身近な材料があこがれの風景に変身! ミニチュアでクリスマスのシュトーレンを作ってみました

2020年6月11日(木曜日)

クリスマスマーケット 

あこがれの世界をギュッと小さくかわいく詰め込んだミニチュアの世界。今回は、ドイツのクリスマスマーケットがそのままミニチュアになった『わたしの部屋にやってきた! ミニチュアドイツのクリスマスマーケットの会』の中から、クリスマスには欠かせないドイツの菓子パン、シュトーレンの作り方をご紹介します!

◇必要な材料と道具

フェルトや紙など身近な材料を使います。

シュトーレン 用意する材料

・フェルト
・透明フィルム
・紙シール
・手芸用接着剤
・ピンセット、つまようじ
 など

シュトーレン 手順①

手芸用接着剤をつまようじで伸ばしながら、フェルトを重ねて貼ります。

シュトーレン 手順②

端からくるくると巻いていきます。

シュトーレン 手順③

もう片方からも中央に向かってくるくると。両端を丸めます。

シュトーレン 手順④

その上から、茶色のフェルトと白いフェルトを貼り合わせます。

シュトーレン 手順⑤

ラップフィルムを上からかぶせて包みます。

シュトーレン 手順⑥
シュトーレン 手順⑧

シールを十字に貼り、

シュトーレン 手順⑩

カラーラベルを貼ったら、完成です!

クリスマスマーケット

キットを使ってこんなにかわいいクリスマスマーケットができました!

一度味わうとクセになりそうなミニチュアの世界

シュトーレンはミニチュア作品のほんの一パーツですが、ひとつひとつのパーツを組み合わせていくと、素敵なクリスマスマーケットのミニチュアが完成します! 小さなパーツをコツコツ作り上げる達成感は、工作好きさんにはたまらない楽しさですよ♪

クチュリエブログでは、さまざまな手づくりのコツやたくさんのお役立ち情報を掲載しています。手づくりキットを販売しているクチュリエショップや、公式SNSアカウントもお見逃しなく!

▽クチュリエショップはこちら

クチュリエ  Instagram  バナー

本記事で紹介した商品はこちら

わたしの部屋にやってきた! ミニチュアドイツのクリスマスマーケット

わたしの部屋にやってきた! ミニチュアドイツのクリスマスマーケットの会

クリスマスが大好きなプランナーが、ドイツのクリスマスマーケットを訪れた感動を、そのままミニチュアの屋台に閉じ込めました。わら細工などのドイツ工芸品や、レープクーヘンなどの伝統菓子、グリューワインや焼きソーセージなどの食べ物が、所狭しと並ぶ屋台を忠実に再現。クチュリエらしいアレンジを加えた6種類の屋台を飾って、おうちの中に心ときめくクリスマスマーケットを開店させて。

コメント

コメントを投稿する

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。