FELISSIMO
初めての方へ ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
ホーム カタログ案内 企業情報 株主・投資家情報
企業情報
フェリシモニュース
経営理念
企業価値
会社情報
事業紹介
環境への取り組み
CSR
コーポレートガバナンス
個人情報保護方針
お問い合わせ(企業情報)
採用情報

2012-031 
2012年6月27日

女性の元気が東北を元気に!!「とうほくIPPO(いっぽ)プロジェクト」
~女性による被災地の産業復興につながる事業活動に支援金最大300万円支給。6月27日より公募開始~

 

株式会社フェリシモ(神戸市)は、東日本大震災に対する息の長い復興支援の必要性から、女性による東北の産業復興を支援する「とうほくIPPOプロジェクト」を発足しましたのでお知らせします。

本プロジェクトは、責任者、主体者メンバーが女性であることを条件に、事業提案を公募し、審査の結果選ばれた個人・団体に支援金を支給して、被災地の産業復興のきっかけづくりにつなげていきます。被災地に密着した取り組みであれば、支援対象者は東北在住に限りません。

第1期は6月27日(水)より公募し、2012年7月31日(火)を応募締め切りとしています。第2期は11月30日(金)を応募締め切りとし、今後、数期にわたる公募を予定しています。

支援金は、当社が東日本大震災後に開設し、全国のたくさんのお客さまからお預かりした「東日本大震災 毎月100円義援金(基金)」「東日本大震災 もっとずっときっと基金」などから支給します。支給金額は、原則として1対象につき30万円前後~最大300万円までを上限として、第1期分、第2期分で合わせて約5,000万円分の規模を予定しています。

当社は、阪神・淡路大震災のときにはお客さまから6年間で約4億円の義援金をお預かりし、10年間にわたって息の長い復興支援活動を実践してきました。この東日本大震災におきましても、当社スタッフが定期的に現地に赴き、今年3月には東北の方々とのコラボレーションによるオリジナル商品を含んだカタログ『とうほく帖』(http://feli.jp/j/tohoku/)を発刊するなど、みなさまと一緒に復興支援活動に取り組んでおります。
女性が活躍することで、家族を元気にし、地域を明るく変え、社会を活き活きとさせていくような連鎖反応を期待して本プロジェクトの支援の対象を女性としました。そんな女性たちがこれから未来に向かって進んでいく最初の「一歩」となることを願って、「とうほくIPPO(いっぽ)プロジェクト」と命名しました。


 



詳細はこちらをご覧ください。
とうほくIPPOプロジェクト 募集ページ https://www.felissimo.co.jp/s/tohokuippo/



◆本件に関するお問い合わせ先


株式会社フェリシモ 本社広報グループ(吉川・三宅)
TEL.078-325-5700  FAX.078-393-3377
E-mail: press@felissimo.co.jp