模様と糸のグラデーションが美しい、スウェーデン刺繍のやり方

2019年8月21日(水曜日)

スウェーデン刺繍

規則正しく並んだ模様と糸のグラデーションが美しいスウェーデン刺繍。細やかな仕上がりで一見難易度が高そうですが、意外とチャレンジしやす技法なんですよ!

スウェーデン刺繍とは?

スウェーデン刺繍とは、布の織り目に糸を通していくことで模様を作る刺繍です。布目を数えながら、縦・横・斜めに糸を渡し、単純なパターンを繰り返すだけなので、刺繍がはじめてという方にもおすすめです!

必要な材料や道具

スウェーデン刺繍用布 クロスステッチ用布

・スウェーデン刺繍用布もしくはクロスステッチ用布

どちらも二重に浮き織りされています。布目が数えやすく、布の裏側からは刺し目が見えないので、仕上がりもきれいです。

・スウェーデン刺繍専用針

・スウェーデン刺繍専用針

布目がすくいやすいように、針先が少し曲がっています。長さも約6cmと長めです。針先が丸くなっているクロスステッチ針を使ってもよいでしょう。

・刺繍糸(5番)または 刺繍糸(25番)

刺繍糸 5番 25番

糸は25番の刺繍糸(6本どり)または25番よりも太い5番の刺繍糸を使います。

基本の刺し方を練習しましょう

スウェーデン刺繍の基本的な刺し方を解説します。

スウェーデン刺繍 基本の差し方 手順①

浮いている布目を針ですくいます。布の裏までは突き出ません。

スウェーデン刺繍 基本の差し方 手順②

何目かすくいながらまっすぐ刺し進みます。

スウェーデン刺繍 基本の差し方 手順③

針を引き抜きます。これを「ダーニング」と言います。

◇1段上がり

布目の1段上に針を進めると模様ができます。

スウェーデン刺繍 1段上がり 手順①

斜め上の布目をすくいます。

スウェーデン刺繍 1段上がり 手順②

続けて斜め下の布目をすくうと、左右対称の模様になります。

スウェーデン刺しゅう 1段上がり 手順③

1段上がりをくり返すと山形の模様になります。

◇2段上がり

布目の2段上を縫うと、少し不思議な模様に!

スウェーデン刺繍 2段上がり 手順①

2段上の場合は、ちょうど真上の布目をすくいます。

スウェーデン刺繍 2段上がり 手順②

続けて2段下の布目をすくいます。

スウェーデン刺しゅう 2段上がり 手順③

2段上がりを後ろに戻って刺すこともできます。

◇クロス刺し〜その1〜

糸を交差させると、クロス模様になります。

スウェーデン刺繍 クロス刺し その1 手順①

2段上の布目を右からすくいます。

スウェーデン刺繍 クロス刺し その1 手順②

糸を交差させるように、真下の布目をすくいます。

スウェーデン刺しゅう クロス刺し その1 手順③

クロス模様ができました。

◇クロス刺し〜その2〜

クロス模様を大きくすることもできます。

スウェーデン刺繍 クロス刺し その2 手順①
スウェーデン刺繍 クロス刺し その2 手順②
スウェーデン刺しゅう クロス刺し その2 手順③

後ろに戻って交差させると大きなクロス模様になります。

模様を刺してみましょう

縫い始めと縫い終わりに注意して、スウェーデン刺繍で模様を刺してみましょう。

◇縫い始めと縫い終わり

模様を刺してみましょう

布の端から布の端まで刺繍をする場合は布端より長めに糸を残し、後でカットします。端から刺繍をしない場合は、返し縫いの要領で少し引き返して刺します。

◇模様を刺す手順

最初に学んだ2段上がりの技法で模様を描いていきます。

模様を刺してみましょう 手順①

2段上がりで模様をくり返します。

模様を刺してみましょう 手順②

2段上がりとクロスを刺します。

模様を刺してみましょう 手順③

クロスを刺します。

スウェーデン刺繍のティッシュカバー

スウェーデン刺しゅう ポケットティッシュカバー

左右対称に刺繍をして、ポケットティッシュカバーを作ってみました。刺繍糸の色に変化をつけて、ラインを刺すだけでも素敵な作品ができますよ。

好きな色を選んでお気に入りの作品を

ステッチを重ねるたびに模様があらわれるのが、刺繍の楽しさ。好きな色の糸や布で、素敵に描いてくださいね。

クチュリエブログでは、刺繍はもちろん、裁縫、手編みなど、さまざまな手づくりのコツをお届けしています。お見逃しなく!

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。