心の余裕ってなんだろう?

あの人の素敵暮らしを拝見 2020.03.23

こんにちは、料理創作ユニットGomaの中村です。

山やアウトドアも好きだけど、お家でのんびりも大好きです。
お休みの日に特に予定も決めず、
ただ気の向くままにやりたいことをしてみる。
最高です。
と言っても子どもが生まれてからは家にいてもやることだらけで、
なかなか「気の向くままに」なんて感じにはいかないのが現実ですが……
でも土日のどちらかは意識して何も予定を入れないことが多いのは事実。

バタバタの平日を過ごしている身としては
お休みに求めるのは心の余裕なのかもしれませんね。
 

心の余裕~居心地のよさ

私にとっての居心地のいい空間は、
少しでも自然を感じることができる場所。

必然的に家の中には植物が一つ、また一つと増えていきました。
 

「南側に面したグリーンルームにて自由奔放に育っていく植物たち。みんな、適当なお世話でも力強く生きてくれて感謝。
でも多肉ちゃんはそろそろ分けてあげないとかもなぁ。」

正直なことを言うと、
元々そんなに植物を育てるのが得意ではないので、
行き届かないお世話のせいでダメにした子も多数…。

でも、そんな中で私の雑なお世話(基本お水をあげて光合成させるくらいです….)でも、
グングンと大きくなってくれた子たちが今は残ってくれており、
植物がたくさん置いてある部屋はグリーンルームと呼んでいます。
 

とは言え雑誌に載ってるみたいに素敵な感じには程遠く、
来た友人からはジャングルと言われる始末。

でもその力強さこそが、
私にとってはお家で自然と繋がれるポイントなのかもしれません。

よきカタチの植物よりも、
勝手にあちこち伸びてる枝や大きく育った葉っぱに
何か大きなパワーを感じています。
 

「グリーンルームには山の絵も。ちくちくと縫われた刺繍山脈は金沢在住の刺繍作家、高知子さんの作品です。鳥の額縁に山の絵が描かれているのはtupera tuperaさんの作品。どちらの山にも一目惚れ。」
 

心の余裕とおやつ作り

「Gomaで作った寒天。小さな型でたくさんいろんな形で抜くのを並べただけでかわいい。」

ゆとりがある時は仕事やふだんの料理とは別に好きなおやつを作ります。
子どもが生まれてからはだいぶ回数が少なくなったけど、
息子が一緒に食べてくれそうな簡単なおやつを作る時間が大好き。
家にはちゃんとしたオーブンがないので、
作るものはオーブンがなくても作れる簡単なものばかり。
蒸しパンにプリン、どら焼きあたりを作ったりします。

家庭で作りやすいものって、
いわゆる昔からの「おやつ」と呼ばれるものが多いのかもな。
そして、春から夏にかけて作るのはゼリーや寒天。
固めればいいだけのお手軽さと、
家で作ると甘さも自分で調節できるのが嬉しいところ。
Gomaの仕事でもよく作ります。

でも不思議と仕事で作るのと、
家で作るおやつは気持ちがちがう。

仕事の時のそれと比べて、
なんだかのんびりした味になるようで……!?
多分それこそ心の余裕が
ちょっとだけ出てしまっているのかもしれませんね。

お家で作れる寒天おやつ』をちょこワザでご紹介します。

Profile

Goma中村亮子さん

Goma中村亮子さん

料理創作ユニットGoma / 岳泉会
食をテーマに活動する料理創作ユニットGomaを従姉妹のアラキミカと一緒に主宰。雑誌、書籍、webや広告など媒体での食や雑貨の作品発表、もの作りワークショップ開催など多彩なフィールドで活動中。また山と温泉を愛する岳泉会メンバーとしてのんびり登山を楽しむ。Gomaの著書に『Gomaのゆかいなこども雑貨』(文化出版局)、レシピつき絵本『へんてこパンやさん』シリーズ(フレーベル館)など多数。岳泉会著書は『よくばり温泉マウンテン』(パイインターナショナル)。