FELISSIMO
初めての方へ ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
ホーム カタログ案内 企業情報 株主・投資家情報
企業情報
フェリシモニュース
経営理念
企業価値
会社情報
事業紹介
環境への取り組み
CSR
コーポレートガバナンス
個人情報保護方針
お問い合わせ(企業情報)
採用情報

2013-011 
2013年3月5日

女性の元気が東北を元気に!「とうほくIPPOプロジェクト」
第2期の支援対象事業活動を決定

 

株式会社フェリシモは、東日本大震災に対する息の長い復興支援の必要性から、昨年より女性による東北の産業復興を支援する「とうほくIPPOプロジェクト」を実施しています。
第2期では130件の事業提案の中から厳正なる審査の結果、支援先として26の事業活動を決定しましたのでお知らせします。


第2期 支援事業活動
活動名称/(団体名)
※活動名称、団体名は申請時のもの

<岩手県>
●希望の天使/(いきいきフェア実行委員会)
●中国語教室・中国語通訳ガイド要請事業
●サフランで三陸を元気にプロジェクト!
●大人向けスイーツの製造販売/(さんりく発「大人のお菓子」や)
●広田町のお母さんの手作りあったか野菜体感事業/(復興支援団体SET)

<宮城県>
●ひまわり元気プロジェクト/(一般社団法人おがるスターズ)
●笑顔で繋がるみんなの食事/(Smile Dining)
●閖上ケナフプロジェクト/(閖上人)
●化粧品ブランドLalitpur・石巻とネパールを化粧品で繋ぐ
●手工芸を介した収益創造事業/(閖上あみーず)
●踊って!笑って!集まって!文化健康交流スペース事業/(気仙沼バレエソサエティ)
●しあわせを編む/(梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ株式会社)
●奥の太道 太く長く心をつなぐ・うどんプロジェクト
●東北ちくちくプロジェクト/(東北ちくちくプロジェクト)
●園児エプロンプロジェクト
●極上のリアスの海/(株式会社海の幸)
●漁家の産直レストラン「おしばて」/(蔵内之女組)
●michiyo's kitchen 親子のパン・料理教室とおからベーグル販売
●被災地とボランティアを結ぶ交流宿泊施設事業/(ゲストハウスみらい)

<福島県>
●加工場から進む未来への道・地域を元気に/(福福堂)
●旬の地元農産物で作るお母さんの手料理&娘の手作りパン/(ママリン食彩工房)
●田村地方の農産物の生産と販売/(壱から屋グループ)
●ハッピーライフスタイルプロジェクト
●親・娘IPPOプロジェクト・会津喜多方でのまち再生企画プロデュース
●会津みしらず柿で地域を元気にしようプロジェクト/会津ビネガー
●白河から紅白だるまめし弁当の商品開発と販売事業

各活動の詳細は、下記ウェブサイトなどでご紹介する予定です。
 

「とうほくIPPOプロジェクト」について

第1期では60件の提案の中から14件の活動を支援しました。
今後、数期にわたる公募を予定しています。支援金は、当社が東日本大震災後に開設し、全国のたくさんのお
客さまからお預かりした「東日本大震災 毎月100円義援金(基金)」「東日本大震災もっとずっときっと基金」などから支給します。
支給金額は、原則として1対象につき30万円前後~最大300万円までを上限とします。

女性が活躍することで、家族を元気にし、地域を明るく変え、社会を活き活きとさせていくような連鎖反応を期待して本プロジェクトの支援の対象を女性としました。そんな女性たちがこれから未来に向かって進んでいく最初の「一歩」となることを願って、「とうほくIPPO(いっぽ)プロジェクト」と命名しています。
 
フェリシモの東日本大震災支援活動「もっと、ずっと、きっと」サイト

 

◆本件に関するお問合せ先

株式会社フェリシモ 本社広報グループ(吉川・中島)
TEL.078-325-5700  FAX.078-325-5725
E-mail: press@felissimo.co.jp