FELISSIMO
初めての方へ ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
ホーム カタログ案内 企業情報 株主・投資家情報
企業情報
TOP 企業情報 プレスリリース詳細
プレスリリース詳細 COMPANY
フェリシモニュース
経営理念
企業価値
会社情報
事業紹介
環境への取り組み
CSR
コーポレートガバナンス
個人情報保護方針
お問い合わせ(企業情報)
採用情報

2011-35
2011年3月25日

「今、私たちにできること」
被災地・被災者支援活動をすすめています


このたびの地震被害により被災された方々への支援活動として、株式会社フェリシモでは「今、私たちにできること」を、微力ながらひとつひとつ実行していっております。3月14日に緊急義援金、3月22日には中長期的な支援活動を目的とした「毎月100円義援金(基金)」の募集をスタートさせております。
その他にも、下記のとおりさまざまな取り組みを進めております。


■お買い物ポイント「フェリシモメリーポイント」による基金を新設

お買い物金額の1/10がポイントとして貯まるフェリシモメリーポイントを被災地支援に活用していただけるようになりました。1口1,500merryでお申し込みいただくことができます。
具体的な支援策は今後、お客さまのご意見もいただきながら検討してまいりますが、たとえば被災した地域の小学校に文房具や絵本などのプレゼントを贈るなど、被災地の方々ための将来にわたる継続的な支援に活用したいと考えております。
お申し込みはこちらから  https://www.felissimo.co.jp/j/thkmr/


■緊急応援物資「フェリシモ 神戸便」第1便の発送

東日本大震災により被害を受けた宮城県気仙沼市にある避難所と、東北地震の直後に起こった新潟県での地震被害に遭われた方が避難生活を送っておられる、新潟県南魚沼市の避難所に支援物資をお届けしました。女性衣料品約740点のほか、マスク、絵本、ぬいぐるみをお送りしました。(3月18日)
今後も、発送作業が整い次第、こちらで把握している避難所等の支援先へ順次物資をお送りしてまいります。


■「被災時の生活で心がけておきたいこと」動画をyoutubeにアップ

阪神・淡路大震災を経験し、非常時の生き方を具体的に提唱している料理研究家 坂本廣子さんによる、「被災時の生活で心がけておきたいこと」(2011/3/17収録)を動画共有サービスyoutubeにアップしました。(3月19日)
避難所での生活、食生活で気を付けることなど、被災された方や、その方々をサポートする方々に今すぐ役立てていただけることをお話しいただいています。

【避難所で役に立つ知恵(1)】水が不足している中で清潔さを保つには
【避難所で役に立つ知恵(2)】非常時に飲料水を確保する方法
【避難所で役に立つ知恵(3)】ストレスを少なく過ごす工夫


■被災地のボランティアスタッフに「できますゼッケン」を提供

当社も運営者のひとつである「issue+design」が提供する、ボランティアスタッフや被災者の方々用の"ゼッケン"の提供を開始しました。
「医療・介護」「生活支援」「ことば」「専門技能」の4つの分野に色分けしたゼッケンに、さらに自分ができることを書き記して背中に貼るというものです。阪神・淡路大震災を経験して得られた教訓から、ボランティアの力を最大限に活用し、また、被災者同士の助け合い行動を生むための、今すぐ現地で役立てていただけるツールです。
現地に赴くNPOスタッフや、ボランティアスタッフの方などにぜひご活用いただければと思います。






「できますゼッケン」はこちらからダウンロード、出力できます。
プロジェクトURL  http://issueplusdesign.jp/dekimasu/



引き続き、今後もさまざまな活動を行っていくとともに、息の長い支援をしてまいりたいと考えています。活動の内容は、不定期ですが随時こちらでご報告していく予定です。

緊急義援金や毎月100円義援金など、みなさまにご参加いただける支援活動の一覧はこちら。
https://www.felissimo.co.jp/j/motto

 






◆本件に関するお問合せ先

株式会社フェリシモ 本社広報グループ(吉川・関谷)
〒650-0035 神戸市中央区浪花町59番地
TEL.078-325-5700  FAX.078-393-3377
E-mail: press@felissimo.co.jp