旅先の情報の探しかた

あの人の素敵暮らしを拝見 2020.02.12

こんにちは。
衣・食・住、暮らしのエッセイを書いている柳沢小実です。

旅をするとき、まず行きたいところを一か所決めます。

それは観光名所のこともあれば、
うつわや雑貨を扱うショップであることも。

はじめに旅のメインテーマとなる
場所や目的を決めてから、
少しずつほかの要素を足していきます。
 

たとえば、12月に車で熊野古道へ行きました。

熊野本宮大社・熊野那智大社・熊野速玉神社
を巡るのが主な目的です。

宿泊は、湯の峰温泉にあるゲストハウスに泊ることにして、
帰りにお土産を買いたいので、
道中にある道の駅も調べました。
 

このように、
行先が観光名所でやることが多いと、
計画は立てやすい。
行程を決めて、あとは
 ・どこで食事をするか
 ・交通手段
 ・お土産
について調べるくらいで十分です。
 

フリータイムを楽しむコツ

フリータイムの多い旅は、
もう少しあちこち回りたい。

たいてい、先に夕食と昼食を決めて、
午前と午後のコースを決めるという流れです。

私はインスタグラムで
街や国ごとにお気に入りフォルダを作って、
日ごろから情報をクリップしています。
 

なので、まずフォルダを開いて、
 ・食事をするお店や喫茶店
 ・好きな陶芸家の作品を扱う雑貨屋さん
などをリストに入れます。
 

私の「旅のしおり」

2泊3日以上の旅や、はじめて行く街は、
グーグルのマイマップで旅の地図を作ります。

マイマップにポイントを打つことで、
それぞれの位置関係を把握でき、
効率よくめぐることができますよ。

これは言わば、旅のしおり作りのようなものです。

Profile

柳沢小実さん

柳沢小実さん

エッセイスト。日本大学芸術学部写真学科卒業。
暮らしや旅のエッセイを手がける。読売新聞水曜夕刊(隔週)などで連載中。著書も多数あり、最新刊は「これからの暮らし計画」(大和書房)。整理収納アドバイザー1級。

この記事のタグ