日本国外にお住まいの方はこちら

For non-Japanese residents, please click here

居住在日本以外的客戸, 請按此

居住在日本以外的客戸, 請按此

Presented by くらそび『災害の備えで大切な考え方』そのもしも、は突然やってくる

避難所編 避難所へ行くことになった時、自分ひとり分、非常時に必要なもの、何を持っていくかな?

1 繰り返し使える道具

消耗する電池やバッテリーは、どれだけ備えても心配で……。

自分が使う頻度を想像して長持ちするものを持とうと思う。

災害時正しい情報を得ることはとても重要で
携帯電話やラジオは友だちや家族との連絡、
地域の状況を知るためのライフライン。
だとしたらモバイルバッテリーは必ず持っておくのがいいよね。
避難所近くに電話ボックスがあるなら
通話は電話ボックスにして使い道を分けるとかね。
電池の消耗が心配な懐中電灯も
長持ちするLEDを用意するのがいいと思わない?

2 消耗品ー食料

非常食は、あれこれと長期保存のものが必要? 水と缶詰めさえあればいいような……。

僕なら、空腹をしのぐものでなく心を満たすものを持って行くかな。

避難所での食事はホッと落ち着く息抜きの時間。
気持ちも満たす好きなものを食べたいと思わない?。
僕は「ローリングストック法」で
日常生活に消費するものをふだんから備蓄しています。
食べてすぐエネルギーに変わるナッツ類は必ず常備しているよ。
ゴミを思うと缶詰めは考えたいところだね。

3 消耗品ー日用品

我慢しないといけない、という固定観念を外して、いかに快適に過ごすかってことも考える。

慣れない避難所で過ごすことは想像するよりタフかもしれない。
そんな時、少しでもストレスを軽減して
気持ちを癒やすグッズがあると助けになるよね。
アロマや読書、音楽を聴くなどで心の安息を保つことも必要だと思う。
避難所に用意してそうにないものコンタクトケースや眼鏡とか、
夏だと扇子や虫除けスプレー、冬はカイロやブランケットと
季節に応じた備えも大切だよね。

今回のおさらい

ここに書いた持ち物はほんの一例。その時の自分の状況に合わせて(避難場所に行く場合、自宅待機する場合など)考えて必要なものを備えていこう。マニュアルに従うだけではなく「自分モードでものごとの本質を考えること」が大切だよね!

フェリシモの雑貨 防災アイテムをもっと見る

くらそび おすすめアイテム 味わいのあるストライプ柄のタオル

くらそび おすすめアイテム 味わいのあるストライプ柄のタオル

入れたり、巻いたり、着てみたり、
タオルの使いみちはいつだって、自由。
用意するものはタオルとひも、安全ピンに針と糸。
それだけあればふだん使っているタオルが簡単に形を変えて応用できます。今回のポイントは役目を終えたらまたもとのタオルに戻せるように、仕立ては簡単にしてザクザク縫うこと。タオル地はふんわりしているので縫い目に失敗しても穴が目立たないので風合いを損なわず仕立てられます。お出かけのかばんに付けてふだんからさりげなく持ち歩けば、もしものときにも役立ちますよ。タオルのほかにフェルトやウール、ただの布切れでもOK!端がほどける布でもフリンジ仕様にすれば見た目もかわいく素敵です。

くらそび おすすめアイテム 味わいのあるストライプ柄のタオル

SHAMUA 松橋 恵理(まつはしえり)

PROFILE:
SHAMUA 松橋 恵理(まつはしえり)
フランスの蚤の市で買い付けたヴィンテージ雑貨や、ハンドメイド作品がそろうショップ&カフェの店主。
フェリシモの雑貨 タオルをもっと見る

くらそびPC

MAIL PC

くらそびSP

MAIL SP

カテゴリ

  • キッチン・食器
  • インテリア
  • 収納
  • バッグ
  • ポーチ・財布
  • ファッション雑貨
  • 寝具・バス・サニタリー
  • 掃除・洗濯
  • 子ども服・子ども雑貨

RECOMMEND おすすめ

  • 人気ランキング
  • リピートランキング
  • ベストセラー&ロングセラー

ページのトップへ

Kraso[クラソ]

TOP