎月1回お届けするのを基本とした販売スタイルです。ファッションアイテムは、ご自身でワードローブを編集しやすいよう、ご希望のデザイン・カラーを一度だけお届けする「ジャストワン」商品を中心にご案内。それ以外の「毎月お届け」の商品(~の会)は、お届けするデザインをフェリシモにお任せいただいています。
欲しいものを選ぶ「ジャストワン」の楽しさ、箱を開くまで届くデザインがわからない「毎月お届け」のワクワク感。両方あわせてお楽しみください。
ジャストワン以外の「毎月お届け」の商品をお申し込みの際も、 もちろん1回だけでお届けをストップしてもOKです!

欲しいものを選ぶ楽しさ。

ご希望のものを、お申し込みのあったその月だけお届けします。
まさにコレ!が欲しいときに。

ドキドキ、ワクワクの楽しさ

どんな色が届くかな?毎月の箱を開くワクワク感をお届けします。
毎月、自分にプレゼントが届く感覚でお楽しみください。

Q&A よくあるご質問

?「~の会」 は、1回始めるとやめられませんか?

いいえ、やめたいときにやめられます。1回だけのお買い物でももちろん大丈夫です。

1回だけ(ひとつだけ)申し込みたいときは?

インターネットでお申し込みの場合、「次月ご注文フォーム」に、ご購入いただいた「~の会」が表示されています。インターネットでご案内の期限内にその数量欄を「0」にしてご連絡ください。翌月のお届けをストップします。(「ジャストワン」は1回限りのお届けのため表示されません)
1回だけ、商品ひとつだけから、お気軽にお申し込みください。

?デザインは選べませんか?

ワンパターン、ジャストワンはデザインをご指定いただけます。それ以外の商品は、お届けするデザインや順番はフェリシモにおまかせいただいています。思いがけない発見や、新しいスタイルが見つかることも。

ページのトップへ

Kraso[クラソ]