FELISSIMO
初めての方へ ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
ホーム カタログ案内 企業情報 株主・投資家情報
企業情報
フェリシモニュース
経営理念
企業価値
会社情報
事業紹介
環境への取り組み
CSR
コーポレートガバナンス
個人情報保護方針
お問い合わせ(企業情報)
採用情報

2014-026
2014年3月31日

ダンサー・振付家の森山 開次さんを招いて講演会
~4/26(土)神戸にて開催~

フェリシモは4月26日(土)森山開次さんをゲストに神戸学校を開催します。クラッシックバレエやジャズダンスなど、さまざまなジャンルの踊りを学ぶ中で、どれもが表現したいものにあてはまらないと、ご自身にしかできない表現をしようと決意し、今に至ります。神戸学校では森山さんの作品をご自身のコメントを交えながらみなさんと味わい、どのようにして作品を創っていくのか、その創作のプロセスについておうかがいします。

神戸学校 2014年4月 開催概要

ゲスト :森山 開次(もりやま かいじ)さん 
     〈ダンサー・振付家〉
テーマ:「私たちは誰もが踊っている」

日時:2014年4月26日(土)13:30~16:00
*13:00開場
場所:神戸朝日ホール
(神戸市中央区浪花町59番地)
交通:JR・阪神・阪急・地下鉄「三宮」より徒歩約10分
参加料:おひとり 一般 1,200円
(学生 1,000円)
  ペア(おふたり) 一般 2,000円
(学生 1,600円)
*中学生以下の方は無料
*神戸学校の参加料は、全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児への支援に活用されています。 

森山 開次さん

 

■ゲストプロフィール
森山 開次さん〈ダンサー・振付家〉
1973年生まれ。21歳でダンスを始める。しなやかながら直線的で、空間を切り裂くような表現に定評があり、2001年エジンバラフェスティバルにて「今年最も才能あるダンサーの1人」(英・Scotsman紙)と評される。2001年、自身の演出振付によるソロダンス作品の発表を開始。初ソロ公演『夕鶴』以降、和の素材を用いた独自の表現世界で知られ、能を題材とした『弱法師』『OKINA』他で高い評価を得る。2005年ソロ作品『KATANA』にて「驚異のダンサーによる驚くべきダンス」(米・New York Times紙)と評され2007年ヴェネチアビエンナーレ招聘のほか、国内海外公演多数。2012年発表の『曼荼羅の宇宙』にて芸術選奨舞踊部門文部科学大臣新人賞ほか3賞を受賞。平成25年度文化庁文化交流使にコンテンポラリーダンサーとしてはじめて任命をうけ、アジアへ渡航。分野を横断し異ジャンルアーティストと自在にコラボレーションを重ねる活動形態は、現代のダンスシーンにおいて強烈な存在感を放っている。

■神戸学校とは
神戸学校は、阪神・淡路大震災をきっかけにスタートした講演会です。豊かな人生を送ることを目指した「生活デザイン学校」として、毎月1回、各界でご活躍のオーソリティーを神戸にお招きして開催しています。4月で204回目の講演となります。参加料は全額あしなが育英会を通じて、東日本大震災遺児のために活用されています。

■お申し込み方法
神戸学校ウェブサイトからお申し込みいただけます。
これまでのゲストの講演内容もこのサイトでレポートしています。

■神戸学校に関するお問い合わせ先
神戸学校事務局 078-325-5727(平日10:00~17:00)



◆本件に関するお問い合わせ先

株式会社フェリシモ 本社広報グループ(吉川・市川)
TEL.078-325-5700  FAX.078-325-5725
E-mail: press@felissimo.co.jp