おやつの時間~おうち編

あの人の素敵暮らしを拝見 2020.05.27

こんにちは、料理創作ユニットGomaの中村亮子です。
5月も半ばを過ぎるとぐっと夏に近づいてくるような気がします。
服装も少しづつ薄着になってきて、気持ちまで軽くなってきちゃいます!

さて、前回は仕事場での子どもとのおやつの時間のお話を書かせていただいたのですが、
今回は自宅でのおやつ時間について。
 

お外ポップコーン

職業柄なのか
「いつも手づくりのおやつを食べさせているの?」
なんて聞かれることもあるのですが、
そんな素敵なお母さんには全然ほど遠く、
手づくりと市販のおやつだったら断然後者の方が多いです……。

でもそんな中でもごくたまに
「おやつ作りの時間」を設けることがあります。
ただ家にはちゃんと動いてくれるオーブンがないので、
作れるものはごく簡単なものに限定。
 

たとえばある休日は昔懐かしいふくらむタイプのポップコーンを火にかけるだけ!(笑)
でもそれだけではさすがにおもしろくないので……
ベランダにイスとミニテーブルを出して、
ミニアウトドア風に演出!
(と言えるほどのことはしてないけど……)
 

実はこのポップコーンは山でもキャンプでも活躍するアイテム。
なにせ火にかけるだけでいいのでラクチンで楽しく、そしておいしいの3拍子。
そのまま外で食べるだけで、不思議ととても楽しいおやつ時間に変身してしまうのです。
 

手軽でおいしく楽しいから本当にオススメですよ(→お外ポップコーン!)
 

子どもと作るドーナツ

まあ大体このくらい簡単なことをやりたいと思っているのですが、
先日は仕事で余った生地を使って、ドーナツ作りもやってみました。
 

生地自体はあるので、成形だけで楽しい工程のみ。
3才直前の息子にとって、本格的なお菓子作り参加はこれが初めて。

ちょっと見本を見せてから渡してみたら、あら、結構上手な手つき….!
強く押しちゃうかな?と思いきや
かなりやさしい手つきでローリングしてたのがおもしろい。
 

お次は型抜き。ドーナツだとちょっと大きめの型を扱うので、
生地も取り出しやすく割とひと通りできていました。
ぷくぷくの小さな手もおいしそうに見える(笑)
 

いびつな丸!と思ってたけど、こうして並べてみるとまあまあキレイ。やるなー。
もちろん揚げるのは母がやりました。
 

最後はいただきます!
ドーナツは昔から家庭のおやつの定番ですが、
うん、確かに楽しいです。
揚げたてアツアツだったのでフォークで食べてました。
 

やらせてみると、できることとできないことが色々とわかりました。
そして思いのほか、真剣にちゃんと取り組むことも知ることができてよかった。

こういった時間の積み重ねが
すごいスイーツ男子を育てちゃったらすごいなぁ……
なんて勝手に妄想を膨らませちゃいました。

Profile

Goma中村亮子さん

Goma中村亮子さん

料理創作ユニットGoma / 岳泉会
食をテーマに活動する料理創作ユニットGomaを従姉妹のアラキミカと一緒に主宰。雑誌、書籍、webや広告など媒体での食や雑貨の作品発表、もの作りワークショップ開催など多彩なフィールドで活動中。また山と温泉を愛する岳泉会メンバーとしてのんびり登山を楽しむ。Gomaの著書に『Gomaのゆかいなこども雑貨』(文化出版局)、レシピつき絵本『へんてこパンやさん』シリーズ(フレーベル館)など多数。岳泉会著書は『よくばり温泉マウンテン』(パイインターナショナル)。