flufeel

みんなで解決

実は話

Q.19 ブラジャーの肩ひもがずり落ちた経験ある?

いつも身に着けているブラジャー。それにまつわるお悩みのひとつが、動くたび肩ひもがずり落ちること。みなさんは肩ひもがずり落ちた経験はありますか? 驚きのアンケート結果発表です。

 

ブラジャーの肩ひもがずり落ちた経験ある?

アンケート結果は、なんと94%の方から肩ひもがずり落ちた経験があるとご回答いただきました。中でも仕事中など動いているときにずり落ちる。」というお声がほとんどでした。肩ひもがずり落ちるのは「私だけではなかったんですね!!」こんなにも経験者がいたとは……。
なで肩なので、肩ひもは落ちます。」という方や「いかり肩でも肩ひもは落ちてきます。家事をしていると自然に落ちてきます。など、『どんな体形でも、ブラジャーの肩ひもはずり落ちることがある』ということもわかりました。ちょっとかなしい結果です。

肩ひもを短く調節すると肩こりになりそうだし、ちょっと緩めると、仕事とかで動いてるときに落ちます。しょっちゅう肩ひもを上げて、ずり落ちる事を我慢しています。というお声が。

肩ひもの長さの加減が難しく調整するのも大変と、肩ひものずり落ちストレスをかなり感じているようです。
そんな『肩ひものずり落ち』には、みなさんはどうやって対処しているのでしょうか?

 

とにかくずり落ちないために……

ずり落ちないために、肩ひもを短めできつくしている。」というお声がほとんどでした。やはりずり落ちないためには短くするのが一番なのでしょうか。ところが「きつめに調節します。でも跡がつくので痛い。」「痛いけどきつめの位置にしてます。」と短くすることでデメリットを感じるというお声も多かったです。きつくならない程度に最大限に短くする。それでも肩ひもは落ちることがよくあります。ブラジャーは機能性に優れたものも持っていますが、基本は見た目重視なので、仕方がないと割り切っている部分もあります。」と肩ひもはずり落ちるものと割り切って、諦めているというお声も。

私も肩ひもを短くしていたのですが、肩ひもがくい込んで肌がかぶれたり、アンダーバスト部分がずり上がるのがストレスになってしまい我慢できずに短くするのをやめました。「肩ひもを切ってしまう。」というお声もあるように、ブラジャーには肩ひものストレスがつきまといますね。

 

肩ひもストレスを解消? 下着選びにひと工夫

そんなストレスを感じることの多い肩ひもですが、ブラジャーを買うときに「クロスの肩ひものものを選ぶ。肩ひもが太めのを選ぶ。」や「なで肩なので肩ひもが落ちにくいデザインのブラジャーを選ぶようにしています。」「肩ひもの素材がストレッチのものを選ぶ。など、肩ひもがずり落ちにくい形や素材を選ぶなど、下着選びにもひと工夫されている方もいるようです。肩ひものずり落ちがすごくストレスだったころに買い換えたブラジャーが、いつもより太めの肩ひもで、肩ひもがすこし内向きなっているものでした。これが私の体形と合い、肩ひもがずり落ちなくなりました。ほかにも「スポーツブラの肩ひもが太めかゴム製にしています。」という方もいらっしゃいました。スポーツブラも肩ひもの心配がないですよね。

 

ほかにもこんな対策をしています!

 

ストラップホルダーを付けて着ています。」「ストラップのズレ防止付きのキャミソールを着用する。」と、ブラジャー以外に着るインナーでずれを防止する対策をしているお声もありました。最近、ずれ防止のインナーが増えているなぁと思っていましたが、これだけ肩ひもがずり落ちる経験をしている人が多ければ納得のアイデア商品ですよね。

また「 服にショルダースナップ(ティピーショルダー)を付ける。」と、ご自身で縫いつけている方も。これは手間がかかりますが、好きな服にストラップ留めをつければ肩ひもを気せず着れます。今ある服でできるのでいいですね。
キャミなどのストラップとクリップで留めてなるべく動かないようにしています。」や「 衿のない服の場合に限られるが、3~4cmのリボンやテープの両端に小さな磁石を付けて、服とストラップを包むように止める。シャツガーターやサスペンダー用の金具を背中側で両方のストラップをつなげる。」など、ブラジャーの肩ひも以外にひと工夫されている方も。肩ひもをのりで肩に貼ります。と驚きのアイデアもありました。こんな意外な方法もあるんですね。本当にみなさんよく考えてますね。

 

毎日着けるブラジャーだからストレスフリー

ブラジャーの肩ひものずり落ちはほとんどの方が経験していて、なんらかの対処をしていることがわかりました。肩ひもストレスを少しでも解消するのにひと工夫されている方のご意見も参考になりました。自分にあったブラジャーにめぐり合うのはなかなか大変ですが肩ひもずり落ち対策として、肩ひもがずれ落ちにくい形のブラジャーを選んでみたり、ストラップ留め付きのキャミソールやタンクトップなどのインナーを試すのもいいかもしれませんね。毎日着けるブラジャーだからこそ、ストレスなしで着けたいですね。

 

flufeel プランナーおすすめ 肩ひもがずり落ちにくいブラジャー

▼クロス仕立ての太め肩ひもでずれにくい構造 「クロス美背中メイクブラジャー」を見る

▼全体的にからだにフィットするタンクトップ風デザイン 「エイジング対策ブラジャー」を見る

▼美姿勢パネルと幅広ストラップが背中と肩にフィット  「好印象ブラ&ショーツ」を見る

▼華奢ストラップでも背中で引っ張られている構造なのでずれない 「ワッフルブラ&ショーツ」を見る

▼大きい胸さんにおすすめ。幅広レースで肩にフィット「フロントジッパーブラジャー」を見る

▼アンダーはらくらく、幅広レースで肩にフィット 「ラ・クロスブラジャー」  を見る

▼アウター見えする太肩ひもで肩にフィット「チラ見え対策カバーブラ」を見る

 

幅広のたすきストラップはずり落ちにくく、肩甲骨意識で美姿勢に

▼flufeel「ヨガ気分ブラシリーズ」を見る

 


イラストレーター 福場さおり
下着選びの基準は機能重視。年齢と共に変わってゆくからだを下着でなんとかしたい。気になる商品は試さずにいられない、そんな悩める大人世代のネット通販大好きイラストレーター。


 

聞かせて みんなの実は話