フェリシモ > クチュリエスペシャル > 樋口愉美子さん×DMC社 ウールステッチの花キット

クチュリエ

  • 樋口愉美子さん×DMC社 ウールステッチキット
  • 樋口愉美子さん×DMC社 ウールステッチキット
  • 樋口愉美子さん×DMC社 ウールステッチキット
前へ
次へ

樋口 愉美子さん×DMC社の刺しゅうキット、待望の第3弾はウールステッチで刺し描く花々。

世界的に注目される人気刺しゅう作家・樋口愉美子さんと、フランスの刺しゅう糸メーカーDMC社の大人気コラボ第3弾。ウール糸の立体感と25番糸の繊細さを織り交ぜた、表情の異なる2つの刺しゅうのフレームキットが登場。丸い刺しゅう枠の中に、樋口さんならではのセンスとアイデアを詰め込んだ、「ピンクの園」と「黄色い野花」。あなたの手で刺し描いてみませんか。お気に入りの図案を選んでご注文いただけます。

   

ピンクの園購入はこちら

※こちらの商品の初回入荷分は売り切れました。次回の入荷をお待ちください。

 

黄色い野花購入はこちら

※こちらの商品の初回入荷分は売り切れました。次回の入荷をお待ちください。

刺しゅう枠とウール糸、針をセットでお届け

ヨリ

樋口愉美子さんの世界観をたっぷり堪能できるセットです

素材やツールひとつひとつにもこだわりのある樋口さんの世界観をたっぷり堪能していただくために。届いてすぐに刺し始められるセットでご用意しました。あらかじめ図案を印刷した刺しゅう布はリネン100%。完成後そのままフレームとして飾れる刺しゅう枠。ウール糸、25番糸と、それぞれに適した針。また持ち運びたい時にも便利なビニールバッグ。届いたらすぐにあこがれの樋口愉美子さんの刺しゅうの世界をお楽しみいただけます。

ウールステッチの花キット2つのデザイン

ピンクの園

Pink Garden -ピンクの園-

花々がそよ風にゆったりと揺れる様子。明るく白い布にウール糸のふっくらとした質感の花々をやさしい色調を用いて、過ごしやすい季節の穏やかな雰囲気を表現しています。

ピンクの園

※こちらの商品の初回入荷分は売り切れました。次回の入荷をお待ちください。

黄色い野花

Yellow Wild Flowers -黄色い野花-

野性味あふれる草花が月あかりのもとで生き生きと咲く様子。落ち着きのある黒い布に、ウール糸の立体感と25番糸の繊細さを織り交ぜ、夜遅くまでひそかに愉しむ雰囲気を表現しています。

ピンクの園

※こちらの商品の初回入荷分は売り切れました。次回の入荷をお待ちください。

樋口愉美子さんインタビュー

今回のキット発売に際し、キットのデザインをされた刺しゅう作家、樋口愉美子さんよりコメントをいただきました。

◎今回のデザインにはどのような想いを込められましたか?また、樋口さんがウール刺しゅうを好きな理由はどのような点でしょうか?

私がいつも思うことは大きな面積にたっぷりと刺しゅうがしたいということです。
ウール糸は大きな作品を仕上げるのにとても便利な糸です。 素朴で優しい風合いやふっくらした立体的な作品を作れることも糸を選ぶ理由です。
また、キットを作るにあたり、私自身がまず楽しく作らなくては 皆さんに喜んで頂けるものは完成しないと思っています。 ですので私自身が楽しんで描いた大きな作品をキットにと考えました。 この2種類はさらに楽しんでいただく為、対照的なデザインにしています。 昼と夜、静と動、白と黒。様々なタイプの方に選んでいただけたら嬉しいです。

◎刺し方のポイントや、コツを教えてください。

今回のキットは、25番糸の部分、主に茎から刺した方が刺しやすいかと思います。
また、サテンステッチは、慣れていないと難しいステッチですが、今回のキットのサテンステッチはウール糸を使います。 糸が太いので刺し数も少なく、通常の25番刺しゅう糸より楽にふっくら刺せます。 サテンステッチが苦手な方にも挑戦していただきたいなと思います。
大きなキットですが、焦らずゆっくりと作る過程も楽しんで欲しいです。 ウール糸のふっくらした様は、とっても可愛いので頑張って完成させていただきたいです。

◎作品のデザインがすごく魅力的で素敵ですが、 それらを生み出すために やっていることや気にかけていることはありますか?

新しく図案を考える時は、気持ちのフレッシュな午前中が多いです。
作品のインスピレーションは、普段の生活の中から得る事が多く、 散歩中の風景や美術館、旅や料理、猫との暮らしなど。 自然の植物や花関係の本は、特によく見ます。

◎刺しゅう以外で関心のあるもの・ことはありますか?

雑誌などのインテリアを見るのが好きで、よく部屋の模様替えをします。 アンティークが好きなので、蚤の市やお店で気に入ったものを探したり。
また、猫を飼っているので、毎朝ブラッシングをしてあげるのが楽しい日課です。

◎刺しゅうをするときに愛用しているハサミ、針、刺しゅう枠などの中で、 特にこだわって選んでいる道具は何ですか?

制作経過も美しくありたいと思うので、 道具は刺しゅうに邪魔にならないシンプルなものや天然素材を選んでいます。
木目の美しいものの方が気分良く、仕上がりに影響するような気がします。
また、ピンクッションは、雰囲気のある古い器に白い布で作っています。
刺しゅう枠も白い布を滑り止めに巻いているのですが、白が私には心地よい色です。

樋口愉美子さんプロフィールと公式サイトへのリンク

ページトップへ

  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る