フェリシモ >  IEDIT[イディット] >  人気スタイリスト福田麻琴さんと作りました【IEDIT】

FUKUDA MAKOTO × IEDIT 人気スタイリスト 福田麻琴さんと作りました人気スタイリスト 福田麻琴さんと作りました

ちょっと特別な“普通の服„ 着回し、たくさん楽しんで下さいね!

今まで着ていた服が「なんだかしっくりこなくなってきた」と、感じたことはありませんか?
そんなIEDIT世代の女性たちの心に寄り添う服とスタイルを、
大人気スタイリスト福田麻琴さんからご教示いただく、夢のコラボ企画が実現!

福田麻琴さん

FUKUDA MAKOTO 福田麻琴さん @makoto087 女性誌を中心に広告、CM、カタログ、タレントのスタイリストして活動。フランス留学の経験も。洗練されたカジュアルスタイルに定評がある。一児の母。

  • 毎回大人気のスタイリスト福田麻琴さんコラボアイテム、第五弾が登場です。今回の新作は、夏から秋、春まで着まわせる、ニット素材のロングガウンカーデ&五分袖トップスのアンサンブルと、キャミワンピとしても着られるロングスカート。
    秋アイテム企画の打ち合わせで福田さんがまずおっしゃったひとこと、「最近、秋って本当に短いですよね、夏が年々暑くなってて、長い!!『秋になったら着よう』と思って買っても、ほとんど着られなかった、みたいなことになっちゃったり……」IEDITスタッフも激しく同意。「まだ暑いうちから秋気分で着られて、あいまいな季節も活躍して、着こなし次第で冬にも春にも、そんな服ってどうですか??」福田さんのご提案に、IEDITスタッフ再び激しく同意! 今回は、「夏から春まで季節をつなぐ、着まわし自在な服」をテーマに企画がスタートしました。

  • ITEM 011
    ITEM 011

    気温に合わせてロングシーズン楽しめる!
    きれいめ素材で作った
    着まわし自在のニットアンサンブル

  • 秋アイテムのコラボ企画、ありがとうございます。秋って過ごしやすくって、「おしゃれしたい!」という気持ちが盛り上がる大好きな季節なのですが、最近の夏はいかんせん暑くて長すぎる!でも早く秋の服を着たい……!いつもそんなジレンマがあるんですよ。そんなジレンマを解決できる、まだ暑い時期から使える五分袖のニットと、さっとはおっておしゃれ見えするガウンカーデのアンサンブルを作りました!

    ニットトップスにロングニットカーデ。ベーシックなアイテムだからこそ、こだわりがいがあるというもの!シンプルに見えますが「お、いいな!」と思っていただけるような「麻琴マジック」を今回もたくさん仕込んでおりますよ!(笑)

  • まずはやっぱりニットの素材。きれいめ見えするハイゲージで、さらっとした着心地で、もっちりとした伸縮性もある綿混のものをチョイスしました。ちくちくしなくてすごくいいんですよ。カラーは、カーキやブラウン、キャメルと迷ったのですが、一番着まわしやすい薄すぎず、濃すぎないグレーにしました。このグレー、濃い色のボトムスでも淡い色のボトムスにも合わせやすいので、コーデを考えるのがラクですよ。

  • まず五分袖トップス。まだ暑いうちから着やすいっていうのはもちろんなのですが、七分袖や長袖だと、カーデといっしょに着たときにもたつきが気になるし、半袖だと二の腕プルプル(笑)が気になっちゃうので、ほどよく袖幅にゆとりをもたせた五分袖にしました。

  • ネックラインは何度も調整して、秋らしく着られるように、そしてカーデと重ね着してもきれいに見えるように、少しだけ首に沿うプチハイネックにしています。

  • そして丈感は、ウエストインしてもアウトにしてもちょうどいい長さに。すっきりとしたシルエットで袖のリブもすそのリブも締まりすぎないようにしているので、Tシャツ感覚で着られます。シャツやジャケットのインに使うのもおすすめです。

  • さて続きまして長袖のガウンカーディガン。こちらも、「まだ暑いけど、朝晩はちょっと秋の気配……」そんな時期から大活躍のお品となっております(笑)。先ほどの五分袖トップスに合わせて着るのはもちろんのこと、半袖トップスにデニムのようなシンプルな夏スタイルにさっとはおるのもおすすめな、前開きの着流しタイプ。肩落ちでリラックス感がありますよ。袖リブを少し長めにしているのでプッシュアップしやすいのもポイントです。

  • 前立て部分は細めにしているのですっきり見えて、取り外せる共布のリボンベルトを使って、前を閉めて着るのもきちんと感がアップして素敵。(あ、あると絶対便利なポケットもちゃんと付いてますよ!そうそう、おうちで手洗いOKなのも、忘れずにお伝えしておきますね(笑))

  • スタイルがよく見えるように、リボンの位置をちょっと高めにしたり、結びやすくてこなれて見えて、じゃまにならないちょうどいい長さにしたりと、リボンにもかなりこだわりました。(ちなみに今回のコラボの打ち合わせでは、オンライン会議が大活躍)

  • ロング丈だとやっぱり欲しくなるスリット、しっかり入れてます(笑)。脚さばきがよくなるだけじゃなくって、下に着ている色や柄を見せるのもおしゃれの楽しみのひとつ。ワンピースの上にはおるのもおすすめです。

  • 暑いうちは五分袖トップス一枚、または、お手持ちのTシャツにガウンカーデをオンするコーデ、もう少し季節が進むとアンサンブルで着て、もう少し寒くなったらカーデのインを長袖にして……と、気温に合わせてスイッチコーデを自在に楽しめるアンサンブルができました!

  • ITEM 012
    ITEM 012

    小柄ペイズリーが大人顔!
    ふんわりティアードで着映える
    キャミワンピにもなる2-WAYロングスカート

  • ニットアンサンブルに合わせるボトムスは、コーデュロイにしようか、レースもいいな、はたまた柄物か……いろいろと迷っていたところ、プランナーHさんから「オリジナルプリントもできますよ。」となんともうれしいお声掛けが!「ぜひぜひオリジナル柄を!」とお願いして、大人っぽく使えるオリジナルの総柄2-WAYスカートを作ることにしました。

    わたしがずっと前から愛用している、ストラップを取り外しできてキャミワンピにも使えるスカートが「着まわし自在」で本当に便利なので、このスカートも、取り外せて長さ調節できるストラップを付けました。カラーは、アンサンブルのグレーと相性のよいグレイッシュブルーをベースに、引き締めカラーのブラックで、小柄のペイズリーと繊細な花々を散りばめたオリジナル柄です。

  • ウエスト部分は総ゴムなので、ストラップを取り付けて胸上まで上げて着るとキャミワンピに。素肌に一枚で着たらリゾート気分でらくちん、こんな感じにTシャツなどの上に着るのももちろんおすすめ。すそに前後差を付けていて、切り替え部分でほどよくふんわりするのがかわいいんです。

    ちょっとシボ感がある、透け感が気にならないジョーゼット素材なので、インにタイツなどを合わせると寒い季節にも着られるスカートです。しなやかな落ち感でしわになりにくいのもうれしい!

  • 「オリジナル柄、やりたい!」と意気込んだものの、実はこれがかなり大変でした……(苦笑)プランナーHさんといっしょにいろいろな図案集を見たり、色をどうするか悩んだり……柄の大きさや配置がちょっと変わるだけで、印象が大きく変わるんです。「ちょっとペイズリーが多すぎて虫みたい?!」「もうちょっと花感が欲しい!」とか何度も調整しました。いやぁ、柄の世界は奥が深いです本当に。おかげで、総柄だけど飽きのこない、ヴィンテージ風の素敵な柄ができました。

  • 柄と並行して企画をすすめた2-WAYスカートのシルエット、キャミワンピとして着ても、スカートとして着ても素敵に見えるように、丈感や切り替え位置、広がりすぎないギャザーのボリュームなど、微調整を繰り返しました。

  • 暑さが残る時期はキャミワンピとして、秋や冬、春は、シルエットが着こなしのアクセントになるスカートとして大活躍の、オリジナル総柄の2-WAYスカート、ぜひ、ニットアンサンブルといっしょに、長いシーズン着まわしを楽しんでくださいね!

福田さんとのコラボ企画担当 IEDITプランナーHのコメント

IEDITは「どちらも大切は美しい」をモットーに、「どちらか」しか選ばないのではなく「どちらも」大切にして、限りある時間の中で、素敵に、美しくありたい。そんな人によりそえるような服づくりをしていきたいと思っています。
新商品の企画会議で、わたしがぜひコラボしたいと提案したのが、福田さん。その理由は、30代も後半にさしかかってきて、今まで着ていた服がなんかしっくりこなくなってきたなーと思うことが増えてきたときに、福田さんの「38歳から着たい服」というとても素敵な一冊に出会ったからです。
第一線でスタイリストとして活躍されながら、一児のお母さんとしての顔を持つ福田さん。
ベーシックだけど、きちんとしていて、大人っぽさや女性らしさもあるスタイリングに定評のある福田さんといっしょに商品を作れたら、きっとIEDIT世代のお客さまたちに響くアイテムができそう、と思い、アプローチしたところ、ご快諾いただいてコラボ企画が実現しました。
実は、福田さんは、IEDITやリブ イン コンフォートでも、よくスタイリングをお願いしているスタイリストさん。フェリシモのことをよく知っていてくださるし、いっしょにお仕事をさせていただいたスタッフは、みんな福田さんのファンになってしまうほど、スタイリングはもちろん、笑顔やお話もとっても素敵な方。
どのコラボアイテムも、福田さんのこだわりがたくさんつまっていて、本当に使えて、いろいろなコーデに使えて、しかもおしゃれな仕上がりです。ぜひ、次回もお楽しみに。

IEDIT トップページへ