FELISSIMO
初めての方へ ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
ホーム カタログ案内 企業情報 株主・投資家情報
企業情報
フェリシモニュース
経営理念
企業価値
会社情報
事業紹介
環境への取り組み
CSR
コーポレートガバナンス
個人情報保護方針
お問い合わせ(企業情報)
採用情報
 

2012-027 
2012年6月1日

学生の柔軟な感性で生まれたアイデアや商品で復興支援
~宮城大学の学生たちの企画提案で被災地の雇用創出、文化伝承などを目指します~

 

株式会社フェリシモは、大学と共同で商品デザインを研究する「フェリシモラボ・カレッジ」(※1)を、宮城大学 事業構想学部 デザイン情報学科で6月より開始します。

クリエイティビティあふれる学生たちの視点と問題意識から導き出される、商品企画やそれに関する仕組みづくりによって、東日本大震災の被災地復興支援につなげていきたいと考えています。
これにともない、2012年6月7日(木)に当社商品プランナーと学生による公開オリエンテーションを開催しますのでお知らせします。


※1 フェリシモラボ・カレッジについて

フェリシモと大学など教育機関が共同で、商品企画とそれに関連するデザインを研究しながら、実際に商品化し販売まで行うプロジェクトです。2011年9月から2012年1月に京都造形芸術大学 情報デザイン学科で実施しました。この取り組みを通して、学生たちの自由な「発想力」「創造力」を伸ばし、より生活者の潜在的なニーズに応える商品づくりを目指します。商品企画のアイデア提案にとどまらず、販売までを学生たちと一緒に作りあげることがこの取り組みの特徴です。



<フェリシモラボ・カレッジ(宮城大学) 概要>

■実施大学について

宮城大学 事業構想学部 デザイン情報学科 3回生 48名  担当: 日原 広一 先生

事業構想学部は、事業の企画に関する知識や技術を体系的に学び、新しい時代における各種事業を総合的にプロデュースできる人材を育成する日本初の学部です。現代社会発展の原動力である事業構想の知識・技術および政策課題について教育・研究し、様々な社会ニーズをとらえ、サービスや事業を創造し、社会の豊かさや地域の発展に貢献することを目指しています。



■課題について

(1) 指定課題
東日本大震災の復興支援につながる「雇用創出」「文化継承」「伝統産業や地場産業の」といったテーマの商品づくりを提案いただきます。優れた企画は『とうほく帖』(※2)などでの販売を計画していきます。



※2 カタログ『とうほく帖』について
東北の魅力をより多くの方々にお伝えし、長期にわたって東北の復興のお手伝いをしたい。そんな思いで、2012年3月に発刊しました。このカタログで特に目指したのは「東北の魅力を東北の人たちとつくること」。ウェブサイトでも継続的に商品をご紹介し、秋には第2号のカタログ発刊を予定しています。

(2) 自由課題
6月7日(木)に開催するワークショップで、学生たち自身の視点と問題意識から課題を導き出し、東北や復興についての課題や問題を解決する商品企画や、プロモーション企画につなげていきます。優れた企画は、学生たちの手で実行される予定です。



■ オリエンテーション概要

【日時】
2012年6月7日(木) 10:30~12:00

【場所】
〒981-3298
宮城県黒川郡大和町学苑1番地1
宮城大学 事業構想学部デザイン情報学科 本部棟 デザイン実習室

【内容】
・フェリシモのご紹介
・本カリキュラムの目的・方向性のご説明
・フェリシモ商品プランナーによる自由課題設定ワークショップ

【講師】
児島 永作(株式会社フェリシモ 継承共創グループ)

 


■今後の予定


7月  5日(木) 12:50~17:40 「コンセプト&スケッチワーク発表」
7月12日(木) 12:50~17:40 「課題①制作演習」
7月19日(木) 12:50~17:40 「課題①制作演習」
7月26日(木) 12:50~17:40 「プレゼンテーション」

これら2012年度前期の講義以外にも、引き続き後期の講義でさらに企画を深める予定です。





◆本件に関するお問合せ先


株式会社フェリシモ 本社広報グループ(吉川・三宅)
TEL.078-325-5700  FAX.078-393-3377
E-mail: press@felissimo.co.jp