がま口ポーチの作り方|口金の種類、型紙の作り方から解説 

2019年7月12日(金曜日)

がま口 できあがり

口金をつけるだけで、手づくりとは思えない仕上がりになるがま口のお財布やポーチ。パーツの付け方のコツをつかめば、案外簡単なんですよ。

口金の種類

口金

大きく分けると、接着剤で付けるタイプと縫い付けるタイプがあります。それぞれに形や大きさもいろいろあります。

がま口ポーチの基本的な作り方

がま口の作り方は、接着剤と紙ひもでつけるタイプ、縫い付けるタイプがで異なります。それぞれご説明しますね。

◇まずは型紙の作りから

市販の口金に型紙がセットされている場合は、それを利用して、口金より下の袋の部分を自由にアレンジしてもいいですね。型紙がない場合は、口金に合わせて作ってみましょう。ここでは、弓形のがま口の型紙についてご紹介しますね!

型紙の作り方 手順①

口金の外側のラインを紙に写します。口金の端を線で結び、中心線も描いて、左右対称になるようにしましょう。

型紙の作り方 手順②

口金から下側は、口金の1cm外側からお好みの形に描き、口金部分となだらかなラインでつなぎます。中心線で折ってカットすると左右対称になります。

型紙の作り方 手順③

口金のリベットから0.5cm下に縫い止まりの印をつけておきます。布をカットするときは縫い代を1㎝とります。

◇作り方(接着剤と紙ひもでつける場合)

型紙を使って、表布2枚、裏布2枚をカットし、口金と隙間につめる紙ひもを準備します。

差し込みタイプのがま口ポーチの作り方 手順①

表布2枚を中表に合わせ、ポーチの下側を縫い止まりまで縫います。裏布も同様に縫います。

差し込みタイプのがま口ポーチの作り方 手順②

裏布を表に返して、表布の中に入れます。

差し込みタイプのがま口ポーチの作り方 手順③

縫い線を合わせ、返し口を残して、口部分を1周縫います。

差し込みタイプのがま口ポーチの作り方 手順④

表に返して、返し口を縫いとじます。

差し込みタイプのがま口ポーチの作り方 手順⑤

口金の横につまようじなどを使って、接着剤で塗ります。

差し込みタイプのがま口ポーチの作り方 手順⑥

目打ちを使って、④を口金の溝に押し込んでいきます。

差し込みタイプのがま口ポーチの作り方 手順⑦

裏布側から紙ひもを目打ちで押し込み、余分なひもはカットします。

差し込みタイプのがま口ポーチの作り方 手順⑧

口金の付け根を、傷がつかないようにあて布で挟んで、ペンチで締めます。

差し込みタイプのがま口ポーチの作り方 できあがり

接着剤が乾いたら完成です!

きれいに仕上げるためのPOINT

がま口の仕上げ コツ

紙ひもをあらかじめ裏布側に縫いとめておき、布と一緒に押し込むと、仕上げやすいですよ。

紙ひもがない場合は…?

紙ひもがなければ、手持ちのもので代用しましょう!

紙ひもの代用

紙ひもをわざわざ買わなくても、不要な紙袋の持ち手で代用できます。一度開いて細くカットしてから、ねじってひも状にします。

◇作り方(縫い付けタイプつけるタイプ)

縫い付けタイプの場合

①〜④までの作り方は同じです。口金に縫い付ける時は、なみ縫いやたてまつりなどお好みの方法で。

編み地のがま口も作れます

失敗がないため、初心者さんにはこちらがオススメです。口金と布を縫い付けるため縫い目が表に出ますが、縫い糸の色を工夫することで目立たなくすることも、ポイントにすることもできます。今回は編み地を縫いつけてみました。

縫い付けるタイプ 手順①

口金の溝に編み地を押し込み、口金の穴から針を出して縫い付けていきます。

縫い付けるタイプ 手順②

なみ縫いのような縫い方もできます。

縫い付けるタイプ 手順③

できあがり!細かいものを入れるときは、内袋を作って一緒に縫い込めばOK!

工夫次第で、かわいいがま口ができあがる!

口金は種類が豊富なので、布の素材や色柄に変化をつけていろいろなデザインのがま口を作ることができますよ!

クチュリエブログでは、編み物、裁縫、刺しゅうなど、さまざまな手づくりのコツをお届けしています。小さなコツを覚えて、コツコツ手づくり、楽しみましょう!

本記事で紹介した商品はこちら

苦手克服! 達人育成がまぐちレッスン

苦手克服! 達人育成がまぐちレッスンの会

「がまぐちって意外と簡単!」と始める人続出! がまぐちビギナーさんにぴったりの大人気キットです。まずはシンプルな基本の形から学んで、まちやダーツを付けたり、ボックス形に挑戦したり、少しずつステップアップしながらいろいろな形のがまぐちが作れるように。完成するごとに上達するので、もっともっと作りたくなりますよ。毎回変わる生地もかわいくて創作意欲も高まります♪

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。