FELISSIMO
初めての方へ ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
ホーム カタログ案内 企業情報 株主・投資家情報
企業情報
TOP 企業情報 プレスリリース詳細
プレスリリース詳細 COMPANY
フェリシモニュース
経営理念
企業価値
会社情報
事業紹介
環境への取り組み
CSR
コーポレートガバナンス
個人情報保護方針
お問い合わせ(企業情報)
採用情報

2011-51
2011年5月23日

東日本大震災で被害を受けている日本に向けて。
国連がビデオ・メッセージを発表しました。

潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は、東日本大震災の被災地とそこに住む人々に対して、日本語のビデオ・メッセージを発表しました。

また、国連のアンバサダーやメッセンジャーに就任されておられる方々(マイケル・ダグラス氏、スティービー・ワンダー氏、ワンガリ・マータイ氏など)からもビデオメッセージが寄せられています。

  

株式会社フェリシモは、国連から公式に依頼を受け、このメッセージを日本のみなさまにお伝えします。


【国連広報官・キャロライン・プティ氏のメッセージ】
In response to the earthquake and tsunami that struck northern Japan on 11 March 2011 and the subsequent humanitarian emergency, UN Messengers of Peace and Goodwill Ambassadors join the UN Secretary-General Ban Ki-moon in recording video messages expressing solidarity with the Japanese people.
The United Nations is pleased to partner with Felissimo to disseminate these messages of international support to the people of Japan, firm in our belief that Japan will fully overcome these adversities as those in the affected region rebuild their lives.

2011年3月11日に東日本を襲った地震と津波、その後の緊急事態に対して、国連平和親善メッセンジャーと平和大使は潘基文・国連事務総長とともに日本の人々と思いはともにあることを伝えるビデオを制作しました。
国連は、日本がこのような逆境に打ち勝ち、被災された地域の人々の生活が復旧されることを信じています。フェリシモはこのメッセージを流布していただく国連のパートナーであります。

Caroline Petit
Chief, Promotion and Distribution Unit
News and Media Division
United Nations, New York

 
詳しくはこちらをご覧ください。


当社は、1992年リオで開催された「地球サミット」の時に国連より要請を受け、サミットの様子を伝える公式日刊新聞「EARTH SUMMIT TIMES」の共同発行人を務め、内外から高い評価を得ました。(※1)1995年には国連50周年記念事業のグローバルスポンサーとなり、96年からは国連・ユネスコ創立50周年を記念したプロジェクト「デザイン21」がスタートしました。同年、ユネスコ本部との取り組み「トリビュート21」(世界中のこどもたちの夢をかなえるためのチャリティー企画)も開始されました。現在に至るまで「デザイン21」及び「トリビュート21」の取り組みは継続して開催されています。(※2)

(※1)当社名誉会長の矢崎勝彦が主宰する「将来世代国際財団」が実施しました。
(※2)「デザイン21」は現在Social Design Networkの取り組みとして継続開催されています。 http://www.design21sdn.com/



 

◆本件に関するお問合せ先

株式会社フェリシモ 本社広報グループ(吉川)
〒650-0035 神戸市中央区浪花町59番地
TEL.078-325-5700  FAX.078-393-3377
e-mail: press@felissimo.co.jp