くるみボタンの作り方~ヘアゴムやブローチにもアレンジ~

2019年12月11日(水曜日)

くるみボタン ヘアピン ゴム

小さくてもかわいくて捨てられない布ってありますよね。その活用法として最もおすすめなのがくるみボタン。針も糸もいらないから簡単だし、ぽこっと丸いフォルムもかわいいですよね。

くるみボタンとは?

くるみボタンとは、布や編み地などで、アルミや樹脂の芯となるボタンを包んで作られたボタンで、つつみボタンと呼ばれることもあります。好みの布や、刺繍を施した布をボタンに仕立てることができ、洋服や布小物のアクセントにも、アクセサリー作りにも活用できます。今回は、樹脂性の打ち具を使うタイプの作り方をご紹介します。

必要な材料と道具

糸も接着剤も不要で簡単に作れますよ。

くるみボタン 道具

・布

・打ち具

・アルミパーツ

くるみボタンの作り方

くるみボタンの作り方 手順①

布カット用の型紙を準備します。打ち具にセットされている場合、それを使用します。直径のボタンの仕上がりサイズの約2~2.5倍です。

くるみボタンの作り方 手順②

柄合わせがしやすいよう、ボタンの大きさに印をつけ、型紙を切り抜きます。

くるみボタンの作り方 手順③

お好みの柄が見える位置で、カット線を書き、カット線でカットします。(外側のみ印をつけます)

くるみボタンの作り方 手順④

打ち具、布、アルミパーツを重ねて押し込みます。

くるみボタンの作り方 手順⑤

もうひとつのアルミパーツを重ねて、打ち具でぐっと押し込みます。

くるみボタンの作り方 手順⑥

むにゅっと取り出してできあがりです。

クロスステッチした布にも!

クロスステッチした布にも

クロスステッチした布をくるみボタンにすると、中心が合わせやすく安心ですよ!

くるみボタンの使い方いろいろ

洋服のボタンをくるみボタンに付け替えてリメイクしたり、布小物のアクセントに付けたりと、いろいろ使えるくるみボタン。定番のくるみボタンのヘアゴムや、ブローチピンのいろんな使い方をご紹介します。

◇定番のヘアゴム

くるみボタンのヘアゴム

髪を束ねるのはもちろん、いろんな使い方ができます。作っておくと以外と便利ですよ!

◇ブローチ

くるみボタンのブローチ

ブローチピンに縫い付けて。ウールで作ってみました。

様々な使い方ができるくるみボタン

くるみボタンヘアゴム 活用法

手帳や文庫本の留め紐や、お弁当包み、ラッピングなんかにも活用できます。

くるみボタンブローチ 活用法

ストールや巻きスカートを留めたり、バッグのワンポイントにも大活躍です!

色々な柄や素材でくるみボタンを作って

材料さえそろえると、簡単にできるくるみボタン。様々な柄や素材を選んで、楽しんでくださいね。

クチュリエブログでは、さまざまな手づくりのコツやたくさんのお役立ち情報を掲載しています。手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!

▽クチュリエショップはこちら

クチュリエ Instagram バナー



本記事で紹介した商品はこちら

クチュリエクラブ

「クチュリエクラブ」登録会費(年間登録)

「クチュリエクラブ」の会員になると、手づくり情報満載の会員誌『クチュリエの種』のお届けや、特別キャンペーンのご案内、手づくりイベントへの招待など、特典もいろいろ。

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。