初心者でも簡単!繊細なタティングレースの作り方

2020年6月17日(水曜日)

タティングレース ピアス

エレガントな手芸として、古くからヨーロッパの貴婦人に愛されてきたタティングレース。使う道具もシャトルに糸だけのシンプルな技法です。編み方を詳しくご紹介するので、「むずかしそう」とためらっていた方もぜひコツをつかんでタティングレースを楽しんでみてくださいね。

◇必要な材料と道具

タティングレース  材料

・糸…タティング専用のレース糸 ※今回は2色使います。
・シャトル…タティング専用のシャトル

◇糸の通し方

タティングレース  糸の通し方 手順②
タティングレース  糸の通し方 手順①

上部の図を参考に、糸をシャトルに通します。

タティングレース  糸の通し方 手順③

短い方の糸を芯にして、糸を引っ張りぎゅっと結びます。結び目ができたら、どちらか動く方の糸を引っ張りながら、結び目をシャトルの中まで持っていきます。

タティングレース  糸の通し方 手順④

結んだ端の短い方の糸をはさみでカットします。

タティングレース  糸の通し方 手順⑤

これで、シャトルに糸を結べました。

タティングレース  糸の通し方 手順⑥

糸をシャトルに巻いていきます。

◇シャトルの持ち方(ブリッジの場合)

タティングレース  シャトルの持ち方(ブリッジの場合)手順①

糸は、糸端から約5cmのところを持ちます。

タティングレース  シャトルの持ち方(ブリッジの場合)手順②

糸玉の糸(青)を左手の中指と薬指の背にまわし、

タティングレース  シャトルの持ち方(ブリッジの場合)手順③

小指に数回巻きつけて

タティングレース  シャトルの持ち方(ブリッジの場合)手順④

糸を握りこみます。

タティングレース  シャトルの持ち方(ブリッジの場合)手順⑤

シャトルは右手の親指と人差し指で軽く持ちましょう。

◇表目の作り方

タティングレース  表目の作り方 手順①

シャトルの糸(白)を手の甲にかけます。

タティングレース  表目の作り方 POINT1 手順①

シャトルをまず青い糸の下にくぐらせます。

タティングレース  表目の作り方 POINT1 手順②

シャトルは指から離さず、そのまま青い糸の上を通り、白い糸の下にくぐらせます。

タティングレース  表目の作り方 POINT1 手順③
タティングレース  表目の作り方 POINT1 手順④
タティングレース  表目の作り方 POINT1 手順⑤

糸を引いたときに「くるん!」と芯の糸が入れかわるのがポイントです。

タティングレース  表目の作り方 POINT1 手順⑥

この「くるん!」の感覚を掴みましょう。

◇裏目の作り方

タティングレース  裏目の作り方 手順①

裏目を作るときは、糸を手の甲にかける必要はありません。

タティングレース  裏目の作り方 手順②

シャトルをまず、青い糸の上を通らせます。

タティングレース  裏目の作り方 手順③

シャトルは指から離さず、そのまま青い糸の下をくぐらせ、白い糸の上を通ります。

タティングレース  裏目の作り方 手順④

ループを引き寄せると、裏目の完成です。
表目1つと、裏目1つで、1目と数えます。

ピコットの作り方

タティングレース  POINT2 ピコット 手順②

1目作るときに間隔をあけて、次の1目を作り、

タティングレース  POINT2 ピコット 手順③

引き寄せると、ピコットができます。

◇基本の持ち方(リングの場合)

タティングレース  基本の持ち方(リングの場合)手順①

リングを作る場合は、糸を1周回して2本持ち、作っていきます。

タティングレース  基本の持ち方(リングの場合)手順②

途中、左手の輪が小さくなってきたら、下の糸を引いて広げましょう。

タティングレース  基本の持ち方(リングの場合)手順③

作り終わったらシャトルの糸を引くとリングができます。

タティングレース  リング

たくさん作って練習してみましょう。

繊細さが魅力の、タティングレース

タティングレース  アレンジ

できあがった作品にアクセサリー金具を付けることで、ネックレスやピアスなど繊細なアクセサリーにアレンジすることもできます。洋服の襟にあしらってもいいですね。自分なりのアレンジで、どんどん作品の幅を広げていってくださいね。

クチュリエブログでは、さまざまな手づくりのコツやたくさんのお役立ち情報を掲載しています。手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!

▽クチュリエショップはこちら

クチュリエ  Instagram バナー

本記事で紹介した商品はこちら

シャトルを優雅にあやつる日をめざして タティングレース ステップアップレッスン

シャトルを優雅にあやつる日をめざして タティングレース ステップアップレッスンの会

エレガントな手芸として、古くからヨーロッパの貴婦人に愛されてきたタティングレースを、初歩の初歩からマスターできるレッスンキット。デザイン・監修は、タティングレース作家のsumieさん。シャトルの使い方からスタートして、基本の編み方、糸の違いやビーズを使ったバリエーションなど、段階を追って着実に学べます。今まで「むずかしそう」とためらっていた方もぜひトライして!

はじめてみよう! タティングレース専用シャトルセット

はじめてみよう! タティングレース専用シャトルセット

タティングレースを始めるなら、キットと一緒にこちらの専用シャトルをどうぞ。練習用レース糸付きです。まずは糸をシャトルに巻いて、扱い方に慣れましょう。初めてでも扱いやすい、専用シャトルです。

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。