かぎ針モチーフの仕上げに!アイロンの当て方のコツ

2020年5月18日(月曜日)

アイロンの当て方

アイロンの当て方をマスターすれば、かぎ針モチーフやニットなどをきれいに仕上げることができます。手づくりのさまざまな場面で活用してくださいね。

◇アイロンの当て方

まち針を多めに刺して形を整えるのが、きれいに仕上がるポイントです。

アイロンの当て方 手順①

編み上がった編み地が、実物大の型紙よりも少し小さく仕上がっています。

アイロンの当て方 手順②

編み地を裏に向けてまち針で、とめていきましょう。

アイロンの当て方 手順③

まず型紙に合わせて針を斜めに刺していきます。

アイロンの当て方 手順④

ぎゅっと引っ張りながら、四隅をまち針で刺していきます。

アイロンの当て方 手順⑤

プラスチックのものだと、アイロンの熱で溶けてしまいますので、まち針は頭がガラスになっているものを用意してください。

アイロンの当て方 手順⑥

ぎゅぎゅっと思い切って引っ張って、型紙の形にしていきます。

アイロンの当て方 手順⑦

四隅をとめたら、その間も刺してとめていきます。

アイロンの当て方 手順⑧

理想の形に仕上げるような感覚で、引っ張っていきます。できるだけたくさんのまち針でとめた方がきれいに仕上がりますよ。

アイロンの当て方 手順⑨

そして、中温から高温のスチームアイロンを少し浮かせて当てます。しっかり仕上げたいときは、浮かせずにアイロンを当ててください。その際、編み地が焦げないように注意してくださいね。

アイロンの当て方 手順⑩

編み地の形が整ったら、まち針は外さず、そのまま熱が冷めるのを待ちます。

アイロンの当て方 手順11

熱が冷めてから、まち針を外していきます。

アイロンの当て方 手順12

この段階で、もう形が仕上がっています。

アイロンの当て方 手順13

裏返して、表から見ても、すっきりきれいな形に仕上がりました!

アイロンを使って、作品の仕上がりをよりきれいに

編み物などは、どうしても端が丸まったりしてしまいますよね。最後のひと手間が作品を美しく仕上げるコツです。アイロンを使って、きれいに仕上げてみてくださいね。

クチュリエブログでは、さまざまな手づくりのコツやたくさんのお役立ち情報を掲載しています。手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!

▽クチュリエショップはこちら

クチュリエ Instagram バナー

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。