顔まわりが華やかになる衿もと編 frauglattの手づくりアレンジ

フラウグラット流ちょこワザ 2021.03.22

こんにちは。 スウェーデン在住のソーイングデザイナー、オルソン恵子です。

今回のちょこワザは、チュニックシャツをベースに自分流にリメイクする方法を二種類ご紹介します。今回は「衿もとアレンジ編」です。

【材料】
2.5cm幅前後のレース 約46cm

 

①レースの端の区切りがいい部分で、手前に斜めに折ります。

②ボタンホールの端から襟の内側にレースをつけて、ぐるりと一周マチ針でとめます。とめ終わったら、縫い始める前にレースが左右対象になっているかを確認してみてください。

③端から、襟の端にまつり縫いでとめていきます。ぐるりと一周縫い終わったら、襟の内側のレースの下端をまつり縫いします。全体をとめて完成です。

Point

レースは直接肌に当たりますので、コットンなどの肌触りの良い素材や、柔らかい素材のレースがおすすめです。お好みでお選びくださいね。

※リメイクをされる際は、ご自身でご確認、ご了承のうえお楽しみください。


この記事内で使用されたfrauglattの商品はこちら

Profile

Keiko Olsson(オルソン恵子)

Keiko Olsson(オルソン恵子)さん

スウェーデン在住のソーイングデザイナー。洋裁店 「Syateljé Keiko Olsson (ケイコ・オルソンの洋裁店)」主宰。手芸関連書籍の監修や企業へのデザイン提供、YouTubeでは洋裁のチャンネルも運営中。

https://keikoolsson.com/
Instagram @keiko_olsson
YouTube : Keiko Olsson Sewing Channel