面を埋める刺繍のやり方~サテンステッチ・ロング&ショートステッチ・ストレートステッチ~

2020年1月23日(木曜日)

面を埋めるステッチ

刺繍の基本のステッチの中から、今回は面を埋めるときに使われるステッチをご紹介します。最も一般的な「サテンステッチ」と「ロング&ショートステッチ」、そして「ストレートステッチ」でラフに刺し埋める方法も。刺繍作家さんが教えてくれたきれいに刺すコツもぜひ参考に。

必要な材料と道具

基本的には刺繍糸と布針があれば始められます。

・刺繍糸

今回は一般的な25番の刺繍糸を使用しています。

・布

薄い布には接着芯を貼ると刺繍しやすくなります。

・刺繍針

「◯本どり用」と表示されていることが多いので、糸の本数にあった太さのフランス刺繍針を使います。

・刺繍枠

布をピンと貼ることで、糸の引き加減が調整しやすく余計な力が入らないのでぜひご準備ください。

・チャコペンシル

・ハサミ

・接着芯

など

面を埋める刺繍のやり方

面を埋める、基本的なステッチを覚えましょう。

◇サテンステッチのやり方

最初のひと針の傾きに注意しましょう。

面を埋めるステッチ サテンステッチ

図案いっぱいに糸を渡して、隙間ができないように刺し埋めます。最初のひと針の傾きで仕上がりに差が出ます。

◇ロング&ショートステッチのやり方

名前のとおり、針目の長さを変えて刺し埋めていきます。

面を埋めるステッチ ロング&ショートステッチ

図案の外側から長短の針目を繰り返して刺し、2段めからは前の段に少し重ねるように刺します。

◇ストレートステッチのやり方

一本の線を刺すストレートステッチも繰り返すことで面を刺し埋めることができます。

面を埋めるステッチ ストレートステッチ

ストレートステッチをランダムに刺し、全体的にバランスよく刺し埋めます。針目の長さもランダムにすることで自然な仕上がりに。

きれいに仕上げるためのアドバイス

刺繍をさらに、きれいに仕上げるコツをご紹介します。

◇図案をきれいに写す

面を埋めるステッチ きれいに仕上げるためのアドバイス 図案をきれいに写す

図案のラインがあいまいだと輪郭がきれいに出ません。

◇刺繍枠を使って、糸は引き過ぎない

面を埋めるステッチ きれいに仕上げるためのアドバイス 刺繍枠を使って、糸を引き過ぎない

刺繍枠に布をピンと張ることで糸の引き過ぎを防ぎます。

◇左右対称の図案は中心から

面を埋めるステッチ きれいに仕上げるためのアドバイス 左右対称の図案は中心から

中心から左右半分ずつ刺すとバランスが取りやすいですよ。

◇ステッチの方向に気をつける

面を埋めるステッチ きれいに仕上げるためのアドバイス ステッチの方向に気をつける
面を埋めるステッチ きれいに仕上げるためのアドバイス ステッチの方向に気をつける

刺繍するモチーフの本来の姿を想像しながらステッチの方向を決めましょう。

夢中になれる刺繍。コツをつかんで、楽しい手づくりライフを!

図案がカラフルに刺し埋まっていくのが楽しいフランス刺繍。細部までこだわると、よりきれいな作品ができますよ。

クチュリエブログでは、刺繍はもちろん、裁縫、手編みなど、さまざまな手づくりのコツをお届けしています。手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!

▽刺繍記事の一覧はこちらから

▽刺繍キットの商品一覧はこちらから

▽クチュリエショップはこちら

クチュリエ Instagram バナー

本記事で紹介した商品はこちら

22種のステッチをしっかりマスター 刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会

全6回で22種類のステッチをマスター。同じステッチを1本取りから6本取りまで繰り返し練習するので、指先が針の運びを自然と覚えていきます。レッスン用クロスのほかに、毎回応用作品の小物が作れます。

クチュリエクラブ

【月々¥100】「クチュリエクラブ」会員募集

「クチュリエクラブ」の会員になると、手づくり情報満載の会員誌『クチュリエの種』のお届けや、特別キャンペーンのご案内、手づくりイベントへの招待など、特典もいろいろ。

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。