賃貸あるある!壁にあいた押しピンの穴を、DIYでリペアしてみた

投稿日:2021年4月23日(金曜日)


こんにちは。フェリシモ女子DIY部ちまこです。

春……新生活の季節ですね。会社の社屋が移転したので、私も近くへ引っ越すことにしました。
現在の賃貸マンションは、趣味でいろいろなものを壁に飾っていたため、押しピンの穴がちょこちょこ、開いております。
大家さんは「多少大丈夫ですよ~」とのことでしたが、できることならと思い、その穴を埋めてみることに!
いったいどこまできれいに埋まるのでしょうか……?

こんな感じで穴が開いております。
「神棚」を飾っていたところです。このほかにも押しピン跡がありますが、まず一番わかりやすそうなここからパテ埋めしていくことに。

こんな感じで穴が開いております

使用するのは100円均一ショップで売られている、壁穴を埋める専用のパテ。
専用のものが売られているとは思いませんでした!
ご家庭の壁の色に合わせられるように、茶色いパテもありましたが、今回はわがやの壁紙の色に合わせて白です!

専用の壁穴を埋めるパテ

パテをつまようじに取って、穴にぎゅぎゅっと入れ込むようにしていきます。

パテをつまようじに取ります

穴にぎゅぎゅっと入れ込むようにしていきます

ペタペタ。穴が小さいのでなかなかうまく入ってくれません。
上にのせるようにしてパテを塗り込んでいきます。

上に乗せるようにしてパテを塗り込んでいきます

穴がふさがったら、壁紙の凹凸感になじむようにつまようじの先端や裏側を使ってトントンしていきました。
なんとなく壁紙になじんできました~。

穴がふさがったら壁紙の凹凸感になじむように、つまようじの先端や裏側を使ってトントンしていきました

じゃーん!このように穴が埋まりました~~!!
光の加減で、壁紙の色よりパテの色がすこ~し濃く見えていますが、遠目で見れば気になりません。

▼AFTER

AFTER

▼BEFORE(穴埋め前はこんな感じ)

BEFORE(穴埋め前はこんな感じ)

次にもうひとつ、押しピン跡を埋めていくことに。

▼BEFORE

押しピン跡BEFORE

▼AFTER ぜんぜん穴がわからなくなりました!

AFTER ぜんぜん穴がわからなくなりました

パテは数分で硬化が開始、完全硬化には数時間かかるようなので、このまま乾かしたら作業完了!

簡単に壁の押しピン跡が補修できました~!
なるべく穴を開けたくはないですが、補修できるなら少しハードルが下がりますね。
小さな穴なら自分で補修できるので、興味がある方はやってみてくださいね。


コメント

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。

CAPTCHA



関連するおすすめ記事