FELISSIMO
初めての方へ ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
ホーム カタログ案内 企業情報 株主・投資家情報
企業情報
フェリシモニュース
経営理念
企業価値
会社情報
事業紹介
環境への取り組み
CSR
コーポレートガバナンス
個人情報保護方針
お問い合わせ(企業情報)
採用情報

2013-082
2013年10月9日

今春開催した体験企画、大好評にお応えして
第2回決定! 12月6日開催
「京都・松尾大社で、愛を祈る篆書(てんしょ)と巫女体験」

 

株式会社フェリシモは、体験型ギフト事業「エクスペ!」にて「京都・松尾大社での巫女体験」を12月6日に開催いたします。

この企画は、京都最古の松尾大社にて「巫女」になる体験ができるというものです。この「古事記にもその名を残す、歴史ある松尾大社にて、神と人をつなぐ巫女の姿で、「願いを込めて愛の文字を書く」という企画は、松尾大社様の特別なご厚意により、今年4月10日に実現いたしました。全国からのご参加があり大好評を博し、第2回を開催する運びとなりました。
 

近年、自分の内面や精神的なものへの関心や、日本古来の伝統や文化への興味は高まりつづけています。そして、もっと素直に自分らしく輝いて生きたいと願う女性も増えています。奇しくも出雲大社と伊勢神宮の遷宮にあたる本年、心に残る貴重な体験を女性の皆さまにご案内できたら……と、松尾大社様、塩小路流様の特別なご協力のもと、企画が実現いたしました。
http://lp.expe-plus.com/miko1312/

●企画の概要 
商品名:「京都・松尾大社で、愛を祈る篆書(てんしょ)と巫女体験」
開催日: 2013年12月6日(金) 
参加費: 17,000円(税込み・昼食代を含む)
参加資格:18歳以上の女性
定員:  30名限定(最少催行人数:10名)定員に達し次第締め切ります。  

●体験内容
【巫女体験】
ほんものの巫女と同じ、白の小袖に緋袴の装束を着用します。本殿で正式参拝をしてお祓いを受け、巫女舞や神楽奏上も見学します。参拝の作法や所作、神社の歴史なども神職から教えていただき、希望者には和楽器や巫女舞も体験していただけます。昼食は、庭園を眺めるお部屋で、松尾大社様御用達の料亭の松花堂弁当をご用意いたします。美しい紅葉の頃、境内の散策や名園の眺めもお楽しみいただけます。

【篆書体験】
塩小路流の篆書(てんしょ)を当主自らの丁寧なご指導のもと、「愛」の文字を書きます。篆書は、神聖な文字として願い事をするときなどに用いられてきました。書くことで神さまに願いが通じると言われています。参加者は自分の思いに合う「愛」の文字を選んで書きます。現代の書道の流儀にとらわれることなく、どなたでも安心して挑戦していただけます。

●お申し込み: エクスペ!ウェブサイトより
www.expe-plus.com
体験型ギフト事業「エクスペ!」では、“体験ギフト”をより多くの方々に知っていただくために、開催日を限定しての「特別体験」を企画しています。この一日巫女体験は、大切な方への贈り物として、そしてご自身へのプレゼントとしてもふさわしいスペシャルな体験です。

<参考資料>
●京都・松尾大社
1300年以上の歴史をもつ松尾大社の御祭神は、飛鳥時代よりずっと以前の太古の昔から、この地に住まう人々から尊崇されていたと伝えられています。平安時代においては都の守り神として「松尾の猛霊」と称され、その並々ならぬ霊力で浄められると厚く崇敬されるに至りました。室町時代末期以降は、醸造祖神としても仰がれ現在に至ります。お酒の元水として使われる御神水を求めて多くの方が訪れます。
●篆書をご指導くださる、塩小路光孚(しおこうじ・みつざね)先生菅原道真公38代の直系の子孫であり、塩小路篆刻・書道家元として活躍中。
菅家塩小路篆刻・篆書道は1100年以上にわたり、一子相伝・門外不出の秘事とされてきました。しかし、日本の伝統、芸術、文化の継承発展のため、公開することとなりました。現在では国内外で展覧会や講演会を開催するなど、多くの人に篆刻・篆書を伝えています。


■体験ギフトexpé(エクスペ!)とは?■ 
モノの贈り物ではなく、コト(=体験)をプレゼントするという新しい贈り物のスタイル。
フェリシモでは、2012年7月よりこの事業をスタートしています。「expé(エクスペ!)」とは、フランス語のexpérience(=体験)を親しみやすく短くしたブランド名です。現在、全国に約300店舗、約800の体験メニューを用意しており、価格帯は2,500円から50,000円(税別)の6コースを基本として展開しています。本企画はエクスぺ事業の特別企画。これからもこのようなユニークで夢のある企画を提案してまいります。
expéエクスペ!ホームページ http://www.expe-plus.com/



◆本件に関するお問合せ先

株式会社フェリシモ エクスぺ事業部(吉田賢治/湯本京子)
TEL.078-325-5768  FAX.078-325-5725
E-mail: expe@felissimo.co.jp

株式会社フェリシモ 東京オフィス エクスぺ広報(坂村道子)
TEL.03-5468-1265  FAX.03-5468-1266