フェリシモ > フィンレイソン200周年記念 Finlayson × FELISSIMO テキスタイルデザインコンペティション

Japanese

English
DESIGN COMPETITION テキスタイルデザインコンペティション DESIGN COMPETITION テキスタイルデザインコンペティション
DESIGN COMPETITION テキスタイルデザインコンペティション DESIGN COMPETITION テキスタイルデザインコンペティション
200 YEARS Finlayson Finlayson×FELISSIMO

DESIGNCOMPETITIONテキスタイルデザインコンペティション

受賞作品発表

DESIGN COMPETITION テキスタイルデザインコンペティションDESIGN COMPETITION テキスタイルデザインコンペティション
DESIGN COMPETITION テキスタイルデザインコンペティションDESIGN COMPETITION テキスタイルデザインコンペティション

2020年、フィンランドの
テキスタイルブランド
フィンレイソンの
200周年を記念して開催した
テキスタイルデザインコンペティション。
日本・フィンランドから
2343作品もの力作が集まりました。

フィンレイソン・フェリシモで
選考を重ね、
ついにフィンレイソン
デザインアーカイブに収蔵される
大賞2作品が選ばれました。

大賞 Grand Prix

※大賞2作品は、英語版タイトルのABC順で表示しています

Cho no mure

拡大する

Cho no mure

Designed by kijinichijo

花や蝶など、一つのものが集まることでより美しく感じることがあります。
環境の変化により、少しずつ数が減ってしまうことで見られなくなる景色、
幼い頃に身近にあったけれど、時間と共に忘れられてしまったもの。

審査員講評

Finlayson

フィンレイソン
蝶のモチーフを素晴らしくシンプルにした、興味深い作品です。蝶はテキスタイルデザインでは一般的なモチーフですが、キジニチジョウさんのデザインはまったく新しいもので、蝶の羽の動きを見事に表現しています。シンプルでありながら多様な可能性を感じるデザインです。

FELISSIMO

フェリシモ
まさに蝶が一斉に飛び立ったその瞬間を切り取ったようなデザインが大変印象に残りました。幾何学的でありながら有機的、シンプルでありながら複雑な作品。黄色と白の色の組み合わせでしたが、色が変わるとがらりと雰囲気が変わりそうなところもテキスタイルの柄として魅力を感じました。
Saku

拡大する

Saku

Designed by Akiko Tsurusaki

このデザインは地球温暖化によって脅かされている
「四季」を表現した4デザインのうちのひとつです。
日本、フィンランドどちらも誇るべき美しい四季を持っていますが、
私は近い将来なくなってしまうのではないかと恐れています。
のびやかな生命力、パッション、エネルギー、太陽の力強さを、
夏の大輪の花々になぞらえて表現しました。

審査員講評

Finlayson

フィンレイソン
夏と花々の美しさを放つ、温かくハッピーな鶴崎亜紀子さんのデザイン。心地良い素朴さがあり、ちぎった紙でつくられたパターンが私たちそれぞれが持つ幼いころの夏の思い出のような懐かしさを感じさせます。

FELISSIMO

フェリシモ
生命力あふれる力強い構図と鮮やかなカラー。ちぎり絵によるラインの揺らぎが手の温もりを感じさせる繊細なデザイン。コロナ禍で全世界の人々が暗く不安な気持ちに支配されている時だからこそ、明るく希望に満ちたこの作品を今年のデザインとして誕生させるのにふさわしいと思いました。

当初はテキスタイルデザインとして採用するのは大賞の2作品を予定しておりましたが、
どれも力作揃いのデザインが集まりましたため、
皆さまからの投票で人気の高かった「一般投票賞」と、
フィンレイソンデザインチームで選定した「フィンレイソン特別賞」
2つの賞を追加させていただきました。

一般投票賞 Audience Favourite

Dialect

拡大する

Dialect

Designed by Noora Typpö

いつか失われるかもしれない美しいもの、それは世界中の言語に。
「方言」は私たちの文化や慣習、私たちの生き方の大きな部分を占めているものです。
ですが、古い方言は現在新しいものへと移り変わり消えてしまおうとしています。

このパターンを私は「ワードウィービング」の技法で創りました。
ちょうどいい言葉を選び、文字を織りはじめたのです。
デザインの中に、「dialect(方言)」「kotoba」「murre(フィンランド語で方言)」
そして「sana(フィンランド語で言葉)」といった言葉を見つけられるはずです。

最終的に、美しい言葉や言語、方言についてのくねくねとしたコラージュとなりました。

審査員講評

Finlayson

フィンレイソン
Noora Typpöさんによるデザイン Dialect は抽象的かつ魅力的である、言語・方言というテーマがよく表現されたデザインでした。この作品は知的かつ簡略化されているものですが、それと同時に複雑なパターンで、調和をとりながらよくデザインされています。

フィンレイソン特別賞 Finlayson Favourite

Dialect

拡大する

Ohikiitävät

Designed by Kaisla Kujanpää

旅をしていて、窓の外を眺めていた。

とても美しい夏の日で、花いっぱいの草原がどんどん眼前を去って行った。
それらは美しいと同時に、多くの人にとって「普通」のことであり、
「見えていないもの」のように感じた。
私たちはただそれらの前を走り去り、美しいものを見逃しているのだ。
私はこのように目立たず、気づかれることもない草花のパターンを作りたいと思ったのです。

審査員講評

Finlayson

フィンレイソン
Kaisla KujanpääさんがデザインしたOhikiitävätはその背景にある美しい想いから描かれた繊細で美しい手描きの線が特徴です。シンプルでグラフィカルな表現が草花の自然性を素晴らしく表現しています。
審査員総評

私たちフィンレイソンの200周年を記念して、日本のパートナー企業であるフェリシモと共同でテキスタイルデザインコンペティションを開催しました。私たちの200周年記念と、このデザインコンペティションは、いつか世界から失われてしまうかもしれない美しいものを探したい、という気持ちからスタートしました。

多くのデザイナーがこのコンペティションに素晴らしい熱意をもって向かってくださいました。挑戦してくださったみなさまが私たちの考えに意欲的に取り組んでくださり、審査は容易だったと同時に、より難航するものとなりました。というのも、エントリーしてくださった作品がいずれも驚くほどクオリティが高く、みなさまのさまざまな視点により、コンペティションのテーマ自体にまた新たな気づきがあったためです。
ご応募いただいたすべてのデザイナーのみなさま、ありがとうございました。そして受賞者のみなさま、そうでないみなさまにもお祝いのことばを申し上げます。これからも皆さんと一緒に私たちの周りの美しいものを守っていけますよう。

なお今回大賞を受賞した2作品は
商品化し、
フェリシモより
2021年夏ごろ発売予定です。
どんな仕上がりになるのか、
楽しみにお待ちください。