手づくりをもっとかわいく♪リックラックテープ(山道テープ)基本の付け方・アレンジ方法

2019年11月6日(水曜日)

リックラック

使いこなせると手づくりがもっと楽しくかわいくなるリックラップテープ(山道テープ)の使い方をご紹介します!

リックラックテープの基本の付け方

◇手縫いの場合

まつり縫いで付ける方法をご紹介。慣れるまでは仮止めをするのがおすすめです。

リックラック 基本のつけ方
リックラック 基本のつけ方 手順①②

テープと同色の糸で小さくたてまつりをします。糸を引っ張りすぎないように気をつけましょう。※写真では見やすくするために糸の色を変えています。

◇ミシンの場合

リックラック 基本のつけ方

テープと同色の糸で、中央を縫います。

刺繍でアレンジする方法

基本の付け方をしたあと、刺繍をあしらいます。いろんな刺繍を試してみてくださいね♪

リックラック 刺しゅうでアレンジ ①
リックラック 刺しゅうでアレンジ ②

2本でアレンジする方法

2本を組み合わせ、基本の付け方をします。

同じサイズの2本のテープを組み合わせていきます。

使う長さ分を組み合わせ、形を整えます。

色ごとに基本の付け方で縫いとめます。

布に縫い込む方法

切り替え位置やふち飾りにしてポイントに。どちらも同じ方法で縫います。

布に縫いこむ方法 

布を広げるとテープが切り替え位置に挟まれている状態になります。

布に縫いこむ方法

布を外表に合わせると、テープがふち飾りになります。

布に縫いこむ方法 手順①

テープの中心と縫い線を重ねます。

布に縫いこむ方法 手順②

布をもう1枚重ね、縫い線で縫います。

リックラックテープで技ありな仕上がりに!

リックラックテープを使いこなせるようになれば、手づくりの布小物がワンランク上の出来栄えに。さらに、刺繍をちょこっと加えるだけで技ありに見える仕上がりになりますよ! ぜひチャレンジしてくださいね。

クチュリエブログでは、裁縫はもちろん、刺繍、手編みなど、さまざまな手づくりのコツをお届けしています。手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!

▽裁縫・ソーイングの記事一覧はこちらから

▽裁縫・ソーイング の商品一覧はこちらから

▽クチュリエショップはこちら

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。