日常を楽しくするチャンス

あの人の素敵暮らしを拝見 2020.02.05

こんにちは、
料理創作ユニットGoma(ゴマ)の中村亮子です。

今回は
私の一番のメインの仕事である
Gomaのお仕事ことをご紹介しようと思います。
 

はじまりは日々の遊びから

最初は完全に日々の遊びから生まれた活動でした。

友人同士で集まるときなどに、
 「どんな料理を作ろう?」
 「どんなお皿にのせる?」
 「布モノは?」
 「招待状を作ったら楽しい?」
なんてことを考えて作っていたら、
いつの間にか食を中心に
場を作ることの楽しさにハマってしまい、
活動名をつけることに。
 

それからいろんな出会いや道があり、
早20年が経つのだから……自分たちでもびっくり。
アラキ(左)とは、服装のせいか、
長い年月一緒にいたせいか
よく雰囲気が似ていると言われます。
 

「食」は楽しい!

「食」をテーマにしたのは
とにかくその汎用性が広いことが楽しかったから!

食べ物のまわりには
日常を楽しくするチャンスが
実にたくさんあるのです。
 

器ひとつで
その食べ物のおいしさが変わってしまうって、
案外本当だと思うんです。
物じゃなくて、シチュエーションだってそう。

同じおにぎりを食べるのだって、
家の中で食べるのと、
気持ちのいい原っぱで大きな口を開けてほおばるのでは
おいしさが違う(ような気がする)。

ちなみに。
誰か仲がいい人と一緒に食べると
もっとおいしくなる説もあり!
 

それって多分舌でも味わっているはずだけど、
脳だったり心が食べているんですよね。
フシギなことだけれど。
 

次回は、
料理と同じくらい作ってきた
「食べることを楽しむ」アイテム
についてご紹介しようと思います。
 

Profile

Goma中村亮子さん

Goma中村亮子さん

料理創作ユニットGoma / 岳泉会
食をテーマに活動する料理創作ユニットGomaを従姉妹のアラキミカと一緒に主宰。雑誌、書籍、webや広告など媒体での食や雑貨の作品発表、もの作りワークショップ開催など多彩なフィールドで活動中。また山と温泉を愛する岳泉会メンバーとしてのんびり登山を楽しむ。Gomaの著書に『Gomaのゆかいなこども雑貨』(文化出版局)、レシピつき絵本『へんてこパンやさん』シリーズ(フレーベル館)など多数。岳泉会著書は『よくばり温泉マウンテン』(パイインターナショナル)。