夕涼みの公園散歩

あの人の素敵暮らしを拝見 2020.07.22

こんにちは、料理創作ユニットGomaの中村亮子です。
梅雨も終わり、だいぶ夏らしい空気感となってきましたね。
 

散歩が好き

突然ですが、散歩は好きですか?
私は好きです。「散歩しよっか」と言うと、なんだか気分がいい。
なんでだろう?散歩って一体なに?

———————————–
 さんぽ
 【散歩】
 気晴らしや健康などのために、ぶらぶら気ままに歩くこと
———————————–

うん、いいですね。特にぶらぶらってとこがいい。
結構どの辞典をみても「ぶらぶら歩く」って書いてありました(ゆるい言葉が辞典にあるだけでなんか和む)。
じゃあぶらぶらって何よ?となると、どうやら「あてもなく歩く」という意味合いにもなるらしい。
 

「散歩」のおすすめマメ知識

ここでマメ知識。
脳にもいいとされている散歩ですが、見知った道ではなく、
知らない道や新しい場所をぶらつくと脳への刺激がビビッと強いらしいです。
(と、いうことは旅先での散歩は最高に脳に刺激的ってことですね)

さて、そうは言ってもこう暑くなってくると、
お日さまが高く登っている時に、散歩なんか行っていられないから、
夏の間に散歩するなら、もっぱら早朝と夕方。

早朝の公園は気温が低くてモヤがかかった感じがちょっと山に似ているので好きなのですが、
夕方の暮れゆく空を見ながら歩く散歩も乙なもの。
夏至を過ぎれば日も長くなるので、ある意味夕方の散歩は夏の醍醐味と言えるかもしれません。
(夕飯前なので早めの夕方であることと、出かける前にご飯のセットだけはしておくことは必須)
 

さあ出かけよう

さて、それでは夕涼み散歩に出かけてみましょう。
 

ご近所だし、走る訳でもないのでふだん着のまま。

夏のこの時期、私はワンピースがらくちんで家でもよく着ているのでそのまま出かけちゃいます。
とはいえ、虫刺され防止に下にレギンスだけさっとプラスしたり、
急に涼しくなってくることもあるのでストールっぽいものも持っていったりします。

ふらっとサンダルを履きたいけど、虫対策で靴下を履いてスニーカー。
息子も特にいつもと同じ格好ですが、やはり靴下は履かせてスニーカー。
羽織るものは私の荷物に入れて。 小さなバッグに子どもの持ち物を入れて持たせます。
 

《持ち物~大人編》
右上から、子どもの水筒、虫除け、かゆみ止め、アルコールスプレー、シアバター、ばんそうこう、
白い時計のようなものは電磁波を出す虫除け、お財布、手ぬぐい、ウェットティッシュ。

本当は手ぶらで行きたいところだけど、子連れだとなかなかそうはいきません。
でもまあ最小限にはします。肩から下げるショルダーバッグも軽いものを。
 

《持ち物~子ども編》
右上から、上着、カメラ、虫メガネ、ビニール袋、タオル。

最近息子が気に入ってるのはカメラと虫メガネ。
カメラは子ども用のものなのでそんなに画質は良くないのですが、彼には十分楽しいらしい。
大人のマネができるのもポイントですね。
ビニール袋は何か拾いたくなったら入れる用。
ちなみにカバンは彼が気に入ってるミニトート(ほんとはリュックにしたいけどいつもこれを持っていきたがる)
 

大人も楽しめる『虫メガネの世界』

虫メガネは久しぶりに覗いてみたら、大人の私も楽しくて仕方がない。
木の深いシワ、小さなテントウムシ、お花のめしべやおしべ…..小さな世界はミクロワンダーランドです。
楽しすぎて散歩が進まないのが難点です(笑)。
 

ちなみに虫メガネで見て面白いのは自然だけでなく、看板やマンホールのふたなんかもおもしろいので、息子と一緒に町歩きでも楽しんでいます。
(ただ、ちょっと不審がられますけど)
 

最後のごほうび

帰り道、運よく夕焼けの景色が見られたら、最高。
一日の締めに最高な夕涼み散歩です。
 

—————————————
■ごあいさつ
さて、月4回ほどの更新で半年間続いたこの連載もこのお話で最後です。
中には料理創作ユニットとしてのお話じゃない、私個人の雑多なお話が多かったにも関わらず、
毎回拙い文章にお付き合い頂き本当にありがとうございました!

こちらのコラムを書かせて頂き、自分の暮らし方や目線なんかを改めて考えたり思うことありで勉強にもなりました。
“暮らすこと”は、日々発見がいっぱい。
忙しい毎日の中、なかなか時間を取ることがむずかしい時もありますが、豊かな時間を少しでも多く過ごせたらとこれからも思います。

ではでは、またどこかでお会いできる日がありますよう願っております。

中村亮子

Profile

Goma中村亮子さん

Goma中村亮子さん

料理創作ユニットGoma / 岳泉会
食をテーマに活動する料理創作ユニットGomaを従姉妹のアラキミカと一緒に主宰。雑誌、書籍、webや広告など媒体での食や雑貨の作品発表、もの作りワークショップ開催など多彩なフィールドで活動中。また山と温泉を愛する岳泉会メンバーとしてのんびり登山を楽しむ。Gomaの著書に『Gomaのゆかいなこども雑貨』(文化出版局)、レシピつき絵本『へんてこパンやさん』シリーズ(フレーベル館)など多数。岳泉会著書は『よくばり温泉マウンテン』(パイインターナショナル)。