こんにちは。インテリアコーディネーターの川上ユキです。コラムを読んでいただき、ありがとうございます!

いろいろなアイテムに興味はあるけれど、やっぱり片づけなきゃ…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。時間がないときや暑い・寒い時期は、行動を起こすのが面倒です。

「モチベーションゼロだけどできる、片づけってある?」「ええ、ありますとも!」 ということで、今回はやる気がなくてもできる、片づけアイデアのご紹介です。

部屋が散らかって…という方に、推しの片づけ

いろいろな理由で、人にはやる気のないときがあります。そんなときの片づけは、「一網打尽」系に限ります。

「一網打尽」系とは、部屋の隅で散らかるモノを、大きな収納用品でいっきにしまう、片づけです。方法こそ少々、大味ですが、部屋はすっきり、気分は爽快、しっかりと結果が感じられます。

昨年からおうち時間が長くなり、これまでとは、部屋の使いかたや過ごしかたが変わっています。変化のなかで、知らぬ間にモノが増えていないでしょうか。

部屋は新しい行動が増えたとき、散らかりやすくなります。
たとえば、子どもが昆虫に興味を持ち始めた。家族が筋トレを始めた…行動が変わると、想定外のモノが増えます。こうしたモノは従来の収納に行き場がなく、新しい収納場所を作らないと散らかってしまいます。

とくに気をつけたいのが、「名もなきモノ」です。
Tシャツ、文房具、お菓子といった名前のあるモノは、定位置が決めやすいですが、「名もなきモノ」は分類がしづらく、しまう場所がなかなか決まりません。そのため、より放置しやすくなります。

あとで見ようと思ったカタログに、書類の山、整理しようと積んだままの子供服。ヨガマットや健康グッズを買ったけど、使ったり、使わなかったり…。何となく部屋に溜まっているモノ、これが「名もなきモノ」です。

片づけが面倒だなというときは、こうしたモノを「一網打尽」で片づけましょう。用意するのは、量に見合う収納用品。ここを新しい収納スペースとして、しまいきります。細かい分類はさておき、「今、この部屋で使うもの」というくくりで、まとめればOKです。

収納用品に入れ、しまう範囲が決まることで、あいまいな存在から、管理されたモノに変わります。「これ以上増やさないでおこう」という意識も働きます。積んであったごちゃごちゃが収納用品に隠れることで、部屋の見た目もすっきりします。

この片づけをオススメする理由は、決着が早いからです。

気乗りしないときは、集中が続きづらくなります。細々とした整理や計算のいる片づけは終わりが見えず「あー、もう、やーめた」と、途中で投げ出しがち。中途になった片づけは、時間も労力も無駄になり、部屋にもよくありません。

細かく丁寧な片づけは、時間をとって本気で対応したほうがうまくいきます。ですから面倒なときは、無理に集中力のいる片づけに着手せず、「一網打尽」系のような早く終わる片づけに徹する。そうしてすこしでもストレスレベルを下げたほうが、生活全体のプラスになる、というのがわたしの考えです。

たとえば、こんな場所のこんな散らかりを変えるといい

部屋に散らかる、「名もなきモノ」には特徴があります。

  • 分類がしづらい(=だから、これまでの収納先にしまえない)
  • サイズが大きい、またはバラバラ(=だから、空いた場所に入らず、放置される)
  • すぐ使う(=だから、出しっぱなしになる)

ですから、無理に分類しようとせず、ひとくくりにまとめたほうが使い勝手がよくなります。きっちりしまう収納用品では、面倒になって、床や周辺に置いてしまいますから、気軽に出し入れできる「ざっくばらん」な収納用品が向いています。目的は、定位置を決めて、それ以上広がらないようにすること!です。

①リビング・ダイニング ⇒リモートワークで使う仕事のもの
パソコンをはじめ仕事の資料がテーブル付近で散らかっていませんか。トレイが1つあるだけで定位置ができて、あちこちに置くのを防ぎ、移動もラクになります。

②リビング・ダイニング ⇒家族の趣味のもの
趣味のモノがリビングの床を占拠していませんか。おもちゃや遊びのモノはすぐ使うので、表に出しっぱなしになります。多目的なカゴやボックスにまとめて、まず定位置をつくりましょう。範囲を広げないことで、部屋も狭くなりません。

③リビング・ダイニング ⇒後回しの用事
後でするから…と、まとめてあるモノが溜まっていませんか(子供の洋服、片づけ前の書類など)収納用品にまとめれば、ごちゃつかず、きちんとした「作業中」のように見えます。

④リビング ⇒取り込んだ洗濯もの
取り込んだ洗濯ものが長い間、床に広がっていませんか。平らなバスケットにまとめれば見苦しくなりません。今までより家族の密度が高くなっています。床置きを1つでもへらすと部屋が広く感じられます。

⑤ベランダ・庭 ⇒園芸用品、ガーデングッズ
庭やベランダに植木鉢や土、スコップが散らかっていませんか。片づければ、ベランダ内の移動がラクになり、部屋から見える外の景色も心地よくなります。

⑥キッチン ⇒ 仮置のもの
家にいる時間が長いと食品やお菓子のストックも増えます。置きっぱなしの食品はキッチンの作業場を狭くし、気分も窮屈に。広がらないよう、ボックスにしまいきって場所を固定させましょう。

「散らかり」を片づけて、おしゃれに見せる方法

「一網打尽」系の片づけは、散らかったモノを収納用品に入れれば完了、ですが、もうひと工夫することで、部屋もすてきに見えます。余力があれば、ぜひ試してしてみてください。

POINT 1 基本、中身がバレないように大きな収納用品を使う

カゴから中身があふれると、見苦しさが出てしまいます。基本、サイズは大きめで中身がしっかり隠れるようにしましょう。素材も自然素材に近いほうが、部屋のなかで浮きません。

POINT 2 布でちょい隠し、こなれ感を出す

カゴ類は上が空いていて、中身が丸見えです。部屋の雰囲気に合う布をかぶせて目隠しを。

POINT 3 まわりにもう1つグリーンなどを合わせる

ドライフラワーや花瓶など、もう1アイテム足して飾ると、「おしゃれなモノが入っている?」と錯覚、生活感が消えます。

川上ユキ インテリアコーディネーター
コクヨ株式会社退社後、インテリアコーディネーター資格を取得し、活動開始。ハウスメーカーと協働でくらし研究や商品開発を行う。また、インテリア・収納にとどまらない暮らしかたの提案に定評があり、セミナー、雑誌、テレビなどで活躍。著書は『カエテミル』シリーズ、『心とカラダがやすまる暮らし図鑑』など多数。

ホームページ
インスタグラム

フェリシモ編集者がおすすめする、今回のコラムにぴったりな商品をご紹介!

キッチンの“使いかけアイテム”の指摘席に。

使いかけの食材や食べかけのお菓子など、すぐ使うけど出しっぱなしにしたくないものはこちらのボックスに。本物の木の風合いを表現しながら水にも強いから、キッチンなどの水回り収納にぴったりです。

am&be Creer〈クレエ〉モクメレクタングルボックス ローふた付き

1個 ¥1,500(+10% ¥1,650)

リビングのポイポイ収納に。

目に入るだけでげんなりする、散らかった子どものおもちゃや洋服を一網打尽! ふた付きなのですぐに目隠しできて、ころんとかわいらしいフォルムがお部屋のアクセントにも。

am&be 洗えてしなやか ふた付きで目隠しできる セネガル風バスケットの会

月1個 ¥4,800(+10% ¥5,280)

寝室のかさばるファブリック類に。

朝脱いだパジャマはこちらにどうぞ。かさばるブランケットやバッグの一時置きにもおすすめです。目隠しになるふたはスマホや読みかけの本を置くサイドテーブルにも。

am&be ふたを閉めるとちょい置き棚に ざっくり入れにちょうどいいふた付きかご

1個 ¥5,300(+10% ¥5,830)

この記事に登場したブランド

am&be [アンビィ]

いまより素敵で快適な暮らしを提案するブランド。
ミニマリストのような美しく整った部屋にもあこがれるけれど、「きっちり・こまめに」は、ちょっと腰が重いから。自分を満たせる暮らしを、私らしく、手の届くところから。

ブランドサイト:am&be
インスタグラム:am.and.be

ITEM

CATEGORY

BRAND

SEARCH

PICK UP

  • 新作デジタルカタログ
  • カタログ無料プレゼント!