1枚あれば何かと役立つ風呂敷の包み方~基本結び方からバッグの作り方まで~

2019年10月30日(水曜日)

風呂敷 バッグ

風呂敷って最近はあまり使わない方が多いかもしれません。でも、「縫わなくても結ぶだけで作れる簡単なバッグ」と思うと、ぐっと身近に感じませんか? 今回は基本の包み方と、少しアレンジを加えた包み方ご紹介します。

和柄が一般的な風呂敷ですが、最近はモダンでおしゃれな柄もたくさん売られていますよね。でも、なかなかお気に入りが見つからないことも……そんな時は作ってしまいましょう。お好きな布を選んで、布端を細い三つ折りにして縫えばできあがり。重いものを入れるときは綿のしっかりした布がおすすめです。

風呂敷-基本の結び方

この2つを押さえておくと、アレンジが簡単になりますよ。

◇1回結ぶ

輪を作って通すだけのシンプルな結び方。

風呂敷 1回結ぶ

◇2回結ぶ

左右の布の通し方に注意しましょう。

風呂敷 2回結ぶ

びんの包み方

風呂敷 びんの包み方 できあがり

お酒を包むときに使えるのはもちろん、こんな布ならワインにも合いますね! 結び目のをところが持ち手になります。

風呂敷 びんの包み方 手順①

高さ25cmのびん2本に対して約85cm角の風呂敷を使用します。

風呂敷 びんの包み方 手順②

同じ高さのびん2本を布の対角線上に並べます。

風呂敷 びんの包み方 手順③

片方の布をびんにかぶせます。

風呂敷 びんの包み方 手順④

そのままびんを転がしてもう片方の布端を巻きとります。

風呂敷 びんの包み方 手順⑤

布の両端を持ってびんを起こし、上で2回結びます。

フルーツ(1玉)の包み方

◇フルーツ(1玉)の包み方

ちょっとしたフルーツひとつでも、風呂敷で包んで布ごとプレゼントすればきっと喜ばれますよ。

風呂敷 フルーツ(1玉)の包み方 手順①

フルーツ1玉に約50cm角の風呂敷を使用します。

風呂敷 フルーツ(1玉)の包み方 手順②

フルーツを中央に置き、向こうの2つの角を2回結びます。

風呂敷 フルーツ(1玉)の包み方 手順③

手前の2つの角を②のすき間に通し、引き出します。

風呂敷 フルーツ(1玉)の包み方 手順④

引き出した二つの角を軽くねじります。

風呂敷 フルーツ(1玉)の包み方 手順⑤

ねじまがった端どうしを2回結びます。

バッグの作り方

風呂敷 バッグの作り方 できあがり

結ぶだけでできるバッグです。いらない時にはほどいてたたんでおけるので、旅行に1枚持っていくと重宝しますよ!

風呂敷 バッグの作り方 手順①

110cm角の風呂敷を使用します。

風呂敷 バッグの作り方 手順②

対角の布端をそれぞれ結びます。

風呂敷 バッグの作り方 手順③

もう一方の対角の角を②より長めに結びます。

風呂敷 バッグの作り方 手順④

長めに結んだ角どうしを2回結びます。

風呂敷 バッグの作り方 手順⑤

飛び出た両端の結び目を中に入れて持つこともできますよ!

知っておくと便利! 風呂敷の包み方

包むものによって結び方を変えたり、実用的なバッグにしてみたり。アレンジすると、便利なうえ、風呂敷の表情も変わって楽しいですよ。ぜひ、活用してくださいね。

クチュリエブログでは、さまざまな手づくりのコツやたくさんのお役立ち情報を掲載しています。手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!

▽クチュリエショップはこちら

クチュリエ Instagram バナー

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。