【図案あり】ニードルポイントの刺し方〜刺繍〜

2019年8月1日(木曜日)

ニードルポイント

どこか懐かしい雰囲気のあるニードルポイント。針を進めるごとに少しずつ絵柄が現れるのが楽しいですよ!

ニードルポイントって?

ニードルポイントはキャンバス布の全体をひと目ずつ刺し埋める刺繍の技法。ウールの糸を使うので、しっかりと厚みのある上品な作品に仕上がります。技法としては単純な作業の繰り返しなので、初心者さんでも気軽にチャレンジできますよ。

必要な材料と道具

・キャンバス布

のりづけされた張りのあるキャンバスを使います。網目の大きさはいろいろあります。

・針

クロスステッチ針やとじ針など、針先が丸く、毛糸を通すことができる針穴の大きな針を使います。

・糸

「タペストリーウール」や「クルウェルウール」と呼ばれる毛糸を使います。細いものは2本どりや3本どりで刺繍します。

ニードルポイントをしてみましょう

◇準備をします

刺繍用毛糸は、刺しているときに傷んでしまうので、50cmくらいにカットして使います。

◇糸の通し方

糸を上手に通すのにもコツがあります。

ニードルポイント 糸の通し方 手順①
ニードルポイント 糸の通し方 手順②
ニードルポイント 糸の通し方 手順③

糸を通します。

◇刺し始めましょう

ニードルポイント 刺し始めましょう 手順①

網目から糸を出し、布の裏側に糸端を2cmくらい残しておきます。斜め下に針を入れます。この時、裏側の糸端は指で押さえておきます。

ニードルポイント 刺し始めましょう 手順②

隣の網目から針を出します。この時、裏側の糸をくるむように刺します。

ニードルポイント 刺し始めましょう 手順③

同様に刺し進みます。糸端はすっきりとくるまれました。

ニードルポイント 刺し始めましょう 手順④

隣の列に進みます。

ニードルポイント 刺し始めましょう 手順⑤

針目が同じ方向にそろうように刺し進みます。

ニードルポイント 刺し始めましょう 手順⑥

2列目が刺し終わりました。

ニードルポイント 刺し始めましょう 手順⑦

刺し終わりは裏側に渡っている糸に4目くらい針をくぐらせて糸をカットします。

◇横に刺し進むこともできます

ニードルポイント 横に刺し進むこともできます 手順①

ひと目刺して上の網目から針を出します。裏側の糸端は刺し進む方向に押さえておきます。

ニードルポイント 横に刺し進むこともできます 手順②

針目は一方向にそろえます。

ニードルポイント 横に刺し進むこともできます 手順③

2段目も同様に刺し進みます。裏側には糸が縦に渡っています。

◇作品づくりのポイント

・糸は一定の強さで引きます。強弱があると刺繍した面に凹凸やゆがみができてしまいます。

・図案の中心から刺し始め、裏に渡る糸が1.5cm以上になる場合は一度、糸を始末し新たに刺し始めます。

・糸の進行方向は「上下」「左右」どちらでもかまいません。その時々で刺しやすい方向を選びます。

バラモチーフのかわいいアレンジ

図案を描くところから始めて、作品を作ってみましょう。

図案

ニードルポイント 刺繍図案

ダウンロードして使う方はこちらから!

方眼紙を使って、自分でオリジナルの図案を考えてみるのも楽しいですよ。

完成作品

ニードルポイント 作品

フレームに仕立ててみました。全体を刺し埋めるので小さくても存在感のある仕上がりです。

ニードルポイントは初心者さんにもおすすめ!

むずかしいテクニックはなく、単純作業の繰り返しなので、初心者さんでもはじめやすい手づくりです。ぜひ、ニードルポイントにチャレンジしませんか?

クチュリエブログでは、刺繍はもちろん、裁縫、手編みなど、さまざまな手づくりのコツをお届けしています。お見逃しなく!

本記事で紹介した商品はこちら

北欧の花と実を描く テキスタイルみたいなニードルポイントポーチの会

北欧の花と実を描く テキスタイルみたいなニードルポイントポーチの会

夢中で刺し埋めた時間が、かわいいポーチに姿を変えて。 花や木の実のデザインが、北欧風のテキスタイルみたい。ちくちくと無心に、毛糸でメッシュ布を刺し埋めるニードルポイントで、華やかさが目をひくポーチを手づくり。立体的なパターンでこっそり変化をつけ、最後まで飽きさせない楽しさに。ファスナーや背面の生地色にもこだわった、実用サイズのポーチやペンケースを6種類完成させて。

クチュリエ×リサ・ラーソン ぷっくり立体刺しのかわいいニードルポイントポーチの会

クチュリエ×リサ・ラーソン ぷっくり立体刺しのかわいいニードルポイントポーチの会

ひと針ごとに愛着深まるリサ・ラーソンとクチュリエのコラボキット。ちくちくみっちりメッシュ布を刺し埋めるシンプルな技法のニードルポイントでニュアンスカラーが大人かわいい実用的なポーチに仕立てます。刺しゅうをするのはポーチの片面だけ。ぷっくり立体感のある背景部分は、一定のリズムで目を飛ばして刺すから想像以上にすいすい針が進みます。

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。