FELISSIMO
初めての方へ ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
ホーム カタログ案内 企業情報 株主・投資家情報
企業情報
フェリシモニュース
経営理念
企業価値
会社情報
事業紹介
環境への取り組み
CSR
コーポレートガバナンス
個人情報保護方針
お問い合わせ(企業情報)
採用情報

2013-075
2013年9月11日

東日本大震災より2年半
息の長い復興支援を続ける 「とうほくIPPO」
40件にわたる支援先のレポートの公開がはじまっています

 

東日本大震災より2年半を迎えました。株式会社フェリシモ(神戸市)は、「毎月100円義援金(基金)」や、お買い物で支援できる「東日本大震災もっとずっときっと基金」の付いた商品をとおして、お客さまとともに息の長い復興支援活動を継続しています。それらの基金を活用した、女性による東北の産業復興を支援する「とうほくIPPO(いっぽ)プロジェクト」第3期の支援先募集をおこなっています。第2期までの実績や現状の報告として、40件にわたる支援先のレポートを順次公開いたします。

◆第1期14件、第2期26件の計40件の支援事業先の近況を、シリーズ「とうほくIPPOプロジェクトレポート」として、順次公開いたします。
第1回目:クリエイター集団「のはら舎」さん(福島県)、
第2回目:雑貨店「モカフルー」の斎藤素子さん(福島県 会津若松市)、
第3回目:漁家の産直レストラン「産直よりみち」をまもなくオープンされる「蔵内之女組(くらうちのめぐみ)」代表の三浦絹子さん(宮城県 気仙沼市)を訪ねました。

レポート公開先>>> http://feli.jp/s/tohokuipporepo

雑貨店「モカフルー」のみなさま
雑貨店「モカフルー」のみなさま
蔵内之女組(くらうちのめぐみ)」のみなさま
蔵内之女組(くらうちのめぐみ)」のみなさま


「とうほくIPPOプロジェクト」について

2012年6月に発足しました。被災地の産業復興のきっかけづくりにつなげることを目的とし、責任者・主体者メンバーが女性であることを条件に、事業提案を公募し、審査の結果選ばれた個人・団体に支援金を支給しています。
支援金は、全国のお客さまがお買い求めいただく「東日本大震災 もっとずっときっと基金」付き商品や、「東日本大震災 毎月100円義援金(基金)」でお預かりした基金より支給しています。これまで、第1期14件、第2期26件の計40件の事業活動を支援しています。

◆「とうほくIPPOプロジェクト」の詳細は
第3期募集ページ >>> http://feli.jp/s/tohokuippo/3/

※締め切り:2013年10月31日



◆本件に関するお問合せ先

株式会社フェリシモ 本社広報グループ(吉川・中島)
TEL.078-325-5700  FAX.078-325-5725
E-mail: press@felissimo.co.jp