気持ちのいい収納

フラウグラット流ちょこワザ 2020.01.23

こんにちは。
衣・食・住・旅のエッセイを書いている柳沢小実と申します。

仕事柄家にいる時間が人一倍長いために、
いつからか自然と暮らしやすさについて考えるようになりました。

みなさんは収納と聞いて、
どのような部屋をイメージしますか。

私が目指しているのは、
適度に生活感とその人らしさがあり、
ほどほどに片づいている部屋です。

どこかにユルさがあると、気持ちも安らぐ。
だから、ぬくもりを大事にしています。

今回は、悩んでいらっしゃる方が多い
キッチンまわりとリビング、
クローゼットを中心に、ちょこワザを紹介します。
 

キッチン

キッチンは、スペースに対して最も物量が多い場所。
毎日使うものは、
出し入れのアクションを減らすために出しっぱなしに。
色や素材を統一すると、
量が多くてもすっきり見えますよ。
 

《食器》

うつわを買うときは、
重ねやすい大きさ・形かを考えます。

自分がよく使う大きさや形は決まっているから、
そのバリエーションを増やしていくつもりで。

しまい方は見せる収納と同じで、
似たものをまとめます。
 

《カトラリー》

カトラリーはディナー用を一揃え持っています。
デザート用はアンティークなど、
良いものと出合ったときに少しずつ手に入れて。

収納は
ディナー、木製、デザート、レンゲ、朝食用
という分け方で取り出しやすく。
 

リビング

リビングは家族の共有スペースなので、
極力個人の物は置かず、すっきりと。

物が少ない分、
CDプレーヤー周辺にCDを積み重ねたり、
人の気配を消しすぎないように心がけています。
 

クローゼット

服の収納は、
「伸びるもの以外はすべて吊るす」です。
使いやすさに定評のある、
ドイツのマワハンガーで統一しています。
 

毎日使うハンガーは、
そう簡単に壊れるものではないので、
お金をかける価値あり。
 

ハンガーにかけると伸びてしまう、ニットやカットソー。
これらはたたんで収納します。

服を重ねると下にある服を着なくなりがちなので、
くるっと丸めるか、
たたんで立てて引き出しに入れるのがおすすめです。

Profile

柳沢小実さん

柳沢小実さん

エッセイスト。日本大学芸術学部写真学科卒業。
暮らしや旅のエッセイを手がける。読売新聞水曜夕刊(隔週)などで連載中。著書も多数あり、最新刊は「これからの暮らし計画」(大和書房)。整理収納アドバイザー1級。

この記事のタグ