【SNS映え!】簡単に花のある暮らしをDIY!

投稿日:2018年9月28日(金曜日)


こんにちは。フェリシモ女子DIY部のばぐじーです。

先週の『500色の色えんぴつを飾ってみた』ブログ記事に続きまして、今週も、先日フェリシモから新発売されたこれ!

DISPLAY BLOCK(ディスプレイブロック)

DISPLAY BLOCK(ディスプレイブロック)』を使ったDIYを紹介したいと思います.

もともとは500色の色えんぴつをコンパクトに飾るために企画をはじめた商品なのですが、せっかくならいろいろなものが飾れたら、と構想をあれこれふくらませて作った背景があります。
ということで、今回は特におすすめしたいお花のディスプレイにフォーカスして執筆したいと思います^^

→DISPLAY BLOCK誕生の裏話や、ユーザーボイスが気になる方はこちら

DISPLAY BLOCK(ディスプレイブロック)

※DISPLAY BLOCK(ディスプレイブロック)とは? 簡単にご説明
アクリル製、透明のブロック。サイズは縦約4cm、横約8cm、高さ約3.5cmの手のひらサイズ。
上には約8×8mmの穴が開いていて細いものをさせる構造になっています。
10個入り2,000円(キャンペーン対象価格)でこちらで販売中です。

SNS映え間違いなし!簡単に花のある暮らしをDIYしてみない??

花のある暮らしって素敵ですよね~!
SNSでもよく見かけます。ああおしゃれ。みんな本当にそんな暮らししとるんかい。

おじさんみたいな生態だよね!とよく言われるばぐじーですが、実はお花を愛するふつうの女子。
そんな(どんな)わたしから提案したい!
「いいね!」がたくさんもらえちゃうかも?な、簡単だけど、写真映えはゆずれない!
そんなずぼら女子必見のおしゃれ系SNS女子に負けない「花のある暮らし」を演出する使い方をお届けします。

①初級編:simple is beautiful! わびさび感じるたたずまいに「いいね!」

simple is beautiful! わびさび感じるたたずまいに「いいね!」

ブロックを複数重ね、上部の穴にスッと花を通すだけ。
なんか、シンプルなんだけど、すてきじゃない?
透明のブロックだから、お部屋にすんなりなじむ! コンパクトに飾れるのもいいんです。
デスク上のちょっとした目の保養にいいんだなこれが。 ※写真はブロック約10個(1セット分)使用しています。

初級編

初級編

初級編

初級編

単純に組むとこんな感じ。簡単!

②初級編:まるできれいな標本のようなビジュアルに「いいね!」

②初級編:まるできれいな標本のようなビジュアルに「いいね!」

ブロックをじぐざぐ、交互に組んでいくと横にもどんどん連結ができます。
上にも横にも均等に積み上げて、最後にお花を並べれば標本風に飾れちゃう。
簡単なのに、こだわって見えるインテリアに。奥行き10cm以内の平面的なデザインなのに壁掛けでなく、テーブルに置けるのが新鮮。 ※写真はブロック約20個(2セット分)使用しています。

ドライフラワーセット

ちなみにブロックと相性ぴったりな茎の細いドライフラワーセットはこちらを使用しました。
お世話いらずでらくちん!

③中級編:光とのコラボレーションに「いいね!」

中級編:光とのコラボレーションに「いいね!」

盆に薄く水をはれば、生のお花もディスプレイできます。 ※写真はブロック約30個(3セット分)使用しています。

水やブロックに光が反射しておすすめです

透明なので、植物の色もきれい。窓辺に置くと、水やブロックに光が反射しておすすめです。

④中級編:まるでアート作品のようなディスプレイに「いいね!」

中級編:まるでアート作品のようなディスプレイに「いいね!」

写真はフェイクフラワーを使用。直感的に組んだ形でも、なんだかアーティスティックな雰囲気に。
がしかし……むむ、複雑そう。どうやって飾っている?基本の組み方を下で紹介いたします。 ※写真はブロック約30個(3セット分)使用しています。

工夫してブロックを組み合わせるとブロック同士の間にすき間をつくることができるので、そこを利用して、太い茎や複数の植物を挿せるんです。

上から見た図

上から見た図で解説すると……

上から見た図

上から見た図

ブロックとブロックの間にすき間を作りながら、交互に積んで積んで……

こんな感じ

こんな感じ!
工夫して、好きな形・サイズで花器をつくることができますよ~! これを応用して、最初の写真のディスプレイを作っています。
※写真はブロック約10個(1セット分)使用しています。

⑤上級編:盛大に!ダイナミックなフラワーパーティーに「いいね!」

盛大に!ダイナミックなフラワーパーティーに「いいね!」

これはぜいたく!生のお花とブロックをたっぷり使うと、こんなディスプレイもできちゃいます!
ちょっとしたパーティーや、ウエディングなどにおすすめしたい使い方。 ※写真はブロック約200個(20セット分)使用しています。

どこを撮っても写真映えがすごい

どこを撮っても写真映えがすごい。

撮影舞台裏

リアルにサイズ感がわかるかしら、さりげなく掲載しちゃいます。撮影舞台裏です。

ここまで大きいと迫力があります

ここまで大きいと迫力があります。
個人でここまで作れるのはおもしろいなあと感じました。

DISPLAY BLOCK(ディスプレイブロック)

前回は色えんぴつ、今回はお花の飾り方を紹介しました、『DISPLAY BLOCK(ディスプレイブロック)』

他にもいろいろな使い方をご紹介しています。
中にLEDイルミネーションライトを入れて照明をDIYしたり、フィギュアを飾ってみたり、アクセサリーのディスプレイスタンドにしたり……。
使い方、遊び方はその人次第!
DIY欲を刺激するアイテムかなと思います。ぜひ、実際にお手にとって試していただけたらうれしいです!

→こんな使い方も!? Instagramはこちら アカウント名:felissimo_500coloredpencils
→ユーザーボイスも! 特設サイトはこちら


コメント

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。

CAPTCHA



関連するおすすめ記事