フェリシモ >  IEDIT[イディット] >  人気スタイリスト福田麻琴さんと作りました【IEDIT】

FUKUDA MAKOTO × IEDIT 人気スタイリスト 福田麻琴さんと作りました人気スタイリスト 福田麻琴さんと作りました

ちょっと特別な“普通の服„ 着回し、たくさん楽しんで下さいね!

今まで着ていた服が「なんだかしっくりこなくなってきた」と、感じたことはありませんか?
そんなIEDIT世代の女性たちの心に寄り添う服とスタイルを、
大人気スタイリスト福田麻琴さんからご教示いただく、夢のコラボ企画が実現!

福田麻琴さん

FUKUDA MAKOTO 福田麻琴さん @makoto087 女性誌を中心に広告、CM、カタログ、タレントのスタイリストして活動。フランス留学の経験も。洗練されたカジュアルスタイルに定評がある。一児の母。

スタイリスト福田麻琴さん×モデル牧野紗弥さんスペシャル対談はこちらスタイリスト福田麻琴さん×モデル牧野紗弥さんスペシャル対談はこちら
  • 大好評のスタイリスト福田麻琴さんコラボ、第四弾が登場です。
    今回は、大人の夏にうれしい、ありそうでなかったスイムウェアとラッシュガード、シンプルなキャップ。 「夏らしい企画がしたい」ということで、IEDITプランナーHから「思い切って水着なんてどうでしょう?」と福田さんにご提案。大人になって泳ぐ機会は減るけれど、子どもの付き添いで水着が必要なことって意外とあって……ママも多いIEDITスタッフからも「ぜひ福田さんの水着が欲しい」とリクエストが。福田さんも「分かります!探しても、本当に無いの!」と共感してくださって、企画スタート。「やっぱり体形カバーも日差しも気になるよね!」ということで、大人でおしゃれなラッシュガードとキャップの企画もお願いしました。

  • ITEM 008
    ITEM 008

    普通の服みたいに着られる、
    着やすさと安心感にこだわった
    シンプル&スマートなスイムウェア

  • もう第四弾!今回もありがとうございます。プールや海に連れて行ったりとか、水遊びに行ったりとか、どうしても必要になって、「今持ってるのはもう何年も前のだし……」って買いにいったら、すごい露出だったり派手派手だったり……着たいのも着られるのも無い!なんていう大人の水着問題、まるっと解決しちゃいましょう!(笑)。

  • もう露出はいいんです!「寄せて上げて」もいいんです!「ポロリもあるよ!?」ありません!(大人代表の発言(笑))!ストレスなく普通の服みたいに着られて、シンプルだけど見せたくないところはしっかり隠せて、しかもおしゃれ見えする。大人だから、ワガママにいきましょう。

  • トップスは、いつものインナーのように着られるキャミソールタイプで、胸もとも背中も露出しすぎないシンプルなまっすぐラインに。肩ひもにはアジャスターを付けました。「わきのハミ肉」も嫌ですもんね、わきのくりにもこだわりました。もちろんおなかもカバーしましょう、ぴったりしない、絶妙シルエットなんです。

  • ただカップを内蔵しているだけではなくって、ビキニトップスにキャミソールを合わせたような安心の二重仕様。カップは取り外して別に手洗いできます。(この部分が難しかった……!でも、納得の仕上がりです)

  • パンツもスポーツのときにはくようなショートパンツタイプに。おしりのラインを拾いすぎないシルエットで、丈感やすそ幅も「水に入ったときにじゃまにならない&なるべく隠れてぴたぴたしない」をかなえられるように、何度も何度も修正しました。

  • 股上は深めで、しっかりとインナーショーツがついているので安心です。ウエスト部分のゴムはすっきりとシンプルなので、トップスと合わせてもあたりが出にくくきれい。

    UVカットのしなやか&なめらかな気持ちいい生地で、やさしげに見える(おなじみの重要ポイント!(笑))セージグリーンをチョイス。色白の肌の方にも、健康的な肌の色の方にも、みんなに似合うカラーです。

    ありそうでなかった自信作、大人のスイムウェア。これを着てビーチへ!早くそんな日が来てほしいですね。

  • ITEM 009
    ITEM 009

    日差し対策と体形カバーだけじゃない!
    おしゃれも楽しめるラッシュガード

  • 「とりあえず水着だけじゃ恥ずかしいから……」「とりあえず着とかないと日焼けが……」「とりあえずこれでいいか……」ラッシュガードって、そんな感じで着ることが多いんじゃないかな、って思います。せっかく着るなら、ちゃんと対策しつつも、おしゃれで「着たい!」って思えるものじゃないと!ということで、ラッシュガードも作りました。

    よくあるパーカータイプではなく、少し長め丈で、Aラインのプルオーバータイプにしました。ラッシュガードですが、水辺だけじゃなくて、ちょっとホテルのロビーにもそのまま行けたり、ウォーキングのときにも着られたりする新鮮なデザインにしてみました。

  • かさっとした、薄くて軽い着心地の素材です。ストレッチもきいていますよ。乾きやすいのも魅力!
    衿の部分は、ちょっとハイネックにして、袖口には親指ホールを付けて、手の甲までカバーできるようにしています。

    衿の部分と袖口は、着脱のしやすさやプッシュアップのしやすさを考えて、よりストレッチ性の高い生地に変えました。

  • そのまま着るとゆったりとしたAラインで、すその内側に入れたゴムコードをしぼると、水に入ったときにも安心なコンパクトなシルエットにチェンジ。このシルエットと仕様、苦難の末にやっと完成したんです!

  • すとんとまっすぐなシルエットだと普通すぎて素敵じゃないし、Aラインは見た目のアクセントになるけれど水に入ったときに動きにくくなるし、ゴムコードが外側に出ているとスポーツ感が強くなってしまうし……ということで、試行錯誤して思い切ってAラインのシルエット×ゴムコードを内側におさめることで、この形が完成しました!

  • こだわりは細部まで抜かりなく、おしりをカバーできるように後ろすそを少し長めにして、あると絶対何かと便利なファスナーポケットを右側に付けました。「あれ!?ロッカーのカギは!?」「あ、小銭がいる!!」ありますよね、こんなシーンが(笑)これ、本当にオススメですよ!納得の仕上がりです。

  • ITEM 010
    ITEM 010

    薄くて軽くて乾きやすい!
    「何もない」のが「とてもいい」キャップ

  • ラッシュガードの薄くて軽い素材がとてもよかったので、同じ素材でシンプルイズベスト!なキャップも作りました。キャップも、探すとほんっとに無いんですよね。「これいいけど、濡れちゃまずいよな……」とか「なんでそこにそんなロゴが……」とか(笑)。

  • とにかくシンプルに、オールブラック。オーソドックスな形のつばのところにだけしんを入れて、くしゃっとしてもOKな薄くて軽い仕上がりです。ラッシュガードと同じ素材なので、濡れても乾きやすくて、手洗いOK、UVカットもばっちり。

  • 少し大きめで、ゴムアジャスターで調整できるようにしているので、ユニセックスで使えます。旦那さんとおそろい、なんてのも素敵かも。後ろ姿にちょこんとゴムが見えるのが、ほんの、ひかえめなアクセントになっています。最後の最後にサービスショット!?サンプル確認中にうっかりドロボーみたいになってしまった画像です(笑)。

  • 大人の「ありそうでなかった」夏の3アイテム、いかがだったでしょうか?プールに行きたい、海にも行きたい、キャンプしたい、バーべキューもしたい!そんなみんなの思いが、早くかないますように。

  • Special Conversation
  • スタイリスト福田麻琴さん
    ×モデル牧野紗弥さん
    スペシャル対談
    「旅について」&
    「お互いのコラボアイテムについて」
  • IEDITカタログの「リッチカジュアル」ブロックやお互いのコラボアイテムページで、スタイリスト&モデルをご担当してくださったいる福田さん&牧野さん。撮影現場はいつもとってもにぎやかで、楽しい雰囲気なんです。実はプライベートでも大の仲良しのお二人、今回、あえて改めて「対談」していただきました!(笑)軽快なやり取りをお楽しみください。

  • スペシャル対談第二章
    「お互いのコラボアイテムについて」

  • 2020年夏、福田さんコラボではスイムウェア・ラッシュガード・キャップを、牧野さんコラボではリュック・ポシェット・スカートセットアップを企画していただきました。どれもとても素敵な仕上がり。お互いのコラボアイテムの感想や、企画の裏話などをお話しいただきました!

    ~対談第一章「旅について」はこちら(牧野紗弥さんコラボサイトへ)~

  • ―IEDITスタッフ:さてさて、第二章もよろしくお願いいたします。今回、福田さんはスイムウェア・ラッシュガード・キャップを、牧野さんはいっしょ買いのリュックとポシェット、そしてスカートセットアップを企画していただいたのですが、どのアイテムもすごく使えそう!お互いのコラボアイテムについて、コメントいただけますでしょうか。

  • 福田さんコラボ ラッシュガード・キャップ

  • 牧野さん:今までに見たことないラッシュガード、さすがだなと思った!ピタっとしてるのはたくさん売ってるけど、そういうのって体形カバーできないじゃない?これはほどよく丈も長いし、シルエットもきれいだし、キャップと同じ素材っていうのも、合わせて使っておしゃれにまとまる。さすがカジュアル上手な麻琴さんだなって。これみんな絶対欲しいと思う!

    福田さん:よかった~!!これすっごく試行錯誤したのよ。ピタっとしているのはほかでも売ってるし、やっぱり体形カバーも気になるし。スポーティーなファッションの延長で、ラッシュガードを服っぽく作りたくて。プールだけじゃなくて、ジョギングでもお散歩でもキャンプにも使えたらいいなーって。キャップもたくさん持ってるけど、濡れてもすぐに乾く素材だったらうれしいなと思って。あと、大人が使えるシンプルなキャップってなかなかないじゃない、「そのロゴいらない!」みたいな(笑)。

    牧野さん:そうだよね、大人シンプルで素敵!

  • 福田さんコラボ スイムウェア

  • 牧野さん:このスイムウェアもいいよね、絶妙なカラー、セージグリーン。なんでこれキャミにしたの?

    福田さん:保育園の友だちとかとプール行ったりしてたときに、「『寄せて上げて』はもういらないから、シンプルに服の延長みたいな感じの水着があったらいいのに」っていつも思ってたの。健康的でなおかつシンプルな。いつもスポーツブランドのを着てたんだけど、デザインが結構入ってたり柄が派手だったりするから、もうちょっと普通の服っぽいのがいいなと思って。

    牧野さん:撮影のときにサファリシャツをはおったんだけど、上に何かはおってもきれいに着られる水着って新しいよね、普通の水着だと柄が合わなかったり形が響いちゃったり。

    福田さん:そう、本当にシンプルにしたの。よくあるパッド付きのインナー着るたびに「これが水にも入れるやつだったらいいのに」って思ってたから、そんな感じに作りました。これも、かなり何度も調整してもらって、キャミの胸上のラインとかわきのくりとか、パンツの丈感とか、うまく体形カバーしながらすっきりきれいに見えるようにしたの。

    牧野さん:これとラッシュガード着て、キャップかぶってみんなでビーチとか行けたらいいね!

  • 牧野さんコラボ セットアップ

  • 福田さん:このセットアップって、このスカートから企画したの?

    牧野さん:こっちの、汗じみ軽減加工のトップスのカラーから。「ニュアンスカラーだけど汗じみが目立たない」っていうのがいいなと思って。やっぱり夏は汗が気になるでしょ。それで、ニュアンスカラーって全身コーデするときに意外と迷うじゃない?だからスカートもセットにすることにして、柄スカートどうでしょう?ってWさん(IEDITスタッフ)から提案してもらって、柄を決めていったの。柄物って飽きがきちゃうとすぐ着なくなっちゃうから、飽きがこないような、線画っぽいのがいいなと思って。

    福田さん:なるほどね!確かにニュアンスカラーって旬だしおしゃれだけど、きれいにまとめようと思ったらなかなか難しいもんね。袖とか、ラフにねじったような感じも、ほかにない感じで素敵。

    ―IEDITスタッフ:福田さんに相談とかされたんですか?

    牧野さん:柄の相談をしたよね。LINE送ったり。特に柄の大きさについては何度も相談した!

    福田さん:大柄だけど、着やすそうなのは線画だからだよね。大柄のアイテムって持ってないけど、「これは着たい!」って思った。色数も少ないし、大人の柄って感じ。きれいめでエレガントに着られるよね、カジュアルすぎるのが苦手っていう人にもすごくいいと思う。夏のワンピって小花柄が多いから新鮮。インパクトがあるけど、着やすいよね。

    牧野さん:まさにそんな感じ。柄って、結構挑戦して着ることが多いから、出番が少なかったりするじゃない、せっかく買ったのに。でもデイリーに使ってもらいやすいように仕上げたから、麻琴さんにわかってもらえてすごくうれしい(笑)!

  • 牧野さんコラボ リュック

  • 福田さん:「マキサヤのこだわりをすべてを詰め込んだ!」って感じの素敵なリュックだね。ちょっと丸い感じのシルエットもかわいい。トートバッグを背負ってるみたいな感じだね。

    牧野さん:すごく細かいところなんだけど、ここ(リュックの上)の持ち手、目立ちたくないけど高級感を出したくて、ベルトに合皮を貼ってもらったの。こういうところって意外と大事じゃない?あと、金具を一切使わず、オールブラックで大人っぽく、軽さにこだわったのもポイント。麻琴さんのキャップと同じで、リュックも意外と本当にシンプルなものって見つからなくって。あと、サイズ感もすごく調整して、ちゃんと入るんだけど大きすぎないように。リュックのひもの細さにもこだわったんだよね、ちょっと細めにしてきれいに見えるように。

    福田さん:そういう細かいこだわりって大事だよ!「マキサヤエレガンス」だね。ほんとに、きれいめでありそうでない。通勤でも旅でも使えるし、「荷物少ない上手」になれそう。取り外せるサコッシュも便利そうだし。わたしたち世代だけじゃなくって、若い子たちにも、わたしたちの親世代にも、幅広くウケそう!これ背負っていろんなところに行きたいね。

  • 牧野さんコラボ ポシェット

  • 牧野さん:このポシェットはね、サクッと必要なものを入れられる、ギリギリのサイズにすることにこだわりました。必要最低限の荷物をさっと持って出かけられるように。最初はフラップのところがブラウンだったんだけど、リュックと合わせて、すっきりとオールブラックに。

    福田さん:これも、すごく使いやすそう!小ぶりだけど、結構ガンガン入れられそうだし、サコッシュくらいの身軽さもあって。ナイロンだけど、エコレザーがきいた大人っぽいデザインも入ってるから、高級感があってエレガントにもなるし。年代問わず使ってもらえそう!

    牧野さん:リュックはサコッシュ付きだったから、このポシェットにも何か付けたくて。すごく軽くて大きなエコバッグ、とにかく何でもぽいぽい入れられて、旅行とかのときもすごく便利だと思う。パープルもきれいでいいでしょ?

    福田さん:これもすごくいい!ふだんの買い物のときとかもエコバッグとして便利そうよ。このリュックとポシェットがあったら最強だね。

  • ―IEDITスタッフ:福田さん、牧野さん、第二章もありがとうございました!次回のコラボも引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

  • ~対談第一章「旅について」はこちら(牧野紗弥さんコラボサイトへ)~

  • IEDIT コラボ第三弾はこちら
  • ITEM 006
    ITEM 006

    ピッチにもカラーにもシルエットにも素材にも
    こだわった、今っぽくて大人っぽいボーダーT

  • 第三弾コラボ、ありがとうございます。わたしもボーダー大好きなんです。フレンチベーシックなコーデには欠かせないアイテムなので、たくさん持ってるんですが、また新しいのが欲しくなっちゃう(笑)
    ピッチが太すぎるとカジュアルでボーイッシュな印象が強くなってしまうし、素材もハリや厚みがありすぎるとカジュアル以外のコーデが難しく、着こなしがマンネリになりがち。こだわりはじめると奥が深いアイテムです。

  • やっぱりまずこだわるべきところはボーダーのピッチですよね。大人の女性が着るなら、ピッチはやっぱり細めがいいです。ランダムボーダー、マルチカラーのボーダーなど、ちょっと迷いましたが、結局着るのって、“なんにもしていない”ボーダーですよね。

  • 「なんにもしていない」と言いつつこのボーダー、かなりいろいろ試してやっと完成したものなんです。シミュレーションを出力したものにコピー用紙を切り貼りしたり、修正テープまで登場したり(笑)。
    ほどよい間隔と細めラインの、上品で女性らしいバランスはこうして生まれました。名付けて「麻琴ボーダー」なんて言っちゃったりして!

  • そして次はカラー。ピッチも去ることながらカラーも大いに悩みましたよ今回も。ネイビー地に茶色とか、ネイビー地に白もいいな、ベージュ地に白か、ブラウン地にベージュか……悩みに悩んで今回は、大定番の絶対使える白地×黒ボーダーと、旬感があってやさしげに見える(前回のコラボニットのときにも言いましたが、これ重要!(笑))セージグリーン×白ボーダーに決定。グリーンを着たことが無い方も大丈夫です、肌なじみのよいトーンに仕上げているし、濃いめのデニム、淡いデニム、ブラック、ベージュ、どんなカラーのボトムスも合わせやすいカラーです。やさしげに見えますし(重要なので2度目(笑))。

  • シルエットは、身幅をほどよくゆったりさせ、ネックラインは詰まりすぎず、広すぎない、首まわりがきれいに見えて、かつ下着が見えにくいほどよい開きに。ウエスト前だけインしやすかったり、こなれて見えるように、すそにはスリットを入れて前後差を付けました。おしりも隠れて安心です。

  • 素材にもしっかりこだわりましたよ。ほどよい厚みで、綿ならではの肌ざわりのよさと、もっちり感やきれい見えを両立させた綿ポリウレタンのカットソー。袖のプッシュアップもしやすくてよいですよ。ヘビーオンスだとゴワついたり重かったりで疲れちゃうじゃないですか。乾きにくくて生乾き……なんて心配もないと思います。

    こだわりにこだわった、一枚でサマになる大人なボーダーTシャツ、きっと毎日着たくなるはず!

  • 〈セージグリーン〉 〈ブラック×ホワイト〉
    IEDIT 福田麻琴さんコラボ
    ピッチにこだわった
    大人ゆるボーダーTシャツ
    1枚 ¥4,200+税
  • ITEM 007
    ITEM 007

    カジュアルからちょっと特別な日まで。
    着まわし力抜群の女性らしい
    大人コットンスカート

  • ボーダーTシャツに合わせるボトムスとなると、デニムパンツが定番かなと思うのですが、定番すぎてちょっとつまらないし、サロペットが流行っているのでいいかな?と思ったのですがちょっとカントリーっぽくなっちゃうかもだし……ということで、やっぱり女性らしくて今っぽい着こなしがかなう、フレアーのロングスカートを作ることにしました。

  • コットン素材がいいけれど、ゴワゴワしているとフレアーがきれいに出ないし、カジュアルすぎると着まわしにくいし、ということで悩んでいたのですが、プランナーHさんがいい素材を見つけてくれました。綾目が特徴のカツラギ素材。きれいな表面感で、しっかりと厚みはあるのにやわらかいんです。

  • シルエットは、きれいめにも使いやすいように、できるだけすっきり見えるようにこだわっています。ウエストまわりなんかも、できるだけステッチが出ないように仕上げています。きちんと見えする少しフィット感のあるシルエットなのですが、安心してください!ちゃんと後ろにゴム入ってますよ(笑)。やっぱり着ていてらくちんなのは外せません。ファスナーも付いているので着脱もらくちんです。

  • パッと見た感じはそこまで広がっていないのですが、たっぷり生地を使っているので、実はしこまでふめちゃう(笑)。フレアーもきれいです。

  • カラーは、ボーダーTシャツとのワントーンコーデが簡単にできて、ほかのトップスとも合わせやすい、ベーシックなブラックと、グレイッシュな淡いカーキにしました。ボーダートップスはもちろん、お気に入りのニットやシャツに合わせるもヨシ!カジュアルにもきれいめにも、オンにもオフにも、春にも夏にも秋にも冬にも使える(言い過ぎ!?)、万能スカートに仕上がりましたよ。言い忘れてましたが、ポケット付きで、洗濯機洗いもOK。便利さもしっかり詰め込んでますよ。

  • 〈カーキ〉 〈ブラック〉
    IEDIT 福田麻琴さんコラボ
    カツラギフレアーロングスカート 
    1枚 ¥5,400+税
  • いつものボーダートップスやコットンスカートが、きれいめデザインで大人な印象で楽しめる!そんな2アイテムに仕上がりました。スニーカーでももちろんOKですが、ちょっとヒールのあるサンダルやパンプス、マニッシュなローファーなんかを合わせるコーデも、ぜひお試しくださいね!

福田さんとのコラボ企画担当 IEDITプランナーHのコメント

IEDITは「どちらも大切は美しい」をモットーに、「どちらか」しか選ばないのではなく「どちらも」大切にして、限りある時間の中で、素敵に、美しくありたい。そんな人によりそえるような服づくりをしていきたいと思っています。
新商品の企画会議で、わたしがぜひコラボしたいと提案したのが、福田さん。その理由は、30代も後半にさしかかってきて、今まで着ていた服がなんかしっくりこなくなってきたなーと思うことが増えてきたときに、福田さんの「38歳から着たい服」というとても素敵な一冊に出会ったからです。
第一線でスタイリストとして活躍されながら、一児のお母さんとしての顔を持つ福田さん。
ベーシックだけど、きちんとしていて、大人っぽさや女性らしさもあるスタイリングに定評のある福田さんといっしょに商品を作れたら、きっとIEDIT世代のお客さまたちに響くアイテムができそう、と思い、アプローチしたところ、ご快諾いただいてコラボ企画が実現しました。
実は、福田さんは、IEDITやリブ イン コンフォートでも、よくスタイリングをお願いしているスタイリストさん。フェリシモのことをよく知っていてくださるし、いっしょにお仕事をさせていただいたスタッフは、みんな福田さんのファンになってしまうほど、スタイリングはもちろん、笑顔やお話もとっても素敵な方。
どのコラボアイテムも、福田さんのこだわりがたくさんつまっていて、本当に使えて、いろいろなコーデに使えて、しかもおしゃれな仕上がりです。ぜひ、次回もお楽しみに。

IEDIT トップページへ