UVレジン ~基本の作り方~

2020年5月27日(水曜日)

透明感とつやつやぷっくり感が特徴的なレジン。レジンはUVライトですぐに固まったりと扱い方も簡単なので、お好みのパーツを使ってぜひ挑戦してみてくださいね。

◇必要な材料と道具

レジン 材料と道具

・UVクラフトレジン液
・ピンセット
・つまようじ
・フレーム型

・コピー用紙、イラストペーパー など
・レジン用UVランプ(照射器)があると便利です。

レジン 手順①

フレーム型にUVクラフトレジン液を少量流し込みます。

レジン 手順②

つまようじで全体に伸ばして平らにならします。気泡が入らないように、つまようじを寝かせてそっと伸ばしましょう。

レジン 手順③

レジン用UVランプで硬化させます。お持ちでない場合は、日光(紫外線)に当てて固めましょう。
※紫外線の少ない曇りの日や夜は固まりません。時間が経過しても固まりませんので、紫外線の強い、晴れた日の直射日光に当てることをおすすめします。

レジン 手順④

乾いたらペーパー(白)を入れて、再度レジン液を流し込みしっかり染み込ませ、硬化させます。ペーパー(白)を入れておくことで、フレームの色が透けにくくなります。

レジン 手順⑤

イラストペーパーなどを重ね、その上にさらにレジン液を少量流し込んで染み込ませます。

レジン 手順⑥

再度、硬化させます。

レジン 手順⑦

もう一度、レジン液を流し込み、パーツなどを置いていきます。

レジン 手順⑧

レジン液を硬化させます。注入したレジン液に厚みがあると、紫外線を通しにくくなるため、硬化に時間がかかったり、硬化が不十分になることがあります。レジン液は少しずつ注入してしっかりと硬化させましょう。

レジン 完成

表面がぷっくりと盛り上がるまで、「レジン液を少量注入して全体に伸ばす→硬化」の作業を2〜3回くり返したら、完成です!
このように何層にも分けて「レジン液を少量注入→硬化」をくり返すことで、奥行きのある作品になりますよ。

つや感がきれいなレジンで、モチーフやアクセサリーを手づくり

ぷっくり感とつや感が特徴の、レジン。パーツやシートを変えるだけで、がらりと作品の印象が変わりますよ。ドライフラワーなどを中に閉じ込めても、とてもかわいいです。

クチュリエブログでは、さまざまな手づくりのコツやたくさんのお役立ち情報を掲載しています。手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!

▽レジンの商品一覧はこちらから

▽クチュリエショップはこちら

クチュリエ Instagram バナー

本記事で紹介した商品はこちら

めざせ作家さん! 「はじめてさんのきほんのき」UVレジンテクニックレッスンの会

めざせ作家さん! 「はじめてさんのきほんのき」UVレジンテクニックレッスンの会

大人気のUVレジンクラフトに挑戦したい! そんなあなたは、まずこちらからスタート。基本の作り方から始まって、コラージュやコーティングなど多彩な表現やきれいに仕上げるコツを学び、着実にステップアップ。レッスンを重ねるたびに、バリエーション豊かな作品が完成します。

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。